女性もシェーバーで脱毛するべき!?自己処理で1番肌への負担が少ない脱毛方法

CARE室編集部
公開, 更新 , 脱毛

電気シェーバーと聞くと、男性の脱毛アイテムだと、思い浮かべる人が多いでしょう。しかし、最近では女性専用のシェーバーも多く販売されているのを知っていますか?

実はシェーバーは、自己処理を行うアイテムの中で、1番肌に優しく、簡単に無駄毛の処理ができるアイテムなのです。

そこで今回は、シェーバーでのムダ毛処理法や、正しい使い方、メリット・デメリットについて紹介します。

女性がシェーバー脱毛のする際のメリット・デメリットは?

前述の通り、自己処理を行うのであれば、シェーバーがおすすめですが、もちろんデメリットもあります。そこで、具体的なメリットと共に、デメリットも紹介します。

女性がシェーバー脱毛をするメリット

電気シェーバーによるムダ毛処理は、直接肌に刃が当たらないので、肌トラブルが起こりにくいです。女性は男性に比べ皮膚が弱いので、なるべく優しい自己処理法を選んであげることが大切。

最近では、女性専用シェーバーや、部位専用のシェーバーが販売されています。そのため、よりお肌に優しく、VIOのデリケートゾーンの脱毛なども処理できるようになりました。

またシェーバーは、カミソリや毛抜きと比べると、失敗する可能性が低く、簡単で安全です。そして、1度買えば1年間ほど使用できるシェーバーは、長期的見れば、数ある脱毛アイテムの中でも経済的でもあります。

女性がシェーバー脱毛をするデメリット

シェーバーのデメリットは、浅剃りになることです。そのため、剃ったあとジョリジョリ感が残ってしまったり、処理も頻繁におこなわないといけなかったりします。

また、モーターを動かして処理をするので、音がうるさい、電気代がかかるなどのデメリットもあります。

シェーバー脱毛は肌荒れする?

結論から話をすると、シェーバーでの肌トラブルは0%ではありません。正しい使い方をしないと、誤って皮膚を切ってしまったり、ニキビができてしまったり、埋没毛(皮膚の中に毛が埋まってしまい、黒ずみのようになってしまう状態)になってしまう可能性もあります。

特に女性の肌は、ホルモンバランスに影響されやすく、いつも同じ肌状態とは限りません。

シェーバーでの肌荒れを防ぐためには、スキンケアをしっかりおこなうことが大切です。処理後は、お手入れ部位を濡れタオルなどで冷やし、肌を引き締めましょう。

そのあとは、化粧水や乳液、クリームなどで、しっかりと保湿してください。なるべく、低刺激のスキンケア商品を使うのが好ましいでしょう。

脱毛後のお肌は敏感で、乾燥もしています。毛穴も開いている状態なので、しっかりケアをおこなわないと、毛穴から雑菌が入り込んだり、水分が逃げ乾燥したりします。

シェーバーを使ったムダ毛処理の注意点

シェーバーでの処理で注意するべき点は、スキンケアだけではありません。そのほかの注意点も守った上で、正しく脱毛を行いましょう。

1.シェーバーの刃が欠けていないか、錆びていないかをチェック

シェーバーの刃が欠けていたり、錆びていたりすると、肌を傷つけ、出血をまねく原因になります。刃に問題がある場合は、新しい替刃に変えてから処理をしましょう。

また、問題なく使用している場合でも、刃は1年に1回は取り替えるようにしましょう。

2.処理する部位は、清潔にしてから脱毛を始めること

処理する部位は清潔にしてから、セルフ脱毛をしましょう。

そのため、メイクをしたままシェーバー脱毛を行うことは厳禁です。

シェーバーで脱毛をおこなう際、毛穴が広がります。その結果、脱毛が、化粧品などで汚れていると、毛穴から、汚れが入り込み、肌が炎症を起こす可能性があるのです。

3. 毛が長い場合は、短くカットしてから処理をおこなうこと

長い毛のまま処理をおこなうと、毛がシェーバーに絡みつく恐れがあります。痛みを伴ったり、処理にムラができる原因になるので、1~2cm程度に短くハサミなどでカットして脱毛をしましょう。

