足は脱毛クリームで処理するべき!?毛穴のプツプツが気にならない

CARE室編集部
公開, 更新 , 脱毛

医療脱毛専門院リゼクリニックの調査によると、7割の女性が、脱毛したい部位に足と回答をしています。季節問わず、他人の目が気になる部位なので、できるだけ脱毛しておきたいと考える人は多いのでしょう。

足脱毛でおすすめなのは、脱毛クリームです。自己処理に、カミソリを使用する人が多いですが、毛穴が鳥肌のようにプツプツしてしまったり、毛のチクチクが気になってしまうことが多いです。

しかし脱毛クリームであれば、剃りあとも残らず綺麗に脱毛することができます。そこで今回は、足の無駄毛を脱毛クリームで処理するメリット・デメリットなどを紹介します。

脱毛クリームとは

脱毛クリームは「チオグリコール酸カルシウム」というアルカリ性の成分の性質を利用して、毛を構成するタンパク質を分解することでムダ毛を処理します。最近では、メーカーごとに保湿成分や肌に優しい成分などを配合したり、敏感肌用なども販売されています。

足を脱毛クリームで処理するメリット

それではまず、脱毛クリームのメリットを紹介します。

剃ったあと、プツプツ感・チクチク感が無い

カミソリやシェーバーで処理を行うと、毛穴が広がるので、鳥肌のようなプツプツ感が出てしまうことがあります。また毛を剃ることで、毛先が鋭くなってしまい、肌がチクチクした感じになってしまう可能性も高いです。

しかし脱毛クリームであれば、毛穴が広がることはありません。また、クリームが毛穴の浅い部分に浸透するので、次に生えてくる毛は毛先が丸くなっていることが多いので、チクチクした毛になってしまうことも無いでしょう。

産毛までツルツル

タンパク質を分解してムダ毛を処理するので、光脱毛や毛抜きでは難しい、細く短い産毛までキレイに処理をすることが可能です。太ももはヒザ下よりも毛が細い傾向にあり、脱毛サロンでの施術では難しい場合がありますが、脱毛クリームであればツルツルにすることができます。

痛みがない

毛抜きやワックス脱毛のように、毛根から毛を抜くわけでは無いので、痛みはありません。

広範囲をまとめて処理できる

脱毛クリームは広範囲のムダ毛処理を1度にすませることができます。クリームを肌に乗せる時間も5~10分程度なので、時間のないときでも手早く使えるのは大きなメリットです。

足は範囲の広い部位ですが、両足まとめて一気に処理することもできます。

毛が長い部分でも、あらかじめカットする必要がない

カミソリやシェーバー、ワックス脱毛では、痛みを伴う危険性もあるので、毛が長い場合は1?くらいにカットしてから、処理を始めるのが基本ルールになっています。

しかし脱毛クリームは、毛が長い場合でも、いきなりクリームを塗って脱毛を始めることができます。

ひと手間省けるだけでも、子育てママやOLにとっては、嬉しいポイントの1つでしょう。

足を脱毛クリームで処理するデメリット

脱毛クリームには、デメリットもあります。毛を処理しておきたい期間や、自分の肌状況によって、本当に脱毛クリームで処理をおこなって問題ないのか、確認をしましょう。

持続期間が短い

脱毛クリームは、完全に毛を無くせるわけではありません。そのため、肌の表面に出ているムダ毛しか処理はできません。

毛根へアプローチする作用もないため、数日ほどで毛が生えてくるでしょう。効果の目安は、毛の太い部分で1週間程度、産毛であればもうしばらく続く程度です。

脱毛クリームでツルツル肌を維持するためには、2週間に1度は使い続ける必要があるので、長期的に見ると手間がかかる施術ともいえるでしょう。

肌トラブルの可能性がある

脱毛クリームは強いアルカリ性のため、使用すれば当然、肌に負担がかかります。敏感肌の人は、処理中のピリピリ感や、処理後の赤み・痒みを感じてしまう可能性が高いでしょう。

