正しい脇毛の抜き方とは?抜くメリット・デメリットや注意点

CARE室編集部
公開, 更新 , 脱毛

半袖やノースリーブを着る時に欠かせないのが脇毛の処理。

カミソリで剃っても数日でまた生えてきてしまうけど、毛抜きで抜くのは痛そうで少し不安だからとカミソリを選んでいる方も少なくないようです。

そこで今回は正しい脇毛の抜き方や、痛みを感じにくくするコツ、脇毛を抜くメリットなどについて詳しく解説します。

脇毛を抜くメリット・デメリット

メリット

【しばらく生えてこない】

カミソリのように表面の脇毛だけを処理するのではなく根元の方から抜いてしまうので、長ければ半月はその部分に毛は生えてきません。ですが、毛根へアプローチするような方法ではないので、今後生えてこなくなるといったことはありません。

【毛先がチクチクしていない】

カミソリは刃で毛を切って処理をするので、生えてきた毛がチクチクとしてしまいます。一方の毛抜きは、毛先が細く丸くなっているためチクチクとしていないので肌に不快感が起きづらいです。

デメリット

【抜くのに時間がかかる】

脇毛の量には個人差がありますが、毛抜きで1本1本処理をするのにはそれなりの時間がかかります。毛の量が多い人ほど、デメリットとしては大きくなると言えるでしょう。

【肌トラブルに繋がる可能性がある】

なかなか抜きにくい毛を抜こうとすると、肌が必要以上に引っ張られてしまい毛穴がプツプツと膨れてしまったり、毛穴がたるんでしまうことがあります。上手く抜けなかった場合の埋没毛なども、ありがちな肌トラブルの1つです。

【痛みがある】

我慢出来ないほど強くはありませんが、カミソリで剃るのに比べると痛みはそれなりにあります。

正しく脇毛を抜く方法

毛抜き選びは重要なポイントです。100円ショップなどの安い毛抜きは先が真っ直ぐに整っていないこともあるので、毛を抜く前に切れてしまうことも。あまり安物を選ばずに、毛抜き専用として販売されている物を買うようにしましょう。

正しく抜くのに重要なのは「毛穴を開いて」「清潔な状態で」「毛の流れにそって抜く」という3つです。

1.脇を清潔にして、蒸しタオルで毛穴を開く

2.脱毛する周辺を反対側の手で押さえる

3.毛の生えている向きにそって毛抜きで抜く

4.脇の処理をすませたら、濡れタオルやコットンなどで肌を冷やす

5.化粧水などでアフターケアをする

痛みを感じにくくするコツ

正しい抜き方とコツを把握しておけば、脇毛を抜く際の痛みはそれほど強くなりません。

【毛穴を開いておく】

蒸しタオルで毛穴を開くのは、毛を抜きやすくするだけでなく痛みを抑える効果もあります。蒸しタオルは水が垂れない程度に絞ったタオルをレンジで約1分ほど加熱するだけで簡単に作れるので、忘れず準備しておきましょう。

【肌をしっかり押さえながら抜く】

毛抜きを持つのと反対の手で、処理をする周囲の肌をしっかりと押さえて肌が引っ張られるのを防ぐと痛みを抑えられます。

【ゆっくり抜く】

毛抜きで抜くときは、ワックス脱毛のようにいきおいよく抜いてはいけません。毛の生えている向きにそってゆっくりと引っ張ることで、毛穴の負担を減らして処理をすることができます。

こんな抜き方はNG

【毛穴を開かずに抜く】

毛穴を開かずに処理をすると毛穴や肌の負担が大きくなり、埋没毛や毛のう炎になるリスクが上がってしまいます。

【浴室で毛を抜く】

浴室は湿度が高く雑菌が繁殖しやすい空間です。処理をしたあとの開いた毛穴から雑菌が入ると、毛のう炎などの炎症を起こすことがあります。

【アフターケアをしない】

処理後に冷やさず放置すると、毛穴が開いたままになりポツポツと鳥肌のようになってしまいます。また、保湿を怠ることで乾燥から色素沈着に繋がることも。面倒であっても、処理後のアフターケアは欠かさないようにしましょう。

関連した記事

アレキサンドライトレーザー脱毛とは:メリット・デメリットを紹介

多くの脱毛器の中で代表的な脱毛器であるアレキサンド...

2019年07月22日, 脱毛

足は脱毛クリームで処理するべき!?毛穴のプツプツが気にならない

医療脱毛専門院リゼクリニックの調査によると、7割の...

2019年07月22日, 脱毛

全身脱毛でスッキリ!医療レーザーの料金を徹底比較!

ムダ毛の処理を面倒に感じる女性は多いのではないでし...

2019年07月22日, 脱毛

いま話題の記事