4.毛の生えている流れに沿ってシェーバーを動かしましょう

シェーバーは、毛の生えている流れに沿って処理をおこなうのが基本です。

深剃りしたいからと言って、毛の流れと反対に脱毛をおこなうと、毛穴に大きな負担がかかります。

埋没毛になったり、赤みや腫れてしまったりするので、必ず、毛の生えている流れに沿ってシェーバーを動かしましょう。

また、皮膚を押し引っ張りながら処理をおこなうと、きれいに剃れます。

5.長時間の使用、同じ箇所を何度も処理するのは避けましょう

肌に負担をかけないため、長時間の使用は避け、短時間で処理をしましょう。また、同じ箇所を何度も処理する人が多いですが、この行為も肌に大きな負担をかけます。同じ箇所を何度も処理するのは避けましょう。

6.生理前や生理中のお手入れは避けましょう

生理前や生理中は、肌がより敏感になっている時期です。そのため、いつもやっている脱毛法でも、この時期に処理をおこなってしまったがために、肌トラブルが引き起こってしまうこともあります。

自己処理は、生理が終わったタイミングで、おこなうようにしましょう。

シェーバーで脱毛処理していい範囲は?

基本的にシェーバーは、全身を脱毛することが可能です。今では、部位に適したサイズや形の商品が売られているので、処理したい部位のシェーバーを使えば、簡単に安全に全身を処理できます。

ただし、VIOや顔など、皮膚が薄く、肌がダメージを受けやすい部位は、細心の注意を払って処理しましょう。

また、女性用シェーバーの使用をおすすめします。男性用のシェーバーは使っても問題ないですが、女性用の方が、肌に優しい設計になっていることが多いからです。

肌への負担を減らして、安全に脱毛するなら、脱毛サロンがおすすめ

シェーバー脱毛は、自己処理の中では1番肌への負担が少ない処理方法ですが、肌へのトラブルがないわけではありません。正しく使用していても、肌荒れが起きてしまうこともあります。特に女性は、ホルモンバランスによって、肌の免疫力が日々変わります。

そのため、脱毛はプロに任せる方が、安心で安全でしょう。

脱毛サロンKIREIMO(キレイモ)は、肌の負担を最小限にした脱毛機を使用しています。光の刺激によって毛根に刺激を与え、脱毛を行いますが、このとき肌に当てる照射面は-4度!そのため、脱毛直後から毛穴を引き締め、熱による肌へのダメージを抑えてくれます。

また、キレイモには、脱毛サロンでは珍しいドクターサポートのサービスもあります。提携している専門病院があり、施術中に万が一何かあった場合でも、すぐに診察・診療をおこなってくれます。もちろん、治療費はキレイモが全額負担してくれます。

施術後の肌トラブルも、きちんと保証してくれているので、安心して脱毛を受けることができるサロンでしょう。

そのほか、全身脱毛は月額定額9,500円で施術が可能です。全身脱毛のスリムアップコースでは、スキンケアの際に使用するローションがダイエット効果があるものなので、脱毛と同時に痩せることもできるかもしれません!

無料カウンセリンングでは、ハンド脱毛を無料でおこなってくれます。まずは話を聞きに行きませんか?

キレイモで脱毛する

関連した記事

顔脱毛の効果が1番高いのはどんな脱毛方法?:医療脱毛が1番

今回は、顔の脱毛方法についてご紹介します。 ...

2019年07月22日, 脱毛

ブラジリアンワックスでわき毛を脱毛する方法:痛みを軽減させる方法とは?

脇は、セルフ脱毛でも多くの人が処理をしている部位で...

2019年07月22日, 脱毛

いま話題の記事