牛肉も効果的!ニキビを治す5つの食べ物はこれ

CARE室編集部
公開, 更新 , ニキビ

ニキビ予防にはビタミンが良いのは有名ですね。洗顔を工夫することも大切ですが、ニキビに効く食べ物を摂取することで改善する場合も多いでしょう。

飲み薬や塗り薬などの医薬品で治す方も多いかもしれませんが、ニキビと食生活は密接な関係があるので、食生活を改善しなければ何度も繰り返されてしまいます。

そこで今回は、ニキビを治す食べ物をご紹介しますので参考にして下さい。

ニキビを治す食べ物

赤パプリカ

緑黄色野菜には、ビタミンCがとても豊富に含まれています。

ビタミンCは過剰な皮脂の分泌量を防ぎ、皮脂をコントロールしてくれ、角栓が溜まりにくくなるように肌を整えてくれる栄養分です。

赤パプリカは、他の緑黄色野菜よりもビタミンCが多く含まれています。普通ビタミンCは熱に弱いですが、パプリカに含まれるビタミンCは熱に強いのが特徴です。

さらに、赤パプリカを油で炒めると、ベーターカロテンの吸収率もアップします。

レバー

レバーはビタミンの宝庫と呼ばれ、ビタミンがとても豊富に含まれている食物です。

ビタミンAは毛穴の詰まりを解消してくれ、皮膚や粘膜などの潤いを保つ作用があり、B2は角質をコントロールして肌の状態を正常に保ってくれるビタミンです。

ビタミンEは高い抗酸化作用があり、血液の循環を改善して身体の中から綺麗にしてくれる作用があり、それぞれのビタミンはビタミンCとの相乗効果があります。

ニキビができてしまったら、是非ビタミンが豊富なレバーを摂取してみて下さい。

納豆

納豆は、抗酸化作用のあるビタミンB2を多く含みます。そして脂質を分解する働きもするので、皮脂の過剰な分泌も抑えることができるでしょう。

納豆は、美肌を保つ女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンを含んでいるのも特徴です。

ホルモンバランスが乱れがちな生理前などには、イソフラボンの摂取がとても大切なので、大豆イソフラボンが豊富に含まれている納豆はオススメです。

モロヘイヤ

食物繊維を多く摂ると便通が良くなり、便通により毒素の排出がスムーズに行われれば、デトックス効果によりニキビができにくくなるでしょう。

水溶性食物繊維は、腸が弱っている状態でもデトックス効果や善玉菌を増やす働きがあるので、モロヘイヤは便秘解消にもなり、ニキビの改善にも役立つ食べ物と言えます。

牛肉

亜鉛もニキビに有効な成分で、ビタミンCと一緒に摂取すると吸収率がアップします。肌の新陳代謝を活発にするので、ニキビを治すのにとても大切なミネラルです。

牛肉にはビタミンBも多く含まれているので、皮脂の過剰な分泌を抑えてくれる働きもしてくれます。

亜船にはホルモンバランスを整え、新陳代謝を活発にしてターンオーバーを正常にする効果も期待できるので、積極的に摂取しましょう。

関連した記事

こめかみニキビができる原因:対処法や予防法を詳しく紹介

こめかみや眉尻にニキビが出来たという経験はありませ...

2019年07月22日, ニキビ

背中のニキビ跡はストレスが原因?医療機関での治療法もご紹介

夏になると気になってくるのが「背中ニキビ」。 水着...

2019年07月22日, ニキビ

首にニキビができる理由とは?:お肌の老化が原因かも…

若い頃はニキビができたり肌が荒れたりしなかったのに...

2019年07月22日, ニキビ

いま話題の記事