肌・脱毛の悩みに向き合うメディアCARE[ケア]

vioをシェーバーで自己処理!剃り方や注意点・アフターケアは?

CARE 編集部
公開, 更新 , 脱毛

自分で処理したけど、チクチクするし、皆がどう処理しているのか聞きたいけど、なかなか聞けないのがvioの処理。vioは、皮膚が薄く、肌のトラブルも起きやすい。

その上、見えにくいため自己処理するのは、難しいです。

最近では、専用のシェーバーなども市販されているので、自己処理もしやすくなりました。そんなvioをシェーバーを使って自己処理する方法と注意点、アフターケアについて紹介します。

シェーバーを使ってvioの自己処理方法

まず、vioの自己処理で出来ることは、形・長さを整えることです。

この形・長さを整える簡単な方法は、電気シェーバーを使ってvioの自己処理をすることが一番おすすめになります。電気シェーバーは、肌への負担が少なく、形を整える事には適した道具です。

ただし、処理した後、毛が生えてくると剃った部分がチクチクしますので、こまめに処理するようにしましょう。それでは、シェービングの方法ですが、準備としてまず、ムダ毛を剃る前に、肌と毛をやわらかくするため温めます。

これは、シェービングの時に毛が引っ掛からないようにするためです。風呂上りや、温めたタオルをデリケートゾーンに当てるなどして温めましょう。

次に、どのように毛を残すか考えておいてから、処理する部分の毛を2cm以下にハサミやトリマーを使ってカットします。

そして、シェーバーを使って処理するのですが、ここで注意するのは、毛の流れに沿って上から下へ剃るということです。毛の流れに逆らって剃ってしまうと、毛穴周辺の皮膚を傷つけてしまうので注意しましょう。

また、毛の根元から剃れるよう、皮膚を押さえ、引っ張りながらシェーバーで剃ることがポイントになります。

シェーバーを使ってvio処理:アフターケアは?

シェーバーを使ってvioを処理した肌は、とても敏感になっています。

乾燥やチクチクすることによるかゆみが出ないよう、しっかり保湿することが大事です。

そのとき、Vラインは低刺激性のクリームでも構いませんが、粘膜に近いIラインやOラインは、デリケートゾーン専用のクリームを使うようにしましょう。また、アンダーヘアには、毛が生えてきたときにチクチクしないよう、専用のトリートメントを使うのがおすすめです。

どんなタイプのシェーバーがあるの?カミソリとの違いは?

最後に、カミソリと比べて、シェーバーの利点はどうでしょう?

カミソリは、薬局などで手軽に買えますが、カミソリで自己処理すると肌荒れや色素沈着・乾燥の原因にもなりますので、気を付けることが大事です。

一方、電気シェーバーは、専用の凹凸部や肌の曲線に沿って刃がスイングするものも出ているので、肌への負担も少なく、簡単に自己処理できます。

また、刃のギザギザが細かく、毛が引っ掛かりにくいものも有りますので、痛みもほとんどありません。さらに替え刃が交換できるタイプは、刃がダメになっても本体を買い替える必要が無いので、経済的です。

電気シェーバー本体も、5,000円程度で家電量販店やネットなどで売られているので、カミソリよりは高いですが、自己処理を安全に行うには、長い目で見れば、とても経済的だと言えるでしょう。

関連した記事

Oライン脱毛どうしてる?Oライン脱毛のメリット・デメリットまとめ

近年人気が上昇している『Oライン脱毛』ですが、脱毛...

2019年07月22日, 脱毛

脇脱毛って痛いの?:痛みを抑えるためにできることは?

脱毛サロンや脱毛クリニックで最も人気を集める脇脱毛...

2019年07月22日, 脱毛

脱毛クリームの正しい使い方!根元からムダ毛をごっそり処理できる方法とコツ

「お手軽で、お肌にも優しそうな脱毛クリームを使って...

2019年07月22日, 脱毛