カミソリの刃の交換時期・捨て方・研ぎ方は?刃によるメリット・デメリットも

CARE室編集部
公開, 更新 , 脱毛

カミソリで除毛している方だと、交換時期は特に気にせず「そろそろ剃りにくくなってきたから交換しようかな~」くらいで交換する方が多いですね!

でも、カミソリ刃ってちゃんと目安となる交換時期が存在するのです!ここでは、交換時期や復活方法などのカミソリ刃情報をご紹介いたします。

カミソリ刃の交換時期について

カミソリ刃と一言で言っても、刃が1枚のものから5枚くらいのものまで色々な種類のカミソリ刃がありますよね。カミソリ刃の枚数によって交換時期も異なります。

これからご紹介する目安は1日1回のカミソリで交換する目安をご紹介いたします。

・1枚刃(両刃)の場合

今ではあまり見かけませんが、1枚刃の場合は10~14日で交換します。

・2枚刃の場合

1枚刃での剃りのこしを剃るための2枚刃は14~21日で交換します。

・3枚刃の場合

3枚刃の特徴は、2枚刃よりも深剃りが出来るということ。そんな3枚刃の交換時期は10~14日です。

・4~5枚刃の場合

横に剃っても肌を傷めない確率の高い4~5枚刃の交換目安は10~14日です。

カミソリで除毛するメリットとデメリット

交換時期をまとめてみると、大体2週間ピッチでの交換が目安となっていますね。しかし、「2週間起きになんて交換していられない!」という方もいるのではないでしょうか?

しかし、カミソリにはメリットとデメリットがあります。交換をしないとデメリットが目立つようになってきてしまいます。

メリット

カミソリ刃のメリットは、除毛をスタートさせる時のお金がシェーバーよりも安く済む、交換時期を守れば衛生的、軽い、比較的さっぱりと剃れる、復活させることも出来るなどになります。

復活させる方法については後ほどご紹介します。

デメリット

カミソリ刃のデメリットは、カミソリ負けで肌が荒れる危険がある、毎回の交換でコストがかかる可能性、交換がめんどくさいなどでしょう。

コストがかかる可能性はありますが、これは電気シェーバーも寿命があることを考えると同じことが言えますね。

カミソリ刃の捨て方

では、使い終わった後のカミソリ刃はどのように捨てるのかご紹介いたします。

カミソリ刃を捨てる場合には刃の部分が「金属」になりますので危険物として捨てるようにしましょう。しかし、この捨て方についてはお住まいの自治区によっても捨て方が違ったりします。

基本的には危険物ですが、不安な時には役所などに確認しましょう。

カミソリ刃の復活方法!

最後に、カミソリを毎回変えるのは勿体ないという方に向けてカミソリ刃の復活方法をご紹介いたします。カミソリ刃を復活させる方法は、100均に売っている耐震マットを用意します。

その耐震マットにカミソリ刃をつけて、剃る方向とは逆方向に動かしましょう。これを何度も行っているとカミソリ刃の汚れが落ちますので長く衛生的に使うことが出来ますよ!

しかし、もしも錆びてしまった場合には絶対に交換する必要があります。ここまで来ると、肌に付けても切れ味が悪いだけではなく雑菌が肌に入ってニキビなどの原因にもなりますので交換しましょう。

関連した記事

ブラジリアンワックスで顔脱毛:メリット・デメリットを紹介

ブラジリアンワックスと言えば、アンダーヘアの脱毛の...

2019年07月22日, 脱毛

顔の医療レーザー脱毛のメリット・デメリット:通う頻度や費用も紹介

顔の産毛が気になっているが、自己処理で良いのかと困...

2019年07月22日, 脱毛

脱毛クリームの正しい使い方!根元からムダ毛をごっそり処理できる方法とコツ

「お手軽で、お肌にも優しそうな脱毛クリームを使って...

2019年07月22日, 脱毛

いま話題の記事