鼻毛のワックス脱毛は危険!?気になる鼻毛脱毛方法を5つ紹介

記事の著者:1814106

おしゃれや身だしなみにいくら気を遣っていても、一本飛び出ているだけで全てを台無しにしてしまうのが鼻毛です。鼻毛が飛び出ていると、顔の中心なのでかなり目立ってしまいます。
しかし、鼻毛は実は毛の中でも鼻毛は最も重要な毛の一つで、鼻毛を全てなくしてしまうと、埃や塵、ウィルスを体内に取り込んでしまったり、鼻水が垂れ流しになってしまうことなど、体に異常をきたすこともあるそうです。
そこで今回はどうしたら安全に鼻毛を処理することができるのか解説していきます。
一番のおすすめは医療脱毛で専門の方に鼻毛を処理してもらう方法です。聖心美容クリニックでは特別な機械を導入したことでデリケートな部分である鼻や耳も処理することが可能になりました。
気になる方はぜひ下のボタンから医療脱毛をチェックしてみてください。

鼻毛の脱毛どうしてる?鼻毛のワックス脱毛は危険らしい

ブラジリアンワックスは元々デリケートゾーンの脱毛方法で、ブラジリアンワックスを脱毛したい部分に塗って、一気にムダ毛ごと引き剥がします。
鼻毛を脱毛する場合は、鼻の穴にブラジリアンワックスを付けた鼻毛脱毛専用スティックを突っ込み、一気に鼻毛を抜きます。
オンラインでも簡単に手に入り、SNSでも驚くくらいごそっと抜けると話題です。

ワックス脱毛のメリット

ブラジリアンワックスで鼻毛を処理すると、一度に大量の鼻毛を抜くことが可能です。
毛抜きなどで一本一本抜いていく方法と比べて圧倒的にはやく鼻毛を処理することができるので、そこはワックス脱毛のメリットと言えるでしょう。
またレーザー脱毛と違い価格もかなりお手頃なので、誰でも手が出しやすい方法です。

ワックスで鼻毛処理するデメリット

早く手軽に処理できるというメリットと同時に、ワックス脱毛にはデメリットもあります。
鼻の中は、吸い込んだ空気に十分な湿度を与えたり、空気の温度を調整するために粘膜で覆われているので、そこに強力な粘着力のあるブラジリアンワックスを塗ってしまうと、脱毛時に粘膜も鼻毛と一緒に剥がしてしまう可能性があることに注意してください。
鼻の中の粘膜が傷ついて保温、保湿機能が失われると、呼吸器疾患やアレルギー性鼻炎などの原因になってしまいます。
鼻毛の抜きすぎがこわいという方には鼻毛専用のはさみやカッターでの処理がおすすめです。

セルフで鼻毛を脱毛するなら鼻毛カッターがおすすめ

セルフで脱毛する場合、毛抜きで少しずつ抜く方法もありますが、毛抜きでは傷つきやすく、雑菌が入りやすいです。
鼻毛の機能を損なわずに、安全に処理する方法として一番お勧めなのは、鼻毛ハサミや鼻毛カッターで自己処理する方法です。

メリット

自己処理は定期的に処理を続けなければなりませんが、飛び出ている鼻毛を1本ずつ切るだけなら、鼻毛はなくならず身体のフィルター機能も損なわれません。また、毛を切るだけなので、毛穴から雑菌が入って炎症を起こすようなこともないので安心です。
鼻毛カッターは、鼻の穴の入り口部分だけ鼻毛処理できる構造になっているため安全ですし、キレイにカットすることができます。
あくまでも鼻の穴から出ている浅い部分の毛だけ処理することで粘膜などを傷つけることがなく、鼻毛を処理することが可能です。

デメリット

鼻毛カッターや鼻毛シェーバーのデメリットは切れ味が悪い刃だと痛みを感じやすいという点です。
鼻毛カッターを購入する際は切れ味にも注目して選んでみてください。
また、シェーバーやカッターは単なるはさみなどと違い、お手入れが難しいものもあります。
シェーバーのお手入れ方法をしっかり守り、常に清潔に保つようにしましょう。

やっぱりデリケートな鼻毛はプロに任せるべき!レーザー脱毛なら聖心美容クリニックがおすすめ

鼻毛はセルフ脱毛では粘膜を傷つけてしまう可能性もあるため、プロに任せる方法もあります。
聖心美容クリニックでは他のクリニックにはない鼻毛、耳の穴などの部位の脱毛も可能です。

