アンダーヘアの自己処理の方法:陰毛が濃くて悩む女性向けの方法も紹介

記事の著者:admin

夏が近づく頃になると気になるのがアンダーヘアの処理。人にはなかなか聞けない悩みでもあり、お困りの女性も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

アンダーヘアは間違った方法で処理すると「黒ずみ」や「肌荒れ」などトラブルの原因になります。

ここでは、アンダーヘア処理方法とアンダーヘアを処理するメリット・デメリットについて説明していきます!

自宅でムダ毛処理したい人におすすめなのは、デリケートゾーンの除毛もすることができる「ヘアーリドューシングクリーム」です。下のボタンから詳細をぜひチェックしてみてください。

剛毛女子の悩み

自己処理している場合、処理後に痒みが出る人が多くいます。これは、カミソリなどで剃ると毛先が尖がりチクチクしたり、皮膚が傷ついて炎症を起こしていることが要因です。

また、自己処理で抜いたりすることによって、さらに濃くなり範囲も広がったという方も中にはいるようです。これは典型的な間違った処理方法による反応です。こうなる前に、正しくケアしてキレイな状態を取り戻しましょう。

男性から見た剛毛女性について

男性は意外と下の毛については気にしていないようです。剛毛女子にとっては朗報ですね!例えば、「足や腕の毛のチクチクは嫌だけど、下の毛は気にならない」とか「エッチの時は顔や体を見ていて下の毛は見ていない」など。

一方、「パンツから毛がはみ出ていて萎えた」「自分より剛毛だとちょっと」という意見もあります。やはり、最低限の処理はしておくべきでしょう。

どっちかというと毛がない方が良いという男性が多いので、処理するのを悩んでいるのであればデリケートゾーンのムダ毛処理することをおすすめします。

アンダーヘアの自己処理方法

ここではアンダーヘアを自己処理する方法について紹介していきます。デリケートゾーンの毛を処理する際に気を付けたいことは、敏感な部分なので肌を保湿しながら処理することです。

脱毛サロンに通わず、自宅で自己処理する場合は特に気を付けるようにしてください。

カミソリ、シェーバーでの剃毛

カミソリやシェーバーで毛を剃る方法でキレイなアンダーヘアをキープするためには、マメに処理することが重要です。手軽で簡単、コストもかからないので人気の処理方法ですが、肌にかなりのダメージを与えてしまうので、肌が荒れたりした場合はしばらく処理しないようにしましょう。

また、すぐ伸びてくるので毛先がチクチクしたり、陰部の色素沈着などデメリットも大きいことを覚えておきましょう。

毛抜き、ワックスで毛を抜く処理

処理する頻度は少なくて済みますが、根元から引き抜くため痛みが伴い、肌へのダメージも大きいのが毛抜きやワックスでのお手入れ方法。
また、毛を抜いた後によく見られる「埋没毛」は、1度発生してしまうと自宅でのケアが難しくなってしまいます。

伸びてきた時のチクチク感は少ないですが、毛抜きで1本1本抜く方法は時間がかかり大変な作業です。不安な方はアンダーヘア部分だけでも脱毛サロンに行って処理することをおすすめします。

除毛クリームでのお手入れ

除毛クリームとは、クリーム状やムース状の薬剤を脱毛したいところに塗り、洗い流すタイプの処理方法です。一度の広範囲の処理ができ、手軽で簡単なので緊急の場合はおススメですが、毛を溶かす薬剤は刺激も強く粘膜部分には基本的に使用出来ません。

除毛クリームはアンダーヘアのような硬くて太い毛ではなく、産毛などの細く薄い毛のお手入れに向いています。

除毛クリームでおすすめはトルコ発の「ヘアーリドューシングクリーム」です。デリケートゾーンにも使える肌にも優しいクリームとなっています。

ヘアーリデューシングクリームをチェック

ヒートカッターでの処理

熱線によりアンダーヘアをカットする方法です。くし型のものが主流となっています。ヒートカッターの最大の特徴は、切ったところの断面が丸くなるので、あの嫌なチクチク感がないこと。また、簡単に処理出来てお肌への負担も少ないところが魅力です。

デメリットとしては、毛を切るだけなのですぐに伸びてくるので、マメなお手入れが必要という点。

完全に毛をなくしたくはないけれど、毛を切るのはチクチクしてしまうから嫌という方におすすめです。

アンダーヘア処理の手順や注意点

処理手順について

いきなり剃ったり、ヒートカッターで切るのではなく、角質層を保護するために薄くワセリンを塗ったり、蒸しタオルを数分当てて毛を柔らかくしておきましょう。その後、電気シェーバーやヒートカッターで必要箇所を少しずつ処理していきます。

また、お手入れが終わった後は、お肌の角質層が傷ついている可能性もありますので、柔らかい布で軽くふいた後もう一度ワセリンを塗るか、敏感肌用の乳液等でお肌をいたわってください。

とにかく保湿がポイントです。肌が荒れてしまった場合はすぐ病院に相談するようにしましょう。

Vラインのセルフケアの注意点

Vラインもお肌に負担がかからないように、ゆっくり慎重に行って下さい。
カミソリは肌表面を傷つけやすいので、電気シェーバーやヒートカッターを使います。除毛クリームや脱毛ワックスを使う場合は、薬剤の刺激が強いので、自分の肌状態をよく確認してから使うようにしましょう。

細かい部分は毛抜きを使うことがあるかもしれませんが、毛穴を傷つけて埋没毛を作る可能性があるので注意して下さい。

自分に合った処理方法を

以上に掲載しただけでなく、光脱毛やレーザー脱毛など、様々な処理方法があります。
高コストで多少時間がかかっても、エステや美容皮膚科なに通って脱毛すれば、その後の自己処理はとても楽になりますし、セルフの場合はなんといっても手軽さ安さが魅力ですよね!

アンダーヘアのお手入れは、見た目や美容面だけでなく衛生面からも必要なケアなのです。
もし自己処理をしていてうまくいかなかったという方がいれば、脱毛サロンに切り替えるのもいいでしょう。自分で処理してしまい毛が濃くなってしまっている場合も脱毛サロンに行き始めれば毛を薄くすることが可能です。

カウンセリングが無料でできるので、ぜひ一度お近くの店舗に予約してみてください。

ミュゼプラチナムで脱毛する