脱毛の事前準備:当日までに行っておくべきこと

CARE室編集部
公開, 更新 , 脱毛

脱毛サロンでは専用のルームウェアの無料貸し出しも行われているほか、顔脱毛の場合、クレンジングや化粧水などのスキンケアアイテムも用意されているため基本的には手ぶらで足を運んで構いませんが施術当日までに脱毛準備をしておく必要性があります。

状態によっては、担当のスタッフさんに施術を断られる可能性も。事前に知っておかないと施術を受けられなかったり、脱毛効果も下がってしまう場合もありますので、しっかり、脱毛サロン前日にどのような準備が必要か確認しましょう。

脱毛準備とは一体どんなことすべきなのでしょうか?初心者向けにてわかりやすくご紹介させて頂きます!近々脱毛サロンへ足を運ぶ予定がある女性は是非参考にしてくださいね。

脱毛の事前準備:当日までに行っておくべきこと

事前にシェービングを行う

施術の2日前を目安に、照射する部分の脱毛準備をしておきましょう。

エステサロンでは、フラッシュ脱毛が主流で、ムダ毛の色に反応して熱を発生させるので、ムダ毛が長いままだと肌の広範囲に熱が広がり、やけどする恐れがあります。

そのため、サロンで施術を受ける前日までにムダ毛を短く切りそろえる自己処理が必要です。ムダ毛の自己処理におすすめなのは、電気シェーバーを使っての処理が一番。

肌への負担も少なく、毛根も残したままですので、脱毛効果が下がることもありません。毛抜きやワックス脱毛は、毛根から抜いてしまうので、サロンでの施術前の自己処理では絶対しないことです。

また、脱色剤や除毛剤も使うのを避けておきましょう。フラッシュ脱毛では、毛根や黒い毛の色に反応する光を利用し、光の熱で毛根などにダメージを与え、脱毛します。

そのため、脱色した色や毛根自体が無くなると、せっかくの脱毛効果が下がってしまう、もしくは、全く効果が無くなってしまうのです。

サロンによっては施術前にシェービングを行ってくれるお店もありますが、別料金が発生してしまう可能性があるため、少しでもお得な値段でケアしていきたいという女性は事前に自己処理しておくことをおすすめします。

体調を整えておく

施術前日は夜遅くまでアルコールを飲んだり、長時間の運動など体に負担をかける行為は控えるようにし、十分な睡眠をとるよう心がけましょう。

フラッシュ脱毛の施術は、痛みやお肌のダメージが少ないのが特徴ではありますが、熱エネルギーによる影響が全くないとは言えません。

そのため、体力を使うジムでの運動や飲み会などを避け、施術前後の日は、早く家に帰れるよう、スケジュール調整してください。

フラッシュ脱毛は熱を利用した施術ですので、施術後は体温が上がり、肌が乾燥しやすくなります。アルコールを前日に飲むと、身体の温度が上昇し、施術には好ましくない状態になるので、控えましょう。

日焼け対策

光脱毛はムダ毛だけでなく、黒い肌にも反応してしまうため過度に日焼けしたお肌に光を照射すると炎症を引き起こす可能性があります。

脱毛サロンに通う予定がある方は、脱毛準備の一環としてサーフィンやキャンプなどのレジャーは出来るだけ控えるようにし、普段から紫外線対策をこまめに実践するようにしましょう。

肌には何も塗らないこと

照射する部分のお肌には何も塗らないことが基本ルールの一つです。

特に夏の季節は日焼け止め・制汗スプレー・虫除けスプレーなどのアイテムを使用する機会が多いと思いますが、施術当日は塗りすぎに注意し施術前に必ず拭き取るようにしましょう。

薬の摂取は控える

普段から鎮痛剤などの薬を服用している場合、施術中の痛み・腫れといった危険なサインに気づきにくいため副作用を引き起こす可能性があります。

また、アレルギーが出たり、身体に影響が出る可能性があるので施術前後2週間くらいは使用を控えましょう。

施術当日も必ず飲まなくてはいけない薬がある方は、サロンのスタッフに直接相談するようにしてください。また、もし飲んではいけないと判断された場合はかかりつけの医師に相談し、施術当日に薬を抜いても問題がないか確認をとることをおすすめします。

脱毛の事前準備:脱毛サロン当日の持ち物

施術後の肌はバリア機能が低下しており、紫外線による悪影響を受けやすいため帽子や日傘などのアイテムを準備しておくと安心です。

また、日焼け止めを塗った上でサロンへ足を運ぶ方も多いと思いますが、毛穴に詰まっていると十分な効果を感じられない可能性があります。綺麗に落とすためにもクレンジングシートやウェットタオルを持参しておくと良いでしょう。

何も塗らない状態での施術となるので、顔の脱毛をする場合はもちろんメイクを落とします。そのため、メイク道具も持参し施術後の準備もあると便利です。

どうしても、前日や当日体調が悪くなった場合は、思い切って予約をキャンセルしましょう。サロン脱毛で一番に考えるのは、体調や肌のことです。

生理中も肌が敏感になりやすく、痛みも感じやすくなるので、施術が受けられません。また、施術に行くときも帽子やサングラス、マスク、スカーフといった紫外線対策にも気を付け、日焼けしないよう心がけましょう。

関連した記事

脱毛に最適な周期は部位ごとで違う!毛周期に合わせて脱毛しよう

近年、多くの女性から指示を受けているサロンや医療機...

2019年07月22日, 脱毛

足は脱毛クリームで処理するべき!?毛穴のプツプツが気にならない

医療脱毛専門院リゼクリニックの調査によると、7割の...

2019年07月22日, 脱毛

医療脱毛とエステ脱毛の違い。それぞれの特徴を比較。

脱毛には医療脱毛とエステ脱毛の大きく二種類があり、...

2019年07月22日, 脱毛

いま話題の記事