脱毛でやけどで引き起こることはある?:未然に防ぐには?

CARE室編集部
公開, 更新 , 脱毛

近年、様々な年代から人気が上昇しているサロンやクリニックを利用した脱毛方法。

どちらも脱毛効果がある光を当てることによりムダ毛処理を行いますが、やけどが起こる心配はないでしょうか。

そこで今回は、脱毛で心配される「やけど」についてご紹介します。脱毛でやけどが起こることはあるのかや、やけどを未然に防ぐ方法などもまとめています。

脱毛でやけどで引き起こることはある?

脱毛サロンや脱毛クリニックで脱毛をした場合、火傷を引き起こすことはあるのでしょうか。

結論から言うとサロンやクリニックでの脱毛で火傷を引き起こしてしまう事はあります。しかし、火傷になる原因はいくつかあるのでご紹介しましょう。

サロンよりクリニックの方が火傷のリスクは高い

光の強さに制限がある脱毛サロンのフラッシュ脱毛に比べ、医師が在籍しているため威力の強いレーザー機器を扱える脱毛クリニックでの方が、光が強い分温度も高くなるので火傷のリスクは比較的高くなります。

しかし、専門の医師が担当するため施術を受ける際の注意事項を守っていれば、滅多に火傷になることはありません。

注意事項を守れていない

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛を受ける際は、いくつかの注意事項が設けられています。

「脱毛前後の日焼けは不可」「テスト照射での検査」などがあげられますが、この注意事項を守らず日焼けをしてしまえば火傷になり跡が残ります。

また、テスト照射は肌が拒否反応を起こさないかや、火傷のリスクはないかを確認する大切な項目となりますが、これを面倒くさいなどの理由で受けないとなると、脱毛方法が自分と合わず火傷などの症状がでてしまうという場合もあります。

肌の調子や体調が良くない時の脱毛

乾燥肌の人やかなり肌が弱いという人は、火傷のリスクが高くなります。

特に乾燥肌の時は、肌がダメージを受けている状態なので通常より肌は敏感になっています。このような時期に脱毛を受ける事はおすすめできません。

ダメージの上にダメージを重ねてしまうことにより、火傷を起こし痛みをともなう原因となります。

やけどのリスクを回避するには?

やけどのリスクを回避するには、どうしたら良いのでしょうか。

脱毛中は日焼けに気をつける

基本的に日焼けした肌には脱毛施術はできないというサロンやクリニックがほとんどです。

また、最初は日焼けしていなくても脱毛に通っている間に日焼けするなど、紫外線対策をおこたってしまうと火傷を引き起こす原因となります。

また、火傷の原因はこの日焼けによるものがほとんどです。火傷のリスクを回避するには、紫外線対策をしっかりして、日焼けを避けることが大切となります。

テスト照射は必ず受ける

上記でもご紹介しましたが、テスト照射は拒否反応や火傷の症状がでないかを確認する大切なテストです。

早く終わらせたいという人でも、後から自分に合わなかったと後悔する事がないよう必ず受けることをおすすめします。

自分での肌ケアを怠らない

乾燥肌であると火傷のリスクが高くなるといことはご紹介しましたが、乾燥肌にならないよう日頃から保湿をしっかり行うなどの肌ケアを行うことが大切です。

顔周りなどは、化粧水や乳液などで保湿する人がほとんどですが、足や腕などはケアを怠ってしまう人が多いようです。

脱毛を考えている部分は、積極的に保湿クリームなどを塗って乾燥から肌を守るように心がけましょう。また、肌が潤っていると柔軟性が出るので火傷のリスクが減らせるだけでなく、脱毛時の痛みの軽減にもつながります。

肌が弱い人は脱毛前にきちんと伝える

肌質は人によってことなります。当然少しの刺激でもダメージを受けやすいなど肌が敏感で弱い人もいます。

肌が弱い人は、事前に担当スタッフや医師にしっかり伝えておくことが大切です。光の強さは調整が可能なのでそれぞれに合った対応をしてくれます。

事前に伝えておくことで火傷の心配もせず安心して脱毛を受けられるでしょう。

設備が整ったサロンやクリニックを選ぶ

サロンやクリニックの特徴もしっかり抑えておくことが火傷のリスクを抑えることに繋がります。脱毛機器は常に進化しており、現在は昔に比べ高性能な機器が多くなっています。

しかし、中には古い脱毛器を取り扱っているところもあり、性能もあまり高性能とはいえず火傷のリスクが高くなるという可能性もあります。

サロンやクリニックを選ぶ際は、最先端機器を取り入れているところや口コミが良く症例数が多いなど信頼できるところを選んで足を運ぶ事をおすすめします。

気になるやけどの程度と治療

万が一やけどの症状がでた時、どのような治療が行われるのでしょうか。やけどの程度ごとで治療方法をご紹介。

I度熱傷

赤くなるなど比較的軽く早く治る可能性が高い火傷です。

治療法:軟膏など塗り薬での治療。

?度熱傷(浅達性)

赤くなる・水ぶくれなどの症状。完治するまでに2週間~3週間ほどかかる場合が多いです。火傷の跡は残らないことがほとんど。

治療法:軟膏など塗り薬での治療。

?度熱傷(深達性)

ただれ・水ぶくれなどの症状。完治するまでに約1ヶ月前後かかります。症状によっては火傷の跡が残る可能性があります。

治療法:軟膏での治療。場合によっては植皮。

?度熱傷

ひどい火傷で白くなるのが症状。火傷の跡が残る可能性が高いです。

治療法:植皮による治療。

脱毛による火傷はそれほど多くありませんが、火傷の程度としてはI度熱傷~?度熱傷(浅達性)の跡が残らない程度の症状が多く見られる様です。

関連した記事

かわいい水着姿も台無し?恥をかかないアンダーヘアの処理方法

夏が近づき海に行く予定の方も大勢いらっしゃることで...

2019年07月22日, 脱毛

脱毛をするためにサロンやクリニックに通うデメリットとは?:デメリットの対策法

サロンやクリニックで脱毛を行うということは、ここ数...

2019年07月22日, 脱毛

太もものムダ毛処理の頻度は?やっぱりサロンに行くべき?

水着にショートパンツなど足を露出する機会が増える夏...

2019年07月22日, 脱毛

いま話題の記事