鼻毛を医療レーザー脱毛するメリット

聖心美容クリニックでは、脱毛効果が高いという評判が多くありますが、それにもまして痛みも少ないということも言われています。
セルフで行う脱毛ではワックスでは痛みも強く、粘膜ごと剥がれてしまう危険もあるため、お金はかかりますが、クリニックに行くことがお勧めです。
クリニックによる脱毛は永久脱毛になるので、誤った処理をすると身体に不調をきたす恐れがあるので、単純に脱毛をするのではなく、それぞれの機能が失われない程度に脱毛をすることが重要。
聖心美容クリニックではソプラノアイス・プラチナムという医療脱毛機器を用います。照射面の先端が細くなっている専用のハンドピースを装備しているため、鼻毛や耳毛なども安全に脱毛を行うことができるため、お勧めです。

鼻毛レーザー脱毛デメリット

医療レーザー脱毛のデメリットは何といってもお値段が高いところです。
専門のスタッフがつき、特殊な機械を使うということもあり、どうしても他の脱毛方法よりも高くなってしまいます。
また、一回だけでは効果を感じづらいという方がいるのも事実です。
何度か通ってから効果を得られる方が多いので、今すぐに処理したいという方には向いていないかもしれません。

鼻毛カッターよりもお手頃価格な鼻毛はさみ

鼻毛を処理する際に一番お手頃で、一番痛くない方法が鼻毛はさみです。
鼻毛専用のはさみは先が丸くなっているので、鼻の中を傷つけてしまう心配がいりません。
ドラッグストアなどでも売っているので「今すぐ鼻毛を処理したい!」という方ははさみがいいでしょう。

鼻毛専用はさみのメリット

メリットは気になる鼻毛を一本一本自分で処理することができることです。
カッターなどだとどうしても表面の鼻毛をすべて処理してしまうことになりますが、はさみだと処理を最小限に抑えることができます。
またはさみは手に入りやすく自宅ですぐに処理でき、使い方が簡単なのもメリットです。

鼻毛はさみのデメリット

デメリットは自分で手入れするので鼻を傷つけてしまうというリスクがあることでしょう。
またはさみで先を切るだけなので、またしばらくすると生えてきてしまいます。
はさみで処理する方は、こまめに鏡でチェックするようにしましょう。

鼻毛を毛抜きでお手入れは危険!抜いたあと埋没毛になることも

最後に紹介するのは毛抜きで処理するという方法です。
毛抜きは家庭にもともとあることが多いので、新たに購入する必要もなく一番身近な方法と言えるでしょう。
しかし毛抜きで鼻毛を処理するのには埋没毛になったり、毛穴を傷つけるという大きなリスクがあることも覚えておいてください。

毛抜きで鼻毛を手入れするメリット

鼻毛を毛抜きで処理するメリットは手軽に自宅でできるということのみです。
可能であれば鼻毛専用のはさみかカッターを購入するようにしてください。
毛抜きで鼻毛を手入れするのは、「手元に毛抜きしかない!」という場合だけにしましょう。

毛抜きで鼻毛を処理するデメリット

毛抜きで鼻毛を処理すると抜く際にするどい痛みがありますし、毛穴を広げてしまいさらに濃い鼻毛が生えてきてしまう可能性もあります。
また毛抜きだと抜く際の勢いで毛穴を傷付けてしまい、鼻の中にニキビができてしまうなんてことも。
鼻の中にニキビができるとかなり痛いですし、できるなら避けたい状況です。
なるべく毛抜きでの処理はせず、鼻毛専用はさみを使うか、専門のサロンで脱毛してもらうのが一番いい方法でしょう。

鼻毛脱毛の注意点

どの方法で鼻毛脱毛をする際にも共通する注意点は、鼻毛を脱毛するともともと鼻毛がもつ役割が失われてしまう可能性があるということです。
鼻毛は体内に異物を混入させないようにする役割を持っています。鼻の奥には粘膜があり、その粘膜は鼻水を分泌するために働く機能があり、鼻毛はそれを助けているのです。
そのため鼻毛を処理する際はなるべく鼻の入り口に近い部分だけにとどめ、なるべく鼻毛を処理し過ぎないようにしてください。
もし自分で鼻毛を処理するのは心配という方は聖心美容クリニックでの鼻毛脱毛がおすすめです。下のボタンから詳細が見れるので、気になる方はチェックしてみてください。