ハードワックス脱毛とソフトワックス脱毛って何が違うの?どっちを使うべき?

CARE室編集部
公開, 更新 , 脱毛

海外では、1番ポピュラーなセルフ脱毛である、ブラジリアンワックス。最近では日本でも、TVなどで取り上げられるようになり、ブラジリアンワックス専門の脱毛サロンができるなど、とても人気で話題な脱毛方法です。

しかし、まだ普及したばかりで、ブラジリアンワックスについての知識がないまま、自己処理している人は多いです。

まずブラジリアンワックスには、ハードワックスとソフトワックスの2種類があることを知っていますか?

今回は、脱毛力高いハードワックスについて紹介します。正しい脱毛方法や、注意点もお教えしますので、お肌に優しく、安全にセルフ脱毛を行いましょう。

ハードワックスとソフトワックスの違い

ブラジリアンワックスには、ハードとソフトの2種類があります。各ワックスに、メリット・デメリットがあり、脱毛部位によって使い分けることで、より肌への負担を減らしながら、綺麗に脱毛することができます。

ハードワックス

ハードワックスは、脱毛箇所に溶かしたワックスを塗り、少し放置してから、一気にワックスを剥がして脱毛を行うものになります。よくお笑い芸人が、鼻毛脱毛をする際に使用しているのが、ハードワックスです。

固形のワックスをレンジなどで温め液体にしてから使用をします。温めた直後はソフトワックスのように柔らかいのですが、すぐに固まりはじめるので初心者には少し扱いにくいかもしません。

しかし、ソフトワックスよりも脱毛力が高く、2mm程度の短い毛でもしっかりと脱毛することが可能です。垂れる心配がないことから、主にVIOや鼻の脱毛に使われます。

ハードワックスは、固まるまで待たないといけないので、肌に乗せる時間が長くなり温度管理が難しいですが、ソフトワックスのように肌へ吸着することがないため肌トラブルのリスクが少し低いのも特徴です。

ソフトワックス

ソフトワックスは、脱毛部位にワックスを塗り、その上に専用のペーパー(ストリップ)を貼り、紙と毛を一緒に抜くタイプのアイテムです。

完全に固まることがないので扱いやすく、初心者でも失敗しづらいというメリットがあります。

ソフトワックスにも、水性と油性の2種類があり、水性はより扱いやすく肌にも優しい一方、毛の長さが1cm程度必要なので産毛の脱毛には向きません。油性は主成分に松ヤニが使われていることがあるためアレルギー反応が出てしまう可能性がありますが、5mm程度の毛でも脱毛ができます。

初めてワックス脱毛をするのであれば水性のソフトワックスから初めてみるのが良いでしょう。

ハードワックスの正しい脱毛方法

顔の産毛やVIOに向いているハードワックスですが、慣れれば簡単に脱毛することができます。まずは、正しいハードワックスに使い方をみていきましょう。

1.毛を2mm~5mm程度にカットする

2.ワックスをレンジで温めて、柔らかくしてから適温に戻す(触っても熱くない程度)

3.毛の流れにそってワックスを塗る

4.ワックスが固まったら、塗ったときと反対側から一気に剥がす

5.肌に残ったワックスを洗い流し、冷やしてから保湿をする

ハードワックスで脱毛するときのコツ・注意点

それでは、ハードワックスをしようするときのコツと注意点を紹介します。正しい使い方をしないと、うまく脱毛できなかったり、肌へ大きなダメージを与える危険性があります。

使用方法をよく読み、正しく使いましょう。

肌を清潔で濡れていない状態にしてから、処理を始める

肌が汚れている状態で、脱毛を行うと、うまくワックスが毛につかなくなるので、汗や汚れは拭き取り、清潔な状態で処理を始めましょう。

ベビーパウダーを使う

肌に余分な水分がある場合、脱毛力が落ちます。そのため、脱毛部分に薄くベビーパウダーをつけておくと水分を吸い取ってくれるので、便利です。

慣れるまでは、少しづつ脱毛を行う

広範囲にいきなりワックスをつけるのではなく、慣れるまでは少しづつワックスをつけ、ちょっとづつ脱毛を行いましょう。一度ワックスが肌の上で、固まってしまうと、剥がすか、お湯で少しづつ温めて溶かすしか、除去する方法はありません。

初心者は注意して、脱毛を行いましょう。

ワックスを塗る方向と、剥がす方向は逆

ワックスは毛の流れにそって塗り、毛の流れに逆らうように剥がします。ゆっくり剥がすと上手く脱毛できないので、思い切って剥がすのが綺麗に脱毛するためのコツです。

両手を使う

ワックスを肌から剥がす際、反対の手で肌を引っ張りながら、処理を行うと、脱毛に失敗しづらく痛みも軽減できます。

ワックスの温度に注意するべき

温めてから使用するので、温度管理に注意する必要があります。肌に乗せたあと、ワックスが固まるまで待たないといけないため、温度が高すぎると低温火傷の危険性もあります。

取扱説明書通りの時間や量を守ることがとても大切です。

冷却と、保湿を忘れずに!

脱毛後の肌はしっかりと冷やさなければいけません。毛根から毛を抜いたことにより、一時的に赤くなる人がほとんどです。

脱毛後は、すぐ濡れタオルや保冷剤などで、肌を冷やしましょう。冷却シートやジェルなどは、肌への刺激が強いものがあるので、肌トラブルに繋がることもあります。

また冷却後は、肌の乾燥を防ぐために、化粧水や乳液で必ず保湿を行いましょう。

痛みや痒みを感じたら、直ちに使用を中止すること

使用するワックスによってはアレルギー反応が出てしまうこともあります。ワックスを塗った瞬間に、痛みや痒みを感じたら直ちに使用を中止してください。またもし、脱毛後2~3日経っても赤み・痒みなどがある場合は皮膚科を受診してください。

顔やVIOは、プロに任せるのがおすすめ

ハードワックスに向いている、顔やVIOの脱毛ですが、両部位とも、とてもデリケートな部分です。顔はもし脱毛を失敗してしまったら目立ちますし、VIOは痛みが強いでしょう。

そのため、デリケートな部分はプロに任せるのをおすすめします。

脱毛サロンKIREIMO(キレイモ)の全身脱毛は、VIOと顔が含まれるメニューになっています。他のサロンでは、全身脱毛と言っても、顔の処理が含まれないことが多いので、大変お得に施術を受けることができるサロンでしょう。

また、毎月9,800円の定額システムのため、自分の好きな回数だけ通い、いつでもやめることが可能。そして、キレイモが使用している脱毛機は、痛みとお肌への負担を最小限に抑えた機械です。

脱毛を促す光を、お手入れ箇所に当てて処理を行なっていきます。このとき照射面が-4度になっているので、肌への負担を減らし、痛みを軽減してくれます。

まずは、無料カウンセリングで話を聞いてみませんか?

キレイモで脱毛する

関連した記事

脱毛によるトラブル一覧:それぞれの対処法もご紹介

今や全身脱毛をしている方は珍しくありません。脱毛の...

2019年07月22日, 脱毛

vio脱毛をブラジリアンワックスでするメリットは?気になる痛みは?

ブラジリアンワックス脱毛とは、無添加のハチミツをベ...

2019年07月22日, 脱毛

脱毛石鹸の気になる効果:洗うだけで無駄毛がなくなるの?

カミソリやシェーバー、脱毛クリームなどのムダ毛対策...

2019年07月22日, 脱毛

いま話題の記事