敏感肌の人でもサロンで脱毛はできる:注意するべき点は?

CARE室編集部
公開, 更新 , 脱毛

敏感肌だからサロンやクリニックの脱毛は諦めている人もいるのではないでしょうか。

敏感肌でも施術OKのサロンやクリニックもあるので、肌の状態を見てもらって相談すれば敏感肌やアトピーの人でも脱毛が可能な場合もあります。

今回は敏感肌の人が脱毛をするために注意するべき点についてまとめていきたいと思います。

敏感肌の人でもサロンで脱毛はできる?

肌の状態によっては施術が受けられない場合もありますが、敏感肌でも脱毛ができるサロンやクリニックは存在します。

ムダ毛の処理が頻繁に必要な人は、ムダ毛の自己処理が原因で肌トラブルを起こしてしまうこともあります。

そのため、敏感肌の人は肌トラブルを防ぐためにも自己処理を行うよりサロンやクリニックで脱毛して、自己処理をしないほうが良い場合があります。

サロンやクリニックの脱毛は、施術前に肌の状態をしっかり確認してもらえますし、アフターケアも充実しています。そのため、セルフ脱毛より安全性は高いです。

むしろ、自己処理はなるべく避けましょう

剃ったり抜いたりする自己処理する方法は肌へのダメージが大きく、特に肌が弱い方の場合は、肌トラブルを起こしやすいため、自己処理はなるべく避けた方がいいです。

ムダ毛の自己処理には様々な方法がありますが、ほとんどの方法は何らかの刺激を与えてしまいます。カミソリはムダ毛を処理するだけでなく、刃を当てた部分の肌まで一緒に削ってしまうことが多いです。

肌の組織を傷つけることにより、色素沈着や傷、乾燥による肌トラブルが発生しやすくなります。自己処理の方法として脱毛クリームによる除毛も挙げられます。

脱毛クリームはアルカリ性の薬剤でできており、ムダ毛はタンパク質でできているため、タンパク質を溶かして除毛します。肌はタンパク質でできているため、薬剤によるダメージが生じます。

特に敏感肌の方は、肌への負担が大きくなることがあるので脱毛クリームは肌に合っているかの事前の確認が必要です。

ワックス脱毛、毛抜きは毛を無理に引き抜くことになるので、土台となる肌がダメージを受けてしまいます。肌荒れや毛穴の炎症など、肌トラブルが起こる場合もあります。

サロンやクリニックに通って脱毛を進めていくことで、ムダ毛の量は減り、自己処理の回数はどんどん少なくなっていきます。そして、最終的には処理をする必要がなくなるので、ムダ毛処理から引き起こされる肌ヘの負担はなくなっていきます。

敏感肌の人がサロンで脱毛をするときに、注意するべき点は?

サロンでの脱毛は敏感肌・アトピー肌の場合でも脱毛をできますが、炎症やアトピーなどの症状が出ていて肌に薬を塗っている場合には脱毛ができません。

肌の状態によっては、医師の許可が必要な場合もあります。サロンで初回のカウンセリング時に敏感肌であることを必ず相談するようにしましょう。

脱毛後にも注意すべき点があります。

脱毛後、肌になるべく刺激を与えないことも大切です。

脚を脱毛した場合は、ストッキングやタイツなど、脱毛箇所に直接触れて刺激となる衣類はなるべく避けることがおすすめです。また、脱毛当日の入浴は避けるか、入浴するとしてもお風呂には浸からずにぬるめのシャワーのみで済ませましょう。

身体を洗う際はタオルで強くこすらず、肌を刺激しないように手のひらでやさしく洗ってください。

脱毛後の肌の状態が気になる場合は、掻いたりこすったりなどの刺激をしないように注意し、冷たいタオルなどで冷やしていただくことをお勧めします。

症状がひどい場合は皮膚科を受診することをお勧めします。

関連した記事

カミソリで肌荒れする原因・正しい処理法:肌が荒れた時の対処法も

ムダ毛をカミソリで処理するときに気になるのが、肌荒...

2019年07月22日, 脱毛

ブラジリアンワックスでわき毛を脱毛する方法:痛みを軽減させる方法とは?

脇は、セルフ脱毛でも多くの人が処理をしている部位で...

2019年07月22日, 脱毛

永久脱毛ってやっぱり痛い?:痛い箇所や痛くない脱毛機もご紹介

ついに水着シーズン到来!彼と海やプールといったレジ...

2019年07月22日, 脱毛

いま話題の記事