体ニキビができてしまう原因とは?気になる対策法を紹介

記事の著者:admin

ニキビができるのは顔だけではなく、腕やお尻など、体の様々な部位にできてしまいます。
部位によってニキビができる原因は異なる、ということをご存知でしょうか。
原因に合わせた対策やケアを行わなければ、体ニキビは治りにくく、治ったと思っても新しいニキビができてしまいます。
部位ごとに異なる原因を知ることで、体ニキビを改善しましょう。

体ニキビができる原因とは?


紫外線や皮脂などで、体にニキビができてしまいます。気になる原因を部位別に見ていきましょう。

腕ニキビ

腕は顔のように皮脂腺が多いわけではありませんが、紫外線や衣類による刺激が多いため、ニキビができやすい部位です。
紫外線を浴びすぎると、肌バリア機能が低下して、毛穴詰まりが起きやすくなり、ニキビができやすい肌の状態になってしまいます。
また、肌が乾燥すると皮脂分泌量が増加してしまうことも、ニキビの原因の1つです。
腕だけに限りませんが、流しきれなかったシャンプーや石けんがニキビの原因になることもあるので、洗うときと同じくらい泡を流すのも丁寧に行いましょう。

背中ニキビ

自分では確認しづらいため気づきにくいですが、背中は顔に次いでニキビができやすい部位です。
皮脂分泌量が多く皮膚の角質が厚いため、毛穴詰まりが起きやすいことが背中ニキビが多く見られる原因です。
汗が皮脂と混じり衣類に染み込むことで、雑菌が肌に触れてしまうことも関係しています。

お尻ニキビ

お尻は下着・衣類の摩擦や、座ったときの体重による負荷などを強く受ける部位です。
肌は刺激を受けると角質が厚くなることがあるため、ニキビができやすくなってしまいます。
刺激だけでなく、蒸れやすく血行が悪くなりがちということも、ニキビへ繋がる原因の1つです。

体ニキビができないようにするためには?

体ニキビは、刺激を与えないなどの対策を適切に行えば、治すことも予防することも可能です。

刺激を与えない

いずれの部位にできるニキビであっても、大切なのは必要以上にニキビに刺激を与えないようにすることです。
衣類や下着は、締め付けが少なく通気性の良い、清潔なものを着るようにしましょう。化学繊維ではなく、コットン(綿)などの天然素材の物を選ぶこともおすすめです。
紫外線を避けるための日焼け止めも必須。赤ちゃん用の日焼け止めなど、肌に優しいものを選ぶと肌への刺激が少なくなります。
日焼け止めを使用した部分はその日のうちにクレンジングを行い、お風呂あがりは保湿のために、化粧水と乳液を使うことを習慣づけましょう。
体を洗う石けんは、弱酸性で低刺激の物を選ぶと安心です。

食生活の見直し

ビタミン類の多い食事を摂り入れることで、皮脂分泌量を正常にすることも有効です。
野菜や乳製品を多く摂り、脂質の多い食事は控えるようにすれば、ニキビのできづらい肌へと改善されます。

ニキビではなく他の病気が原因ということも


上記の対策を行っても改善が見られない、悪化してしまうという場合は、もしかしたらニキビではない可能性も考えられます。
そうであった場合、ニキビができた原因も異なるため、上記の対策を行っても良くなることはありません。
改善が見られない場合は、早めに皮膚科を受診するようにしましょう。