生まれつきのクマは治るか?

CARE室編集部
公開, 更新 , クマ・くすみ

クマは主に3種類あり、色素沈着・血行不良・たるみが最大の原因です。後天性のクマの場合は、生活習慣の乱れや筋力の低下によるものがほとんどなので生活環境を見直すことでクマを目立たせなくすることが可能です。

しかし中には生まれつきクマがあり消えないと悩んでいる方もたくさんいます。

そんな方へ向けて生まれつきのクマの対処法をまとめてみました。

生まれつきの青クマの場合

青クマの原因は血行不良が原因です。これは生まれつき青クマがある方も例外ではないのですが、さらにもう1つ、人よりも皮膚が薄いことが挙げられます。

うっ血した血管が透けて見えてしまっている状態なので血行を良くすること、そして皮膚の薄さに気を付けながら目元のケアをすることがクマを目立たせなくする第一歩ではないでしょうか。

しかし、生まれつきの青クマさんの場合は血行を良くしたからといってクマの直接的な改善方法にはなりません。どちらかというと目元の皮膚を厚くする方法を見つけることが青クマ解消への近道となります。

コラーゲン入りのアイクリームを使用したり、クリニックでPRP血小板治療をして体内からコラーゲンの生成を促すなど直接的にアプローチをすることで徐々に目立たなくなったという口コミ多く見受けられました。

生まれつきの黒クマの場合

生まれつき黒クマがある方は、生まれつき眼輪筋の働きが弱い方です。眼輪筋とは眼球の周りをグルっと囲んでいる筋肉で、目元のハリにも影響があります。この筋肉が弱いことで目の下にたるみが生じ、影となって見えてしまう事が黒クマの原因です。

クマを目立たせなくする方法は眼輪筋を鍛えるトレーニングを行うか、クリニックで目の下の脂肪を切除する手術を受けるかしかありません。

眼輪筋を鍛えるトレーニングはたくさんの種類があり、目の下だけでなく顔全体に効果があるトレーニングも多いので小顔を目指しながら楽しくクマを解消することができます。

生まれつきのクマはトレーニングで治る?

生まれつきの青クマさんの場合はトレーニングをしたからといってクマが解消する訳ではありません。

しかし、トレーニングを行い目元や顔全体の筋肉をつけると血行が良くなるので肌の血色は良くなります。血行が良くなることで代謝も上がり肌のターンオーバーの促進にも繋がるので、決して無意味な行動ではありません。

反対に、生まれつきの黒クマさんの場合、トレーニングはクマを解消する重要なポイントとなります。身体と同じで、たるんでいる部分は鍛えることによって引き締まるのでクマに見えているたるみの影を解消することができます。

眼輪筋は鍛えるのが難しく、時間もかかりますが鍛える前と鍛えたあとでは目元の印象が全く変わるので是非顔トレを習慣にしてみて下さい。

どうしてもダメならレーザー治療

皮膚科や美容クリニックでは、あらゆるクマに対する施術を行っています。青クマさんの場合は、先ほども書いたPRP血小板治療という、採血した自分の血液から血小板を取り出して患部に注入する施術方法がおすすめです。

ヒアルロン産注射はボコッと不自然に見えたりしこりになるリスクがありますが、PRP血小板治療の場合は少ないリスクでコラーゲンの生成を活性化するなど安全性の高さが特徴です。

コラーゲンが生成されることにより皮膚が厚くなり、血管が透けなくなるため青クマが目立たなくなります。

黒クマさんの場合は、脂肪を取り除く施術になります。目の裏側を少しだけ切開して取り除く方法と医療機器を使用してメスを入れずにじわじわと無くしていく方法がありますが、メスを入れない方法だと時間も費用もかかるため切開して脂肪を切除する方が多いようです。

手術に踏み切るには費用も勇気も必要ですが、コンプレックスを抱きながら過ごしていくことを思えば一度検討してみるのはいかがでしょうか。

関連した記事

クマの種類(紫・茶色・青・黒・目頭)と解消法

目の下に存在する厄介な「クマ」。毎日コンシーラーで...

2019年07月22日, クマ・くすみ

目の下のクマは病気か。見分け方及び予防法

目の下にできたクマがケアをしてもなかなか消えない…...

2019年07月22日, クマ・くすみ

クマが目立つ原因、目立たせなくする方法

一度できるとなかなか消えない厄介なクマ。クマがある...

2019年07月22日, クマ・くすみ

いま話題の記事