肌・脱毛の悩みに向き合うメディアCARE[ケア]

ニキビ跡のシミを改善する塗り薬・飲み薬5選:セルフケアできれいなお肌に

CARE 編集部
公開, 更新 , ニキビ

ニキビを放っておいたら、シミのような跡ができてしまったという経験はありませんか。 セルフケアは無理だと諦めてしまいがちなニキビ跡ですが、症状によってはある程度改善することが可能です。 今回はニキビ跡のシミの色が違う理由や、シミの色によって異なるケア方法について説明します。

ニキビ跡にできるシミの色に注意:あなたのシミは何色?

ニキビ跡のシミには、紫と茶色の2種類があり、それぞれ原因が異なります。

紫のシミ

1つ目は、紫色をしたシミになります。 紫のシミになるのは、ニキビが炎症を起こすことによって肌の奥にある毛細血管が傷ついてしまうからです。 毛細血管が傷ついて内出血を起こすと、赤血球の成分であるヘモグロビンが肌に色素沈着を起こし、紫のシミとして症状に現れてしまいます。 悪化させないようにスキンケアを心掛ければ、紫から黄色と次第に薄くなり跡は消えるでしょう。

茶色のシミ

2つ目は茶色のシミが残った状態。ニキビ跡のシミで多く見られる、メラニンが色素沈着を起こした状態です。 ニキビが炎症を起こした状態の肌は、肌表面や毛穴の色素細胞が活発になります。 色素細胞はメラニンを作る性質を持っているため、メラニンの分解と排出にターンオーバーが追いつかなくなると、色素沈着を起こしシミとして跡が残ります。 治すための早めの対応はもちろんですが、状態によっては皮膚科を受診することも検討してください。

ニキビ跡を薬でセルフケアしよう

このように、紫色のニキビ跡は悪化させないよう注意することで改善されるようです。 そこで、今回は色素沈着によっておこる茶色のニキビ跡を改善するおすすめの塗り薬・飲み薬5選を紹介します。

ニキビ跡のシミを改善する塗り薬

色素沈着を改善するためには「ビタミンC誘導体」や「ハイドロキノン」が含まれた塗り薬を選ぶようにしましょう。 これらは、メラニン色素を作用する働きをもつチロシナーゼの発生を抑えてくれます。したがって、色素沈着の予防や改善の効果が期待できます。 ターンオーバーを促す「レチノール」や「ビタミンE誘導体」も、シミの修復に有効です。 ニキビ跡の色素沈着に効果がある「ハイドロキノン」は、刺激がやや強いため体質によってはアレルギーを起こしてしまうこともあります。 ニキビの炎症が強いときには避け、ある程度症状が治まった頃から使い始めるようにしましょう。 また、紫外線によりシミができてしまうこともあるので、使用するのは日の当たらない夜のみにするのがオススメです。 これらの有効成分が含まれた市販の塗り薬には「小林製薬 ケシミンクリーム」「メンソレータム メラノCC美容液」などがあります。

ニキビ跡のシミを改善する飲み薬

飲み薬も、塗り薬と同じように「ビタミンC」が配合されたものや、メラニン生成を抑える「アミノ酸」が含まれたものを選びましょう。 これらの多くは、安全・健康上のリスクが低い第三類医薬品として販売されているので、コンビニやネット通販で購入することも可能です。 特定の種類の栄養素だけをサプリで摂取するよりも、肌に良い成分がバランス良く配合された飲み薬の方が、ニキビ跡の改善には効果的といわれています。 有効成分を多く含む飲み薬には「エーザイ チョコラBBルーセント」「エスエス製薬 ハイチオールCホワイティア」「シオノギ製薬 シナールEX」などがおすすめです。

気になる人は皮膚科で受診しましょう

今回紹介した方法を根気よく続ければ、自力でもニキビがケアできる可能性があります。 しかし、自己判断による間違ったケアが、返って症状を悪化させてしまうことも少なくありません。 見た目だけでは症状の重さはわかりづらいため、シミが気になる人はまずは一度皮膚科を受診することをおすすめします。

関連した記事

妊娠中にニキビができる理由と対処法:ホルモンが影響してみだれ肌に…

妊娠するまではとくにトラブルがなかったのに、妊娠し...

2019年07月22日, ニキビ