ブラジリアンワックスで鼻毛脱毛するときの注意点まとめ:痛みや頻度はどのくらい?

記事の著者:admin

TVやネットでもよく取り上げられているので、ブラジリアンワックス鼻毛脱毛を見たことがある人は、多いのではないでしょうか?
広告ではごそっと抜けた写真を載せているものもあり、その快感を実感してみたいと思う方も多いでしょう。
しかし、鼻毛をワックスで処理すると鼻毛の機能が失われて風邪をひきやすくなったり、花粉症が悪化するということもあります。
そんな今、話題のブラジリアンワックスによる鼻毛脱毛のメリット・デメリットも含めて紹介します。
ブラジリアンワックスをチェックする

ブラジリアンワックス鼻毛脱毛の注意点は?

そもそも、ブラジリアンワックスとは、ねっとりとした蜂蜜のような液体を脱毛したい部位に塗り、固まったところを一気にワックスごと抜き去るという脱毛方法です。
カミソリでの脱毛と比べると、脱毛した後のチクチク感も無く、毛抜きのように手間も掛かりません。
また、自宅でも手軽に出来ることから注目を浴び、話題になっています。
話題になっているもう一つの理由が、ブラジリアンワックスで鼻毛を抜きとる時の見た目のインパクトです。ごっそり抜けた鼻の中のムダ毛がワックスに付いて、見た目も実感できます。
そんな話題のブラジリアンワックスですが、脱毛でツルツルになるのは良いのですが、当然、抜く時の痛みも相当です。

注意点1.暖め過ぎによるやけど

痛みと共に、ワックスをレンジなどで温め、溶かして鼻の中へ入れるので、やけどにも注意です。
使用する前にしっかりと説明書を読んで、レンジでの温める時間を確認しましょう。
やけどをしてしまった場合は速やかに冷やして、あまり触らないでおくことが大切です。

注意点2.花粉症を発症する可能性が高まる

鼻毛脱毛をするとブラジリアンワックスの場合、鼻の粘膜を保護する組織ごと取り除かれてしまうので、花粉症の人はもちろん、花粉症になってない方でも発症しやすくなります。
また、すでに花粉症になっている方でも他の花粉に対する抵抗も無くなり、他の時期でも花粉症を発症する可能性が高まるので、注意が必要です。
それに加え、花粉だけでなく、風邪のウイルスやPM2.5などの有害物質もフィルター機能である鼻毛が無くなりますから風邪も引きやすくなるというデメリットもあります。
そのあたりの注意点を踏まえてブラジリアンワックスによる鼻毛脱毛を検討することが大事です。

注意点3.埋没毛になることがある

次に生えてくる毛が皮膚の中に埋まってしまうという埋没毛になる可能性もあるので注意が必要です。
鼻の中の埋没毛は、目に見えない部分になりますので、いつの間にかできていて、膿んでしまう可能性もあります。
中には埋没した鼻毛が鼻の頭から生えてきたなんていう恐ろしい話も。
くれぐれも埋没毛にならないように抜きすぎや抜いた後のお手入れに注意してください。

ブラジリアンワックス鼻毛脱毛の痛みや頻度は?

通販でも売られているブラジリアンワックス鼻毛脱毛のセットも様々あり、中には痛みが少ない物もあります。
痛みもそうですが、毛の成長周期も個人差があるので、一概には言えませんが、ブラジリアンワックス鼻毛脱毛をする頻度としては、3週間~1ケ月程度が適度ではないでしょうか。
あまり頻繁にすると、鼻の中の皮膚や粘膜もダメージを受けるので、避けた方が良いでしょう。
出血や内出血することもあります。炎症を起こしてしまった場合は速やかに病院に相談してください。

鼻毛脱毛したいなら脱毛サロンがおすすめ

ブラジリアンワックスによる鼻毛のお手入れはリーズナブルな価格で、簡単にできるので便利ですが、確実で安全な脱毛をしたいのであれば、脱毛サロンに通うことをおすすめします。
聖心美容クリニックでは医療脱毛を扱っていて、最新の機械を導入したことでデリケートな部分も医療脱毛をすることが可能になりました。
痛みも少なく、自宅でワックスをするのは痛いから無理という方はぜひ試してみてください。
聖心美容クリニックをチェックする