憧れのハーフ顔に近づける!外国人っぽく見えるメイクのポイント5つ

記事の著者:admin

近頃は、人形のような大きな目、くっきりとした目鼻立ちの魅力的なハーフ顔に憧れる女性が多くいます。でも自分は日本人特有ののっぺり顔だからと諦めることはありません。メイクを上手に工夫すれば、誰でも憧れのハーフ顔になれます。

以下にポイントを説明していくので、ぜひともくっきりした顔立ちになって、いつもと違う自分を演出してみましょう。

また顔の印象を左右する眉毛を整えるのに最適な美容液も一緒に紹介するので、それも参考にしてみてください。

マユライズをチェックする

ハーフ顔のポイントは目元

アイシャドウの使い方

アイシャドウによって顔の印象をかえることが出来ます。ハーフ顔を目指すのであれば立体感を出すブラウンを選びましょう。

ベースをアイホール全体に塗ります。目頭から混じりに向けてベースよりも少し濃いブラウンをチョイスし、目を開けたときに分かる程度の幅に塗っていきましょう。そして、下まぶたもブラウンの少し濃い色みのアイシャドウを塗ります。

濃いめのブラウンをベースの上にのせるときは、幅など自分の目の大きさなどに応じて変えて、どのパターンが一番しっくりくるのか色々試してみてください。

アイテープ活用で二重をくっきりとさせる

幅広の二重まぶたは、ハーフ顔の特徴。これを表現するには二重整形アイテープを活用し、二重の幅を変えることが効果的です。二重を作るときに埋め込んでしまうことで、アイテープは隠せるのでおすすめ。

上手にメザイクするための秘訣は、まぶたのはれやむくみを無くしてからメイクを始めることです。はれやむくみは、蒸しタオルをあてて解消することができます。またもともと二重まぶたの方は、二重の幅をさらに広めにすることが効果的でしょう。

アーモンドアイにすることでデカ目になれる

アーモンドのような形でくっきりとした猫のような目は、ハーフ顔になるために欠かせない要素。目頭を切開してアーモンドアイを作る方もいますが、工夫すればメイクでもアーモンドアイになれます。

メイクに使うのは黒のリキッドアイライナー、まず上まぶたの縁にラインを引き、そのあとに細めの筆を使って、角度でくっきりとつけたくの字で目頭を囲むラインを引きます。これでハーフ顔のアーモンドアイを作ることができるのでぜひ試してみてください。

カラーコンタクトで総仕上げ

ハーフ顔を作るために、もっとも効果があるのがカラーコンタクト。カラーコンタクトを装着するだけて、大きな瞳と日本人特有の瞳とは異なる色を得られます。手っ取り早くとても効果的なアイテムとして、カラーコンタクトを活用しましょう。

また目周りのメイクに使う色を工夫することで、よりカラーコンタクトを引き立てハーフ顔のクオリティを高めることができます。たとえばアイシャドーのベースに濃いブラウンを使うのは、相乗効果で美しい顔が作れる方法のひとつ。

関連記事:初心者でも可愛く!アイメイクでデカ目を作る方法を紹介

眉毛とまつげを整える

眉毛の位置

ハーフ顔のポイントは眉毛。眉毛で顔の印象は大分異なり、眉毛は位置や形で顔に変化をつけることができます。以前は細い眉毛が流行っていましたが、外国人っぽく見せるなら断然太い眉毛がおすすめ。

外国人の眉毛と目の距離は日本人と大きく違い距離が短いのが特徴なので、この距離を意識することでハーフ顔に近づけます。

自分の眉毛の色味を髪の毛の色に合わせるなどして決め、そしてペンシルやアイブロウを使い、眉頭をなるべく下げて目の方に近づけます。一本一本描き、最後はブラシなどでぼかして馴染ませてください。