しかし、最近では敏感肌用の肌に優しい脱毛クリームも販売されています。肌に不安を感じる場合は、そういった商品を選ぶといいでしょう。

また、保湿成分や美容成分など肌に優しい成分を配合した商品を選ぶことで、ある程度リスクは軽減できます。

脱毛時に悪臭がする

脱毛クリームを1度でも使ったことがある人であれば、わかると思いますが、脱毛クリームを使用すると、パーマ液のような強い悪臭と刺激臭を感じます。

体調が優れないときに使用すると、気持ち悪くなるかもしれないので、注意が必要です。また、必ず換気をしながら、使用するようにしましょう。

綺麗に足のムダ毛を脱毛クリームで処理する方法

それでは最後に、足のムダ毛を脱毛クリームで綺麗に処理する方法を紹介します。

足の汚れを落とし、水気を拭き取ってから施術を始めること

足に汚れや水分がついていると、うまくクリームが毛穴に浸透せず、脱毛できない可能性が高いです。また、毛穴が広がっている方が、上手く手入れができるので、処理前に入浴をしたり、ホットタオルで温めてからおこなうと、より効率的に脱毛ができるでしょう。

パッチテストは必ずおこなうこと

パッチテストは、脱毛したい部位に10円玉の大きさでクリームを塗り、脱毛をしてみて、肌に異常が現れないか確かめる方法です。脱毛クリームには様々な種類があるので、同じメーカーでも、商品によって合う、合わないがあります。必ずパッチテストは行いましょう。

またもしパッチテストで異常が無かったとしても、脱毛当日、肌に異常を感じた場合は、すぐにクリームを洗い流してください。

クリームは均一に塗ること・使用時間は守ること

脱毛クリームは、たくさん塗って、長時間放置することで、脱毛効果が高まるわけではありません。毛穴から浸透できる薬の量は決まっているので、たくさん塗っても意味がありませんし、長時間放置すると、肌への負担が増えます。

間違った使い方をすることで、肌荒れを引き起こすこともあるので、使用上の注意をよく読み用法用量を守って正しく使いましょう。

優しく拭き取ること

脱毛後の肌はとても敏感です。クリームを拭き取るときに、ゴシゴシ肌にクリームを擦りつけるようにしてしまうと、痛みを感じることがあります。

なるべく優しく拭き取るようにしましょう。

処理した翌日は、肌への刺激は控えること

処理した肌は敏感になっています。そのため、普段は問題ない日差しやスキンケアで、痛みやかゆみを感じることがあります。処理した翌日は、日焼けはしないように注意をし、スキンケアも低刺激の肌に優しいものを使うようにしましょう。

肌トラブルを最小限に処理をおこなうなら、脱毛サロンがおすすめ

脱毛クリームは、急なイベントのときなど、手早く処理を済ませてしまいたいときにおすすめの脱毛方法です。足のように範囲が広い部分であっても、クリームを塗って5~10分で産毛まで処理することができます。

しかし肌への負担は大きいので、毎回脱毛クリームで処理するのは、おすすめできません。そのため、肌への負担を減らしながら、綺麗に毛を処理したいのであれば、脱毛サロンがおすすめです。

脱毛サロンKIREIMO(キレイモ)は、脱毛サロンでは珍しいドクターサポートのサービスがあります。このサービスは、万が一何か肌トラブルが引き起こった際には、キレイモが提携している病院で、すぐに診断・治療してもらえるサービスで、治療費は全てキレイモが負担をしてくれます。

また使用している、脱毛機も肌への負担を考えて作られた機械で、脱毛した直後にすぐ冷却をおこなうことで、毛穴を引き締め、熱による痛みを軽減してくれるものになっています。

そのため、肌トラブルのリスクは少ないサロンです。また、照射後は保湿効果の高いジェルでしっかり肌をカバーしてくれます。

まずは無料カウンセリングで話を聞いてみませんか?

キレイモで脱毛する

関連した記事

脱毛でやけどで引き起こることはある?:未然に防ぐには?

近年、様々な年代から人気が上昇しているサロンやクリ...

2019年07月22日, 脱毛

正しい毛抜き方法紹介:毛抜きOKな部位とNGな部位

毛抜きを使った正しい脱毛方法をご存知でしょうか。毛...

2019年07月22日, 脱毛

脱毛の事前準備:当日までに行っておくべきこと

脱毛サロンでは専用のルームウェアの無料貸し出しも行...

2019年07月22日, 脱毛

いま話題の記事