脱毛クリームの効果・使用方法:セルフ脱毛で美肌になろう

CARE室編集部
公開, 更新 , 脱毛

脱毛を考えたことがある人なら、一度は脱毛クリームでの脱毛も考えたことがあるでしょう。 けれど脱毛クリームでの脱毛には、本当に効果があるのか、痛みが出たり肌が荒れたりしないか、誰にでもできるか、といった悩みが付き物です。 今回は、脱毛クリームの様々な疑問を解決するため、脱毛クリームの効果や効果的な使用方法を紹介します。オススメの脱毛クリームも紹介しているので、気になった人はぜひ一度、脱毛クリームを使った脱毛に挑戦してみてください。

脱毛クリームで脱毛できる理由

脱毛クリームは、チオグリコール酸カルシウムという成分で、ムダ毛を溶かすと言われています。 チオグリコール酸カルシウムの主な作用は、タンパク質を分解する作用です。そのため、肌に塗ることで、成分が肌に入り込み、肌の表面上に出ている毛だけを取り除く方法で、脱毛できるという仕組みになっています。もちろん肌が溶けることはないので、安心して利用することが出来ます。 しかし、脱毛クリームでの脱毛は、カミソリや電気シェーバーで毛を剃ることと同様、毛を根本から抜くわけでも、毛根組織に働きかけるわけではないため、完全に毛をなくすことはできません。

脱毛クリームの効果的な使い方

次に、どのように脱毛クリームを利用するのが効果的なのかを紹介していきます。 効果的に脱毛クリームを使って、キレイな肌を手にいれましょう!

肌を温める

肌を温めておくと肌と毛が柔らかくなるため、より脱毛効果を促進することができます。 温かいシャワーや湯舟につかることで、肌を温めておくと良いでしょう。

乾いた肌に使用する

脱毛クリームは、肌に直接乗せて5分ほど置くことでムダ毛を分解する脱毛方法なので、肌が濡れた状態ではクリームが上手く乗らず、脱毛効果が薄れてしまいます。 お風呂のあとなどに使用する場合は、しっかり水気をふき取ってから脱毛クリームを塗るようにしましょう。

厚めに塗る

脱毛クリームは、上手くクリームが付いていない部分は脱毛できません。 脱毛クリームを厚めに塗ることで除毛しやすくなるので、ムダ毛がしっかり隠れるように厚く塗るのがポイントです。

おすすめ脱毛クリーム

最後に、脱毛クリームの効果や、効果的な使い方を知って、脱毛クリームを使ってみようと思った人のためにオススメの脱毛クリームを紹介します。気になった人はぜひ一度使ってみてください!

ヴィート バスタイム除毛クリーム 敏感肌用

敏感肌用なので、肌荒れが心配な人も安心して使うことができます。 まれに肌がかぶれたり、湿疹が出ることもあるため、脱毛クリーム初心者は、なるべく刺激の少ない敏感肌用でまず試してみることをおすすめします。 589円(105グラム)で買うことができるので、気軽に始めることができるのも嬉しいポイントです。

ヴィート バスタイム専用除毛クリーム 普通肌用

普通肌用の脱毛クリームで、しっかり脱毛できるタイプです。アボカドオイルが配合されているため、しっかり脱毛しながら保湿もできます。 デリケートゾーンなど毛量が多く、太い毛を脱毛したい場合は、敏感肌用のものでは脱毛効果が薄れてしまう可能性があるので、普通肌用を使用のがオススメです。

関連した記事

脱毛スプレーとは?気になる効果や、お肌への負担についても紹介

最近、雑誌やSNSなどでも話題の脱毛スプレー。脱毛...

2019年07月22日, 脱毛

脱毛すると乾燥肌になるって本当?その原因と予防法を紹介!

自己処理で脱毛すると、肌の調子がそこだけおかしい、...

2019年07月22日, 脱毛

ニードル脱毛(美容電気脱毛)のメリット・デメリット:永久脱毛はできるが痛みが強い

脱毛といえば光脱毛やレーザー脱毛が有名ですが、ニー...

2019年07月22日, 脱毛

いま話題の記事