背中ニキビの原因と対策法を紹介:痛みを感じたら皮膚科へ

CARE室編集部
公開, 更新 , ニキビ

水着を着る機会や、肌が出るようなドレスを着る機会があるときに気になるのが、背中のニキビ。普段気にしていなくても、イベントの前に焦った経験がある、という方もいるのではないでしょうか。

背中は手が届きにくく、ケアをしにくいので、早めに治したいものです。また、ずっと背中ニキビが治らない場合は、カビの一種の可能性も考えられます。

今回は、背中ニキビの症状や原因、対策法などを紹介します。

背中ニキビが治らなくて困っている方には、プロアクティブ+がおすすすめ。

プロアクティブ+は日本売上No.1のスキンケア用品で、毛穴汚れを取り除き、清潔な肌をキープする手助けをしてくれます。ぜひチェックしてみてください。

大人のニキビ予防「プロアクティブ+」をチェック

背中ニキビの症状

ニキビ全てに言えることですが、ニキビは毛穴がつまり、そこにアクネ菌が反応して炎症したものです。背中は、汗腺も多く肌の角質も厚いのが特徴。

また、衣類などで蒸れたり擦れたりするので、ニキビが悪化しやすく、気が付けばニキビが進行している、ということもあります。

痛み

ニキビが痛くなるのは、炎症しているからです。汗腺が多い背中は、油分が毛穴につまりやすくニキビが出来やすいのですが、そこに衣類が擦れたり蒸れたりすると、ニキビは悪化して炎症を起こします。

炎症を起こしているニキビは、赤く膨らんでいることが多いです。

かゆみ

かゆみを伴う背中ニキビの場合は、肌の乾燥やホルモンバランスの乱れが原因と考えられます。汗が原因でニキビになるイメージがあるので、ニキビと乾燥が繋がらない方もいるかもしれません。

実は、肌は乾燥したりホルモンバランスが乱れたりすると、肌を守るために余計な油分を出します。

この油分が、アクネ菌と反応するとニキビになります。しかも、乾燥による余計な油分が出る時は、肌にかゆみが出ることが多いのです。つまり、ニキビがかゆいのではなく、肌が乾燥して余計な油分を出しているタイミングにかゆくなります。

大きいシコリ

大きいシコリのようになってしまった場合は、ニキビの悪化が進行し、肌の奥まで炎症していると考えられます。この場合は痛みを感じないのが特徴で、悪化が進行しているため治りにくい状態です。

ニキビが出来てからも、お風呂に入る時にこすりすぎていたり、リュックサックをずっと背負っていたりしていると、ニキビに負担をかけ、悪化してしまいます。

背中ニキビの原因

背中ニキビができる原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

きちんと背中を洗えていない

お風呂で体を洗うとき、背中に自分の手が届きにくいため、しっかり洗えていないことや、またナイロンタオルを使うことで洗いすぎてしまっていることもあります。

洗い残しがあると、古い角質や余分な皮脂がたまり、毛穴が詰まってしまいます。シャンプーやリンスなども肌にとっては異物であるため、肌に残ると角質が残ってしまいます。

ストレス

不安や怒りを感じると自律神経がバランスを崩し、皮脂が過剰分泌してしまいます。これにより、毛穴が詰まりニキビができてしまうのです。

急激な温度変化や乾燥、紫外線などのような肌ストレスもニキビの原因になります。

衣類による蒸れ、摩擦

背中は汗腺が多くあるので汗をかきやすく、清潔に保つのが難しい場所です。また衣類などで通気が悪く蒸れやすいため、衣類の摩擦もニキビの原因の1つになります。

使っている衣料用洗剤が肌に合っていない場合もニキビができてしまうことがあるので注意するようにしましょう。

背中ニキビの対策法

背中ニキビができないようにするためには、日頃のケアが重要になってきます。顔とは違うから、と雑に扱っていては、背中ニキビができてしまうので気をつけましょう。

顔のように扱う

お風呂に入る時、体だし背中は見えないから、とゴシゴシと体を洗っていませんか?背中も顔のように優しく洗うことが大切です。

背中は、汗腺が多い場所で汗をかきやすい場所です。夏だけでもいいので、日中にインナーを取り替えるなどして常に清潔に保つことをしましょう。

保湿をする

乾燥も、ニキビの原因になります。お風呂上がりは特に肌が乾燥します。化粧水やボディークリームなどを塗るようにして保湿しましょう。

生活習慣を整える

やはり生活習慣は大切です。睡眠時間は十分に取るようにして、食事はバランスよく食べましょう。ニキビ予防には、ビタミンが効くと言われます。食事で取るのが難しい場合は、サプリメントなどを活用しましょう。

背中ニキビができてしまったときの対処法

では、実際に背中ニキビができてしまったときはどのように対処したら良いのでしょうか。

皮膚科での治療

背中ニキビができて1ヵ月ほど経っても治らない場合は、早めに皮膚科に行って診てもらいましょう。皮膚科での治療は様々ですが、一般的なものでは、ピーリング治療があります。

これは、古い角質によって厚くなった皮膚を、専用の薬品で柔らかくすることによって、ターンオーバーを整えます。ターンオーバーとは肌の生まれ変わりの周期のことです。

値段は15,000円ほどからです。何度か通う必要があるかもしれません。

スキンケア用品を使ってみる

背中ニキビができてしまったけど、皮膚科に行く時間がないという方はスキンケア用品を使ってみるのも対処法の1つです。プロアクティブ+は、ニキビケアとスキンケアを同時にすることができる日本売上No.1のスキンケア用品です。

3ステップで24時間ニキビにアプローチし、毛穴汚れを取り除き、清潔な肌をキープしてくれます。使い切っても60日間返金保証が付いているので、気軽に申し込んでみてください。

大人のニキビ予防「プロアクティブ+」をチェック

関連した記事

鼻ニキビのジンクスとは?:もしかしたら両思いかも?彼との関係を占おう!

ニキビは、できる場所によって意味がある、という話を...

2019年07月22日, ニキビ

いま話題の記事