カミソリで肌荒れする原因・正しい処理法:肌が荒れた時の対処法も

CARE室編集部
公開, 更新 , 脱毛

ムダ毛をカミソリで処理するときに気になるのが、肌荒れなどの肌トラブルではないでしょうか。痒みや痛みだけでなく、ひどくなるとプツプツとした吹き出物のような赤みが出てしまうこともある厄介な存在です。

これらの肌荒れを防ぐために大切なのは、正しいカミソリの使い方を知ること。ムダ毛処理のために知っておきたい情報について詳しくお伝えします。

カミソリで肌荒れが起きる原因

カミソリでムダ毛を剃った後に「痒み」「痛み・ひりひり感」「吹き出物」などの肌荒れが起きてしまうことがあります。カミソリ負けと呼ばれることが多いこれらの症状は、敏感肌の人だけでなく肌が丈夫な人にも起きうることです。

肌荒れが起きる主な原因は3つ。

カミソリの切れ味が悪い

不衛生なことはもちろん、切れ味が悪くなることで余計に肌に負担を与えてしまいます。

体調などによる肌環境の変化

生理前のホルモンバランスや体調不良などにより、肌がダメージを受けやすい状態になることがあります。

剃り方が間違っている

シェービングジェルを使わない、毛の流れに逆らった剃り方をする、力の入れすぎ、何度も同じ部分を剃るといった事で、肌に余計な負担がかかります。

肌荒れを起こさないための対策

肌荒れを起こさないために大切なのは「清潔さ」「滑りを良くする」「毛の流れにそって剃る」「剃るタイミング」です。

清潔な肌と清潔なカミソリ

カミソリでムダ毛処理をした後の肌はダメージを受けやすい状態です。ムダ毛を処理する前に肌を石けんで洗い清潔な状態にしておきましょう。カミソリの劣化が肌ダメージを大きくしてしまうことも多いので、カミソリの刃は月に1度は交換することも大切です。

滑りをよくする

浴室で石けんの泡を使って滑りを良くする人は少なくありませんが、これは肌の乾燥や肌がふやけてしまうことに繋がってしまい、肌荒れなどのリスクが高くなってしまいます。ムダ毛処理をするときは、専用のシェービングジェルやクリームをたっぷりと塗りましょう。

毛の流れにそって剃る

毛の流れに逆らって剃る、いわゆる逆剃りは、キレイに剃ることができますが肌の細かい隆起などを傷つけてしまうことが多く、必要以上に角質を落としてしまうことに繋がります。

基本的には毛の流れにそってカミソリを動かし、剃りきれなかった部分だけを軽く逆剃りするだけに留めましょう。

カミソリを持っていない方の手を、カミソリを動かすのと反対に向かって引っ張るように押さえると、逆剃りでなくてもキレイにムダ毛を処理しやすくなります。

剃るタイミング

生理中や体調不良の時期は、できるだけカミソリによる処理は避けましょう。また、皮膚の再生力が上がりやすい午後10時~夜中2時はしっかりと肌の保湿を行う時間として、剃るのはそれ以外の時間帯にするのもオススメです。

肌荒れを起こしてしまったときは

カミソリで剃った直後に痛みや赤みを感じたら、まずは肌を濡れタオルなどで冷やしましょう。冷やした後に保湿をして、それでも痛みなどが収まらない場合は塗り薬によるケアも検討します。

肌荒れをした後の薬はしみやすいので、塗り薬には油性の軟膏を使うのがオススメです。一般的なものとしては、オロナインやメンタムなど。薬を塗った後にワセリンを塗っておくと、保湿効果と肌の保護効果が同時に得られます。ワセリンは油脂が含まれているので、肌にしみません。

関連した記事

毛抜きで眉毛を抜く正しい方法:綺麗な眉毛の形や痛くない方法もご紹介

眉毛を処理する方法は、毛抜きで抜く、カミソリで剃る...

2019年07月22日, 脱毛

ソプラノ脱毛の特徴紹介!痛みや効果、vioもできる?

「脱毛の口コミを見てると痛みがある人もいるみたい」...

2019年07月22日, 脱毛

脱毛のカウンセリングの流れ:聞かれる内容や所要時間

脱毛サロンの公式サイトをチェックしていると、必ずと...

2019年07月22日, 脱毛

いま話題の記事