シェーバーで脱毛するときのメリット・デメリット:手軽で肌に優しい!

CARE室編集部
公開, 更新 , 脱毛

かみそりは気軽にいつでも簡単に脱毛が出来ます。しかし、長期間の使用や間違った使用方法により毛穴の炎症を悪化させたりします。 今回は、かみそり負けを避けるため電気シェーバーでの脱毛を考えている方、かみそりでの自己処理しかしたことがない方への紹介です。 女性が電気シェーバーを使用するメリット・デメリットを理解し、正しい脱毛方法の参考にして下さい。

シェーバーで脱毛するメリット

コストが安い

エステサロンや脱毛サロンに通うよりコストが安いことです。全身脱毛を考えると月額で考えると安くても、トータル金額で考えると平均して約20~30万です。 電気シェーバーの場合高いものでも1万程度での購入が可能で、ドラックストアなどでも気軽に購入ができます。 また、自宅での脱毛が可能なため自分の空いた時間にできる事も良い点と言えます。サロンに通う時間内に終わるからです。

かみそりに比べ肌に優しい

電気シェーバーは内刃が直接肌に触れない構造になっています。そのため、肌を傷つける心配が無く安全に脱毛が行えます。 かみそりの場合、失敗すると出血をするとともに肌に傷ができ、跡になってしまう場合もあります。また、かみそりは長期間使い続けることで色素沈着や肌荒れの原因にもなります。

持ち運びが可能

女性用の電気シェーバーは見た目もおしゃれで可愛いものが多く、コンパクトタイプであるため持ち運びがしやすいです。 自宅以外でも気になった時や空いている時間に脱毛ができます。

手軽に脱毛ができる

サロンや誰かに頼まなくても一人で手軽に空いた時間にサッと脱毛が可能です。 脱毛をしたいが忙しくてサロンに通えない方や肌が敏感でかみそり負けをする方でも脱毛が可能です。

シェーバーで脱毛するデメリット

定期的に行う必要がある

低予算でいつでも脱毛が行えますが、時間とともに毛は生えてきます。そのため、定期的な脱毛が必要となってきます。 日々忙しくてシェービングをする時間がとれない人には大変かもしれません。 しかし、肌の露出が多い日のみ電気シェーバーを使用し脱毛を行うのも一つの手ではあるかもしれません。

深剃りができない

肌の古い角質まで剃り落とすかみそりとは違い、肌に直接内刃が触れないため深剃りができません。 肌には優しいですが仕上がりはかみそりほど美しくはないかもしれません。

正しいシェーバーの使い方

肌に押し付けて使用しない

シェーバーでは深剃りが出来ないため、肌に強く押し付けて使用する人もいます。 しかし、押し付けすぎるとうまくシェーバーの刃が機能せずにきれいに脱毛ができなくなります。 シェーバーを使用する際は、肌の上を滑らせるように使用します。

毛の生えている流れに沿って使用する

毛の生えている流れに逆らってシェービングすることを逆剃りと言います。 逆剃りを行うことで肌への負担は大きくなり、肌荒れを引き起こす原因にもなりかねないため、毛流れに沿って行います。

何度も同じ箇所を行わない

同じ箇所を何度も強くシェービングを行うことも避けましょう。 きれいに仕上げたい時は、手で皮膚を引っ張り毛が立った状態で行うと良いです。 また、電気シェーバー用のジェルやクリーム、ローションを使用することで肌への負担を軽減できます。

脱毛後はケアをしっかり行う

肌には優しいですが少なからず肌には刺激になっているため、アフターケアはしっかりと行います。 化粧水やローションを使用し、シェービング後の乾燥した肌をしっかりと肌の保湿を行って下さい。

電気シェーバーで手軽に脱毛

今回は、シェーバーで脱毛する際に知っておきたいことについて紹介しました。 正しく電気シェーバーを使用して安全に肌を傷つけず脱毛を行ってください。 そして、電気シェーバーを使用するデメリット、アフターケアもしっかりと理解し、ムダ毛のないつるつる肌を手に入れて下さい。

関連した記事

脱毛で脇汗増えるってほんと?汗が気にならなくなる方法も紹介!

脇を脱毛すると脇汗が多くなるという話を聞いたことが...

2019年07月22日, 脱毛

アンダーヘアのチクチクの原因と解消法紹介!脱毛せずに改善するには?

アンダーヘアを脱毛サロンなどで、またはカミソリやワ...

2019年07月22日, 脱毛

毛抜き脱毛はリスクが高い!?今すぐやめたほうがいい理由とは?

毛抜き脱毛は、時間はかかりますが、毛を抜いたあと、...

2019年07月22日, 脱毛

いま話題の記事