黒ずみができる原因と解消法

記事の著者:ikeda

最近、「肌がザラザラ」したり「黒ずみができて気になる」なんてことありませんか?

よく黒ずみができる部位として、脇やお尻、ビキニライン、ひざ、鼻周りなど、女性の多くがこれらの箇所の黒ずみを気にしています。

そこで、今日は黒ずみの原因と解消法をご紹介していきます。

毛穴の黒ずみを根本的に改善した方は下記もチェック。

1. 黒ずみができる原因

一口に黒ずみといっても、原因によって様々な黒ずみがあります。

汚れが詰まってできている黒ずみ。
毛穴が広がってしまい、影になり黒ずみに見えているもの。
また、メラニン色素が毛穴に蓄積してしまい、黒ずんで見えたりするものなどです。

ちなみに、脇やビキニラインなどの黒ずみは、メラニンが原因だったりすることが多いです。

では、タイプ別に解消法を見ていきましょう。

2. 汚れが詰まっている黒ずみ

汚れが詰まった黒ずみは、角質や落としきれなかった化粧品、ホコリなどが原因です。

それらの汚れを取るためには、まずは、日々のスキンケアを怠らないように心がけましょう。

クレンジングでは、いつもより丁寧にすることを心がけ、洗顔、保湿も忘れずにしっかり行うことで、汚れが詰まった毛穴をキレイに保つことができます。

また、クレンジングや洗顔の際は「ゴシゴシこすらない」ことも心がけて下さい。

ザラザラするお尻や、ひざの黒ずみ、鼻まわりには、角質落としを使用し、その後の保湿ケアをしっかり行いましょう。

3. 毛穴の広がりからの黒ずみ

毛穴が広がってしまって、黒ずみがあるように見える方には、まず保湿ケアを重点的に行ってみましょう。

毛穴が広がってしまっている方に多いのが、実は乾燥肌が原因だということです。
お肌が乾燥することで、実は皮脂が過剰に出てきます。

この過剰に出てきてしまう皮脂が、毛穴を詰まりやすくさせてしまい、毛穴を広げる原因になります。

皮脂が気になってベタベタするから保湿は少なめで・・・ではなく、毛穴の広がりからの黒ずみが気になる方は、皮脂が気になるからこそ、保湿をすることをおすすめします。

4. メラニンが原因の黒ずみ

メラニンには美白ケアやUVケアを行いましょう。

また、肌をゴシゴシしたり、刺激を与えないことを心がけることも大切です。

脇やビキニラインをお手入れする際に、カミソリだけで剃ったりしていませんか?

シェービングジェルやフォームを使用したり、お手入れをする際にはなるべく電動シェーバーを使用することで、肌への負担がぐっと減りますよ。

また、メラニン色素は肌が生まれ変わることで、はがれていきます。
日焼けをして黒くなったのが、どんどん元の色に戻っていくような感じです。

なので、メラニンが原因の黒ずみには、肌を生まれ変わらせるターンオーバーを促進することも大事になってきます。

血行促進や規則正しい生活などを心がけましょう。

まとめ

それぞれの黒ずみにあった解消法でしっかりケアし、黒ずみを撃退しましょう。

また、どのタイプの黒ずみに当てはまるのか分からない・・・という場合は、皮膚科のお医者さんに相談してお肌を見てもらうのもよいかもしれませんね。