永久脱毛ってやっぱり痛い?:痛い箇所や痛くない脱毛機もご紹介

CARE室編集部
公開, 更新 , 脱毛

ついに水着シーズン到来!彼と海やプールといったレジャーへ足を運ぶべく、そろそろ本格的に脱毛をしようと計画している女性も多いことでしょう。

せっかくならば永久脱毛に挑戦していきたいところですが、脱毛初心者の方にとっては「やっぱり永久脱毛痛いのでは?」という不安も同時に感じてしまうものですよね。

そこで今回こちらでは永久脱毛痛い箇所や脱毛機について解説させて頂きます。近々専門店での脱毛を検討している女性は是非参考にしてみてくださいね。

永久脱毛とは?

永久脱毛と聞くと一生ムダ毛が生えてこないと思いがちですが実はこれ、大きな間違いなんです!

電気脱毛協会やFDA(日本の厚生労働省に相当する政府機関)によると、脱毛施術後に"一定量のムダ毛がなくなっていること"を永久脱毛の定義として設定しているそう。

ちなみに永久脱毛は法律上エステサロンでの施術共に「永久脱毛できます」と言った広告の表示は禁止されており、医療機関でのみ許可が降りています。

ただし、ある一定期間適切な施術を受け続けることでエステサロンでも限りなく永久脱毛に近い仕上がりを維持することができますので、現在エステサロンでの契約を検討している方は、スタッフさんに伝えられた施術完了期間まで継続的に通い続けるようにしましょう。

永久脱毛の方法によって痛みの程度が違う?

エステサロンでの施術で主に使用されている光脱毛の場合、出力度数が低いためさほど痛みを感じることはありませんが、永久脱毛ではありません。

そのため、永久脱毛の施術を受けることができるのは、永久脱毛の許可がおりている医療機関であるクリニックのみです。

医療機関で脱毛を受けた施術者の口コミを見ていると「予想以上に永久脱毛痛い!」という意見も多く回っています。

そもそも医療機関での施術法はレーザー脱毛とニードル脱毛の2種類があり、どちらを選ぶかによって痛みの程度が異なります。

ニードル脱毛の場合

ニードル脱毛は針を使いながら一つ一つの毛穴に電流を流し、毛母細胞を死滅させるという施術内容です。毛穴に電流を流すということはその分強い痛みを感じてしまいます。

ただし、クリニックであれば医療行為が可能ですので、痛みに弱い方は施術前に麻酔が受けられるかどうか一度担当の医師に相談してみると良いでしょう。

レーザー脱毛の場合

少しでも痛みを感じることがなく、医療機関での脱毛に挑戦したい!という場合はレーザー脱毛を利用することをおすすめします。

光脱毛よりも出力度数が高いため、人によっては「ほんのり熱い」と感じることもありますが、ニードル脱毛のように毛穴の奥に針をチクチクと刺していくような施術法ではないので痛みはあまり感じにくいです。

また、最近のレーダー脱毛機は進化しているので非常に短い期間で施術を完了できる点も魅力の一つと言えるでしょう。

痛みを強く感じてしまう脱毛箇所はどこ?

「永久脱毛痛い」と感じてしまうのは個人差があるものの、脱毛する部位によっても感じ方が変わりやすいです。特に脇や足の甲、VIOゾーンなど全身の中でも皮膚が薄い部位や、皮膚の近くに神経が通っている場所ほど永久脱毛痛い!と感じてしまいます。

また、乾燥している状態のお肌はバリア機能が低下しており、外部からの刺激を受けやすいため永久脱毛することで我慢できないくらいの痛みを感じてしまう可能性も。

痛みを避けるためにも日頃からしっかりとボディケアを行い、当日は十分な睡眠をとって体調を整えておくよう心がけましょう。

レーザー脱毛機の痛みを比較!

レーザー脱毛機の中にも色々と種類があり、中でも「YAGレーザー」というマシンは濃く根深い男性のムダ毛にも対応していることから、痛みに敏感な女性が受けてしまうと比較的痛みを感じやすいです。

できるだけ痛みを感じずに施術を受けたいという方はドイツのアクレピオン社が開発した「メディオスターNeXT PRO」を選ぶことをおすすめします。

関連した記事

メディオスターNeXTの脱毛効果とは:痛みやメリットデメリット

最近、痛みの少ない脱毛方法としてメディオスターNe...

2019年07月22日, 脱毛

ブラジリアンワックスで顔脱毛:メリット・デメリットを紹介

ブラジリアンワックスと言えば、アンダーヘアの脱毛の...

2019年07月22日, 脱毛

最近はむしろエチケット?パイパンのメリット・デメリット7つ

アンダーヘアを全て完全脱毛するパイパンですが、別名...

2019年07月22日, 脱毛

いま話題の記事