デコルテニキビが夏にできやすいのはなぜ?:簡単セルフケアをご紹介

CARE室編集部
公開, 更新 , ニキビ

ネックレスをつけていたら「痛いっ」。鏡で見ると、デコルテにニキビができていたという経験はありませんか? 実はデコルテや胸元は、意外とニキビができやすい場所といわれています。 特に夏はデコルテが見えやすい服装が多いですから、嫌だという女性が多いです。 そこで今回はニキビができてしまった時の対処法や予防法を紹介します。

デコルテニキビはなぜできる?

デコルテニキビの対処法や防ぎ方を知る前に、デコルテにできるニキビの原因を理解しておきましょう。

皮脂の分泌が多い場所

デコルテは皮脂の分泌が多い場所といわれています。 皮脂の分泌が多いということは汗をかく量が多い場所ということです。 汗をかいて時間が経つと、毛穴が詰まりやすくなり、そこにアクネ菌が反応するとニキビができてしまいます。 顔のテカリやすいところにニキビが出来やすいのと同じ仕組みなのです。

生活習慣

ストレスや睡眠不足、食生活の乱れはホルモンバランスの乱れを引き起こすものです。 このホルモンバランスの乱れにより、新陳代謝が悪くなることで、肌のターンオーバーが遅くなります。 つまり古い角質がそのまま残っているような状態です。古い角質により毛穴がつまりニキビができることにつながります。

デコルテニキビを治すためのセルフケア

初期の頃のニキビは自分で治すことができることがあります。 1ヵ月程度経っても治らない場合は、皮膚科に行くとよいでしょう。

顔と同じように保湿をする

まずは顔と同じように化粧水などで保湿することが大切です。 古い角質が残っている場合は特に、化粧水で肌を柔らかくすることも必要になります。 顔よりも手頃な価格のものでも良いので、毎日化粧水をつけるようにしましょう。

紫外線から守る

顔にしか日焼け止めを塗っていないという方は注意です。紫外線はニキビを悪化させる原因になります。 日差しの強い夏の時期は特に、ニキビに過度な摩擦を与えない程度に優しく日焼け止めを塗ってください。 他にも日傘を持つなど、ニキビが紫外線に当たらないように気をつけることが大切です。

デコルテニキビができないようにするための予防法

ニキビができてしまった後のセルフケアを紹介してきましたが、次はニキビができないようにするための予防法を紹介します。 デコルテニキビだけでなく、他の部位のニキビにも共通している予防法のため、ぜひ試してみてください。

清潔に保つ

第一に、皮膚を清潔に保つことを常に意識しましょう。 汗をかいたらこまめにふくだけでも変わってきます。また、外の空気や花粉など外気の汚れによってもニキビはできてしまうので注意が必要です。 空気が汚れていると思うところに出かけたら、皮膚をふく習慣をつけると良いといわれています。 インナーも常に綺麗な物を着用し、汗をかきやすい人は夏場だけでも日中にインナーを着替えることも予防につながるでしょう。 可能であれば、風通しの良い服を選ぶとより良いでしょう。

生活習慣を整える

ニキビだけに限られたことではないですが、生活習慣を整えることが大切です。 できるだけストレスをため込まず、リラックスする時間をとることを心がけてください。 同じものを食べ続けるのもよくないので、バランスの良い食事を取ることが大切です。 肌に良い成分とされているビタミンは、積極的にとるとよいでしょう。 ビタミンを食事に取り入れることが難しい場合は、ビタミン剤で補うこともおすすめです。 日頃のちょっとした習慣から変えていき、ニキビのできにくい肌を目指しましょう。

関連した記事

乾燥肌でもニキビはできる?:気になる原因と対処法を紹介!

乾燥肌なのにニキビができた、という経験がある方は多...

2019年07月22日, ニキビ

大人ニキビの原因とは?正しい方法でケアをして美肌を目指そう

昔はニキビに悩むことはなかったのに、社会人になって...

2019年07月22日, ニキビ

ニキビ跡の色素沈着は諦めなくてもいい!まずは進行を止めることが大事

大事なお肌に残ったニキビ跡、特に色素沈着したニキビ...

2019年07月22日, ニキビ

いま話題の記事