シミがあっても脱毛できる?脱毛でシミが減る場合と増える場合

CARE室編集部
公開, 更新 , シミ・そばかす

昨今当たり前のように女性の間で行われている脱毛。ですが意外と詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。

実は脱毛とお肌には密接な関係があります。そのなかでもシミと脱毛についてお話ししたいと思います。

脱毛するとシミが減るって本当?

結果から言うと光脱毛をすることによりシミは薄くなります。

脱毛に用いる機械にもよりますが、現在多く使用されているものでは照射の際の光に美肌効果があるものが主流になっています。あくまでもシミを減らすための物ではなく脱毛の相乗効果のようなものです。

脱毛専門サロンとクリニックによる機械の違い

IPL脱毛

エステや脱毛サロンで主に行われている光脱毛ではその中でもIPL脱毛の機械がお勧めです。IPLとはインテンスパルライトの略で光を黒いメラニン色素に反応させていく脱毛方法です。

エステや脱毛専門店ではクリニックの医療用レーザーより出力が抑えられています。

IPL脱毛は毛も少なくなるので肌もワントーン明るくなりくすみが目立たなくなり透明感が出てくるといった効果も期待できます。

アレキサンドライトレーザー

同じ光脱毛でも医療脱毛でしか扱っていないアレキサンドライトレーザーは特におすすめです。アレキサンドライトレーザーはクリニックならではの強い出力もでます。

それに加え他の医療用脱毛器に比べ脱毛時の痛みも弱く美肌効果があることが特徴です。働きとしてはIPL脱毛と同じく黒いメラニン色素に反応し脱毛するものです。

残念ながらアレキサンドライトレーザーは産毛にはあまり反応しないようです。ですが照射によりコラーゲンの生成を促すので美肌効果はIPL脱毛よりあり、黒ずみやニキビ跡、シミにも効果的です。

そして、今まで生えていた毛も無くなることで肌触りもサラサラすべすべとした肌になります。脱毛は照射後10日前後で毛が抜け落ちるのでそれまでしっかり保湿をしましょう。

逆にシミができることもある?

まれにターンオーバーの関係で肌の奥に眠っている気づかなかった薄いシミが光脱毛により肌表面に現れることがあります。これは脱毛をしなかった場合でも年数が経てば浮き出てくる予定のシミなので決して脱毛のせいと言うわけではありません。

それでもシミが増えてしまうのはとても気になりますね。ですが脱毛を定期的に行うことによりターンオーバーを促進せば薄くなっていきます。

また、脱毛後はお肌がデリケートな状態です。

アフターケアを怠ったり長時間紫外線に当たることでせっかくの美肌効果も逆効果になってしまうのでお気をつけください。

脱毛によるシミの発生の予防法は?

脱毛すると必ず言われるのが保湿と日焼け止めです。

保湿

脱毛後の肌は脱毛により多少なりとも刺激を受けているため脱毛前より肌がデリケートな状態です。なのでしっかりとした保湿が大切になります。

保湿をすることで照射した部分の毛も毛根から抜けやすくなります。また、保湿を怠ると肌がカサついてしまう場合があります。

日焼け止め

紫外線は肌の天敵。特にデリケートな肌にはダメージを与えやすいものです。しっかり日焼け止めでガードしましょう。日焼け止めもお肌に重くないものがお勧めです。

サロンやクリニックで販売している場合もあるので是非確認してみてください。

関連した記事

シミ・そばかすに効く!口コミで評判のお悩み別スキンケア化粧品まとめ

女性にとって悩みが尽きない肌トラブル。加齢による顔...

2019年07月22日, シミ・そばかす

いま話題の記事