セルフ脱毛ワックス「トゥルリーヌ」が人気!その理由とは?

記事の著者:1814106

脱毛サロンに通っていても、全身の完全脱毛までには時間がかかり、肌を出す季節になってもすぐにムダ毛をなくすことは難しいです。
完全脱毛までの間に、カミソリでセルフ脱毛している女性が多いですが、カミソリは肌を傷つけてしまう場合があったり、剃り残しがチクチクしてしまうこともあります。
欧米ではポピュラーな脱毛法であるブラジリアンワックスにも、日本製の「トゥルリーヌ」という商品があります。
ブラジリアンワックスのサロンもありますが、セルフでやるよりコストがかかってしまいます。自宅でできるセルフ脱毛ワックス「トゥルリーヌ」を紹介します。

セルフ脱毛ワックス「トゥルリーヌ」の内容と使い方

内容は、ワックス(内容量120g)に加えて、スパチュラ1本、脱毛シート40枚、取扱説明書が付いています。
使い方は、油分や水分のない清潔で乾いた肌にワックスを乗せ、スパチュラで薄く伸ばします。この時、毛並みを整えるようにしながら、毛の流れに沿って塗るのがポイントです。
脱毛シートを貼ってなじませたら、剥がす方向と逆方向に皮膚を引っ張りながら一気にシートを剥がします。脱毛ワックスは毛根から脱毛する為、脱毛直後は毛穴が開いている状態です。
脱毛後は、冷水でしっかりと脱毛個所を洗い、開いた毛穴を閉じてから保湿する必要があります。

セルフ脱毛ワックス「トゥルリーヌ」がお勧めの理由

「トゥルリーヌ」をおすすめしたい理由は、とにかく仕上がりがキレイだということがあります。
セルフで脱毛をする上では、仕上がりをキレイにしたいというのが重視するポイントです。
他にも様々なお勧めポイントがあります。

仕上がりがジョリジョリしない

カミソリでの処理は手軽で簡単ですが、ジョリジョリ感に悩んでいる人が多いです。ジョリジョリするのが嫌でこまめにカミソリで剃り、肌に負担をかけてしまっている人もいるかもしれません。
トゥルリーヌは根本から綺麗に毛を抜くことができるので、仕上がりはツルツルです。
しっかりした毛だけではなく、細い産毛もしっかりキャッチして処理できるので、綺麗なツルツル肌に仕上がります。

適度な粘着力で使いやすい

ブラジリアンワックスは粘着力がとても重要です。
粘着力が弱すぎても硬くても塗りにくく、特に自分では見にくいVIOラインなどに塗るのは大変です。
トゥルリーヌは塗りやすい粘着力に仕上がっているので、ブラジリアンワックス初心者でも、全身どこでも簡単に使えます。

チューブタイプで清潔

ブラジリアンワックスは、ジャータイプの容器を採用している商品が多いですが、トゥルリーヌは、清潔に使えるようにチューブタイプになっています。
片手で簡単にキャップを開けられ、出しやすいという点から使いやすいと感じられます。

常温で使える手軽さ

ブラジリアンワックスには温めてからでないと使えないタイプが多いですが、トゥルリーヌは常温でそのまま使えます。
使う前のひと手間が省けるので、忙しくても気軽に脱毛しようという気持ちになれます。

成分にこだわった安全ワックス

ブラジリアンワックスは外国製が多いのですが、トゥルリーヌは日本人の肌を考えて作られていて、製造も安心の国内で行われています。
ワックスには、はちみつベースのワックスに5つの植物エキス、ビタミンC、コラーゲン、ヒアルロン酸が含まれているので、肌にも優しい成分でできています。
トゥルリーヌをチェックする