レーザー脱毛が痛い原因と軽減法:日焼けに注意しよう

CARE室編集部
公開, 更新 , 脱毛

レーザー脱毛はかなり痛いといわれていて、その不安からレーザー脱毛の開始をためらっている人がいるかもしれません。 実際にネット上の口コミや体験談を調べてみると、痛かったという意見が多いです。 では、レーザー脱毛はなぜ痛いのでしょうか。今回はレーザー脱毛が痛い理由、部位によって痛みの強さは違うのか、痛みを軽減させる方法に関して紹介していきます。

レーザー脱毛を痛いと感じてしまう理由

レーザー脱毛は黒い毛をレーザーで加熱して毛の細胞を破壊することから、皮膚の中で軽い火傷を起こすことで、痛みが生じやすいといわれています。 レーザー脱毛に痛みというのはつきもので、痛くないと細胞の破壊が行われず、永久脱毛効果がなくなってしまいます。 では、その痛みは部位によってどれだけ差があるのでしょうか。

痛みを強く感じてしまう脱毛箇所

一般的に髭やデリケートゾーンが痛みを感じやすいといわれています。 ビキニラインや肛門周りは皮膚が薄いため、痛みを感じやすいです。さらに、濃い毛が密集しているので痛みを強く感じやすくなっています。 濃い毛が密集している髭の脱毛も痛みが大きく、特に鼻の下などの脱毛による痛みは強いようです。 また、日焼け後の肌は乾燥しているので脱毛を行うと痛みを感じやすいです。日焼けして肌が黒くなることで、痛みを感じる場合もあります。 脱毛による光はメラニン色素に反応するため、脱毛前後に日焼けをしてしまうと効果が低下してしまうことがあるため、注意が必要です。

自分でできる、痛みを軽減する方法

レーザー脱毛の痛みを軽減するために、自分でできることを3つ紹介します。

しっかりと保湿を行う

脱毛を行う際、乾燥は痛みを伴いやすくなるため、脱毛の施術前後に保湿ケアを行うことが大切です。 肌に潤いがあることで痛みが軽減するので、脱毛サロンに通うことになったら、毎日の保湿ケアを欠かさず行いましょう。

生理中や前後の脱毛はやめる

生理中やその前後の肌はホルモンのバランスによって刺激に敏感になっている可能性があります。 皮膚のバリア機能も低下して、痛みを感じやすくなっていることも多いので避ける方がおすすめです。

日焼けをしないようにする

日焼け後は肌が乾燥しているため、痛みを感じやすく、さらに日焼けにより脱毛の効果が低下するともいわれています。 脱毛をする前から、紫外線対策はしっかり行うことが必要です。

サロンにお願いできる、痛みの軽減方法

自分でできる痛みの軽減方法だけでなく、サロンにお願いすることができる方法もあります。 今回は代表的なものを2つ紹介するので、痛みに敏感な人は、ぜひ脱毛の担当者に伝えてみてください。

冷やす

多くの医療機関では、冷たいジェルや保冷パックで治療部位を冷やしながらレーザーの照射を行います。 治療部位を冷やすことで痛覚が鈍り、痛みが軽減するようです。また、冷やすことでレーザー照射後の炎症を防ぐ効果もあります。

レーザーの出力を下げてもらう

レーザーの出力が高いほど、痛みも大きくなります。どうしても耐えられないほど痛いときは、レーザーの出力を少し下げてもらうようにしましょう。 レーザーの出力を下げると、脱毛効果も下がります。1回の治療の脱毛効果が低下すると、脱毛完了までに必要な治療回数が増え、費用もかさんでしまうことがあります。 そのため、できるだけ少ない回数で費用を抑えたいという人は、注意しましょう。

関連した記事

眉の脱毛の方法まとめ:顔の形に合わせた理想の眉の形は?

多くの人は自己流で眉のお手入れをしていますが、左右...

2019年07月22日, 脱毛

産毛をシェーバーで処理するのはお肌にいい!?:正しい使い方も紹介

産毛の処理は、どのように行なっていますか? 産毛が...

2019年07月22日, 脱毛

自己処理が難しい背中の医療脱毛:後ろ姿に自信をつけよう!

自分ではなかなか背中のムダ毛処理が難しく、プロの手...

2019年07月22日, 脱毛

いま話題の記事