永久脱毛でおすすめなのはやっぱり病院?:メリット・デメリットも紹介

CARE室編集部
公開, 更新 , 脱毛

昔に比べると随分安い費用にて永久脱毛を受けられるようになりましたが、それでも全身脱毛する場合はトータルで20~30万近くかかってしまう可能性もあります。

高いお金を払う分、技術の高いお店で施術をお願いしたいところですが、やはりエステサロンよりも医師や看護師が揃っている永久脱毛病院を選ぶべきでしょうか?

こちらでは永久脱毛病院で施術を受けるメリット・デメリットについてご紹介します。永久脱毛にご興味がある女性は是非参考にしてくださいね!

エステサロンと病院はどう違う?どっちでも永久脱毛はできるの?

専門店に足を運び、脱毛のプロにお手入れをしてもらえば、サロン・病院関係なく永久脱毛ができる!と思っている女性は意外と多いのではないでしょうか?

実は法律上永久脱毛の施術の実行及びCMなどの広告にて「永久脱毛ができます」と謳って良いのは医療機関だけなんです。

厳密に言うと実際に永久的に生えなくなるのではなく、美容先進国のアメリカでは、日本の厚生労働省にあたるFDAにより「施術を3回行なった後半年経過した時点で67%以上の毛が減っている状態を永久脱毛」と定義しており、日本の医療機関でもこの規格に準じて永久脱毛を行なっています。

医療機関で脱毛を受ける際は「生涯ツルツルのお肌を維持することはできないけど、ムダ毛の少ない状態を維持しこれまでよりもセルフケアの手間が省ける」という特徴を理解した上で契約するようにしましょう。

病院で永久脱毛するときのデメリット

脱毛を行なっている病院・クリニックが少ない

脱毛サロンは全国各地に数多くの店舗を構えている一方、全国に何百店舗も展開している永久脱毛病院はまだまだ少ないと言うのが現状です。

東京・大阪・名古屋といった大都市になると仕事帰りにサッと通いやすいよう駅近に立地している永久脱毛病院もありますが、地方在住の方にとっては通いたくても通える病院・クリニックがない場合もあります。

痛みを感じやすい

脱毛サロンで取り扱いがある光脱毛は出力度数が弱いため、ほとんど痛みを感じることはありませんが、永久脱毛病院の主な施術法であるレーザー脱毛については出力度数が高く、痛みを感じてしまう可能性があります。

不安な方は麻酔が受けられるかどうかカウンセリング時に医師や看護師に一度相談してみると良いでしょう。

病院で永久脱毛するときのメリット

短期間で脱毛が完了する

毛の量や質によっても差が出てきますが、サロンで全身脱毛を受ける際約18回通う必要性がある一方、永久脱毛病院であれば約6回と短期間で全身脱毛の施術を完了することが可能です。

医療機関なのでトラブルが起きた際も安心

病院・クリニックであれば有資格者である医師・看護師が在籍しているため、万が一肌トラブルが起きた際も迅速に対応してくれます。

美肌効果

レーザー脱毛の光はメラニン色素にも反応するため、古い角質を取り除いたり、黒ずみ・色素沈着を薄くするといったピーリングのような効果が同時に期待できます。

関連した記事

腕脱毛の効果・回数と料金は?:サロン選びで重視するポイントは?

腕のムダ毛は最も人目に付きやすい部分である為、腕脱...

2019年07月22日, 脱毛

意外と気になる肩の脱毛方法紹介:サロン脱毛に肩パーツはない?

夏になり薄着になると気になるのはやはり無駄毛の処理...

2019年07月22日, 脱毛

全身脱毛でスッキリ!医療レーザーの料金を徹底比較!

ムダ毛の処理を面倒に感じる女性は多いのではないでし...

2019年07月22日, 脱毛

いま話題の記事