朝起きたらまぶたのむくみが気になる!原因とおすすめの解消方法を紹介

CARE室編集部
公開, 更新 ,

朝起きて鏡を見たとき、顔のむくみがひどくて自分じゃないみたい、と驚いた経験がある方も多いでしょう。 顔のむくみの中でも、特にまぶたがむくむと、顔の印象もかなり変わってしまいます。 目つきが悪く見えたり、やる気のなさそうな目に見えてしまうので、嫌だという方が多いです。 大事な予定の日の前日は、まぶたがむくまないようにと祈りながら寝る方もいるほど。 今回は、女性の天敵とも言える、まぶたのむくみの原因と改善法を紹介します。

まぶたがむくんでしまう原因とは?

まぶたのむくみは、実はすぐに改善できる原因であることがほとんど。 まずは、気になるまぶたがむくんでしまう原因を見ていきましょう。

まぶたをこすりすぎている

まぶたがむくむ原因としては、いくつかの理由が考えられます。 そのうちの1つが、まぶたをこすりすぎているということです。 寝ている間に無意識にこすってしまっていたり、アイメイクを落とす時に必要以上にこすってしまっている場合があります。 まぶたの裏側には血管があり、こすりすぎることによってその血管が腫れ、目がむくんでしまうのです。

飲酒

お酒をたくさん飲んだ次の日は、まぶただけではなく顔全体がむくんでいるという方は多いのではないでしょうか。 お酒を飲むと、血管が広がり血流がゆっくりになってしまいます。 血流の流れがゆっくりになる=血流の流れが悪くなる、ということ。 血流の流れが悪くなると、老廃物がたまり目がむくんでしまいます。 次の日に大事な予定がある日は、お酒はほどほどにした方が良いでしょう。

寝すぎ

いつもよりかなり多く寝てしまったという日の朝は、顔がむくんでいませんか。 これは、長時間同じ姿勢で顔に水分が溜まってしまっている状態です。 日中普通に過ごしていれば、重力で水分も下半身に流れますが、むくまないためには寝すぎにも注意が必要です。 枕が低すぎると同じようなことが起きるので、気をつけた方がいいでしょう。

塩分の取りすぎ

塩分をとると、身体は体内の塩分の濃度を一定にしようとして、水分を蓄えます。 塩分の多い食事を摂ると、喉が乾くのです。 水分がないと、血液やリンパの流れが滞るので、まぶたなどのむくみの原因となります。 居酒屋のメニューなどの外食は、塩分が高いものが多いので、気をつけた方がいいでしょう。

まぶたのむくみの解消方法とは?

まぶたのむくみの原因を解消する方法として、マッサージなどがあります。 自宅で簡単にできるものから、仕事場でも手軽に行えるものなどがあるので、試してみてください。

温かいタオルと冷たいタオル

温かい蒸したタオルと、冷たいタオルを交互に目の上に乗せる方法です。 蒸したタオルは、濡れたタオルを電子レンジで1分温めるだけ。 冷たいタオルは、タオルを氷水で濡らすとできます。 目の上に交互に30秒~50秒ほど乗せるのを3セットほど繰り返すと、目元の血流がよくなり、むくみ解消に繋がります。

目頭と眉毛の付け根あたりのツボを押す

目頭と眉毛の付け根の間あたりにツボがあります。 そこをぐーっと、10秒ほど押すのを5回繰り返しましょう。 そこのツボを痛気持ち良いくらいの力で押すと、目の奥がジーンとした感覚になります。 このマッサージは、むくみ解消だけではなく、目が疲れた時にも効果的です。

顔のマッサージ

まぶたがむくんでいる時は、顔全体もむくんでいる時があるので、顔のマッサージも効果的。 クリームかオイルを顔に塗り、指をすべりやすくしてから行うと肌への、摩擦を防ぐことができます。 目の横のこめかみあたりを、ぐるぐると円を描くようにマッサージしましょう。 30秒くらいすると、目がスッキリしてきます。 まぶたがむくんでしまったという方は、ぜひ試してみてください。

関連した記事

いま話題の記事