産毛をシェーバーで処理するのはお肌にいい!?:正しい使い方も紹介

CARE室編集部
公開, 更新 , 脱毛

産毛の処理は、どのように行なっていますか? 産毛が多い顔周りは、自己処理の頻度も多くなりがちな場所ですが、お肌を傷つけず、正しく処理をするのは難しい場所でもあります。 そのため、セルフ脱毛を行うのであれば、それなりの知識を身に付けたうえで、正しく自己処理をするようにしましょう。 また産毛は、顔だけではなく、首や肩、デコルテ周りなども生えやすいです。しかし同時に、この部分は湾曲しているため、自己処理が難しいです。 そこで今回は、産毛を処理におすすめなシェーバーの使い方や、その理由を紹介します。

産毛をシェーバーで剃るメリット・デメリット

あるアンケートによると、7割の人がムダ毛の処理にカミソリを選んでいるようです。もちろん、カミソリで産毛の処理を行うのも間違いではありません。 しかしカミソリは、刃を直接肌に当てるため、お肌への負担がとても多いのです。 そのため、お肌を傷つけにくいシェーバーは、産毛処理に、とてもおすすめなアイテムなのです。そこでまず始めに、産毛をシェーバーで剃るメリット・デメリットを紹介します。

産毛をシェーバーで剃るメリット

シェーバーには、刃の外側にガードが付いていて、ガードの中に入ってきた毛を剃るという仕組みになっています。 刃が剥き出しでは無いため、カミソリとは違い、直接肌に刃が当たることはありません。そのため、初心者でも使用が簡単で、お肌に優しいという特徴があります。 脱毛サロンでも、自己処理には、お肌に優しいシェーバーをおすすめされることが多いです。 また産毛が多い顔も、最近では顔用シェーバーが販売されているので、細かい部分も失敗することなく、綺麗に剃ることができます。

産毛をシェーバーで剃るデメリット

シェーバーは、ガードの中に入ってきた毛しか剃ることができないため、柔らかく、細い産毛は剃り残しができやすいというデメリットがあります。 また、刃が直接肌に当たるわけではないので、カミソリと違い、古い角質を取り除くことはできません。

シェーバーの使い方は?アフターケアは必要?

シェーバーはお肌にも優しく、泡や水が必要ないため、場所を選ばずどこでも脱毛をすることができます。 しかし、正しく使用をしなければ、肌を切ってしまったり、肌トラブルが起こったりします。正しい使い方を守り、安全に脱毛を行いましょう。

シェーバーの正しい使い方は?

?まずは、脱毛したい箇所を清潔にします。顔剃りを行う前は、メイクを落とた状態にしてから脱毛を始めましょう。 ?もし毛が長い場合は、脱毛を行う前に、5?程度にカットしておくのが、おすすめです。 ?脱毛箇所に、シェービングクリームを塗りましょう。水や泡が必要のないシェーバーでも、お肌を保護してから脱毛をすることで、トラブルのリスクを軽減させることができます。 ?脱毛したい箇所にシェーバーを当て、毛の流れに沿って上から下へ軽く当てていき剃ります。 とても簡単ですが失敗しないために、シェーバー脱毛のする際には、下記4点に注意をして、処理を行うようにしましょう。 ・肌への負担が大きいため、必ず上から下へ剃ること ・シェーバーを真横に動かすと肌が切れてしまう恐れがあるので注意 ・同じ箇所を何度も剃ったり、長時間押し付けたりしない湾曲している箇所は、皮膚を引っぱり、なるべく平らにしてから処理をしましょう

シェーバー脱毛の頻度は?

顔全体の産毛は1カ月に1度、鼻の下の産毛は1週間に1度のペースで脱毛を行うと、肌への負担も少ないと言われています。 毎日剃ってしまうと、皮膚の角質まで削り取られてしまい、ニキビなどの肌トラブルが引き起こりやすくなります。 また、生理前や生理中は、肌が敏感な時期です。この期間はなるべく脱毛を避け、生理が終わってお肌の調子が良くなったタイミンングで、自己処理を行うようにしましょう。

シェーバー脱毛後のアフターケアは?