また眉毛のケアにはマユライズが特におすすめで、SNSなどでも流行しており、石原さとみなどの芸能人も使っているとして話題になりました。

眉毛からハーフ顔を目指したい方はぜひチェックしてみてください。

マユライズをチェックする

2枚重ねのつけまつ毛が効果的

ハーフ顔には濃いめで長いまつ毛が必須。2枚重ねのつけまつ毛で目幅を広げることで、さらに目をぱっちりさせることができるでしょう。1枚目のつけまつ毛の上に重ねて、さらにもう1枚つけまつ毛を糊でつければ、目元が色っぽくなり目力も上がります。

さらにもっと重ねればより濃い目になることは期待できますが、3枚以上重ねるとまぶたが重くなり、目を開くのが大変。いっそ重くなることを利用して目尻にだけ2枚重ねすると、垂れ目がちの愛くるしい目元を作ることができます。

マスカラ下地でひと手間加える

重ね付けしたつけまつ毛を自然な印象にするため、マスカラで仕上げます。ファイバー入りのマスカラ下地を使ってまつ毛の長さを強調すると効果抜群。つけまつ毛を付ける時間がないときにも、マスカラ下地で長いまつ毛を作れます。

マスカラ下地を使えば単にマスカラを盛るよりも、仕上がりが綺麗ですし自然に長く仕上がります。また、マスカラ下地を使うことでまつ毛のカール感を長持ちさせる効果もあるので試してみてください。

お人形さんのようなまつげを意識する

印象的なのはやはり目元。目力がしっかりあるとハーフ顔に近づけるでしょう。まずビューラーで自然にカールしてからマスカラをつけていきます。より彫りの深い顔立ちを目指すのであればはっきりとした黒がおすすめ。

自然にしたい場合は、ブラウンや紺を選ぶのもいいでしょう。ここでのポイントはしっかりしたボリュームと長さです。しっかり一本一本丁寧にマスカラを重ねていきましょう。下まつげは上まつげのようにボリュームを出すのではなく、ベトベトに塗るのは控えてください。

つけまつげを利用する

マスカラだけでも構いませんが、つけまつげをするとよりハッキリした目元に仕上がります。マスカラでもそうですが、長さとボリュームがしっかりあるつけまつげを選びましょう。

上まつげの場合、少し目尻からはみ出してつけることでいつもよりもより大きな目元を作り出すことが出来ます。そして、自分のまつげとつけまつげ馴染ませるように仕上げにマスカラをしてください。

最後にビューラーであげるとパッチリまつげの出来上がりです。

陰影をつけてハーフ顔を目指す


まずホワイト系のハイライトを、眉間からノーズに向けて軽く1本入れて、ブラウン系のアイブロウパウダーを使って、鼻の両脇にシャドウを入れます。こうすることで顔に立体感が生まれるでしょう。色は少し濃い目にして、眉頭から鼻筋まで引きます。

注意するのはシャドウを濃く入れすぎないこと。さらにこめかみと頬骨の間の骨が高くなっている部分を通るように、眉の下から目尻、黒目の下までにハイライトを入れます。こうしてメイクを工夫することで、立体感のある彫りの深い顔になれるのです。

チークとリップに一工夫

下唇の延長として、1~2mm長くリップラインを引きます。そして上唇のラインを下唇のラインの端に繋げるように引くこと。こうすると、自分の元々の口角より高い位置を口角にすることができます。

このリップラインも、ハーフ顔になる一つの要素です。上手く口角が上がって見えるようにするコツは、口角の影を消してしまうこと。これによって、口元全体がリフトアップして見えます。

またチークとリップの色味を揃えましょう。ピンク系ならピンク系、オレンジ系ならオレンジ系で統一してください。同色系に揃えることがハーフ顔メイクの鉄則です。

まとめ

いかがでしたか?コツをつかむことで簡単にハーフ顔になるメイクができるようになります。

ハーフ顔のメイクは陰影がとても大切になってきますので、そこを意識しながら普段のメイクに少しずつ取り入れて自分に合ったメイク術を手に入れてください。

マユライズをチェックする