脱毛後は、剃った毛を綺麗に水で洗い流し、化粧水やクリームなどで肌を保湿しましょう。 脱毛後のお肌は、乾燥しており、とても敏感です。低刺激の化粧水やクリームを使用すると、お肌へのダメージが少なくなるので、良いでしょう。 もしも脱毛後に、赤みが出てしまった場合は、患部を冷たいタオルなどで冷やし落ち着かせて下さい。 時間を置いても赤みが引かない場合や、痒みを感じた場合は、肌が炎症を起こしている可能性があります。医療機関で相談をしましょう。

敏感肌の場合はシェーバーで脱毛してもOK?

敏感肌の方はカミソリでは、お肌への刺激が強すぎるため、顔用の電気シェーバーを使用するのがおすすめです。 使用頻度を守り、アフターケアを行えば敏感肌の方でも産毛の脱毛が可能です。

シェーバーの選び方は?

シェーバーを選ぶときのポイントは、「脱毛したい部位が処理できる」、「丸ごと水洗いできるものか」の、2点です。 まずシェーバーを選ぶときは、脱毛したい部位が処理できるタイプか、確認をしましょう。最近では、部位別に様々なタイプのシェーバーがあります。部位だけではなく、肌に負担をかけずに深剃りできるものや、持ち運びに便利なものなどもあります。 次に、丸ごと水洗いできるタイプなのかも確認をしましょう。水洗いできるタイプであれば、常に衛生的にセルフ脱毛をすることができます。シェーバーを洗わずに使い続けると、毛穴から雑菌が入り込み、肌トラブルの原因になります。

産毛脱毛はプロにお願いした方が、美しく・安全に脱毛できる!

産毛が目立つ顔の脱毛は、もちろん自己処理することも可能ですが、肌トラブルが引き起こるリスクは0ではありません。 どんなに清潔なシェーバーで、正しく使用をしたとしても、体調によっては、ニキビができてしまうこともあります。 そこでおすすめなのは、脱毛サロン、ジェイエステティックです。 顔脱毛 ジェイエステティックは、トータルエステサロン。脱毛に関係なく、多くの人を施術してきた実績があるからこそ、お肌に関する知識は、他の脱毛サロンよりも豊富です。 また、ジェイエステティックの美容脱毛は、ヒアルロン酸配合のジェルを脱毛箇所へ塗ってから照射を行います。 このヒアルロン酸のおかげで、お肌をお守りながら脱毛することができ、同時にお肌の保湿もしてくれるので、ツヤツヤ美肌を目指すことができます。 フェイス6脱毛プランは、5,000円で、産毛が目立ちやすい顔を6箇所(各2回)、脱毛してもらえます。1回2,500円だと考えると、かなり安く施術してもらえる、お得なプランだと言えるでしょう。 そしてジェイエステティックには、脱毛メニューだけではなく、フェイシャルメニューもあります。そのため、とても安い価格で、脱毛と同時にフェイシャルエステを行うことも可能です! まずは、話だけでも聞きにいってみませんか? ジェイエステティックの顔脱毛をチェックする

関連した記事

vioをシェーバーで自己処理!剃り方や注意点・アフターケアは?

自分で処理したけど、チクチクするし、皆がどう処理し...

2019年07月22日, 脱毛

意外と気になる肩の脱毛方法紹介:サロン脱毛に肩パーツはない?

夏になり薄着になると気になるのはやはり無駄毛の処理...

2019年07月22日, 脱毛

永久脱毛ってやっぱり痛い?:痛い箇所や痛くない脱毛機もご紹介

ついに水着シーズン到来!彼と海やプールといったレジ...

2019年07月22日, 脱毛

いま話題の記事