首にニキビができる理由とは?:お肌の老化が原因かも…

CARE室編集部
公開, 更新 , ニキビ

若い頃はニキビができたり肌が荒れたりしなかったのに、大人になってからニキビに悩み始めたという方はいませんか? 大人ニキビといわれるもので、若い頃にできていたニキビとはまた原因が違うので大人になってから増えたという方がいます。 顔のフェイスラインやその下の首にまでニキビができたという方は、それは大人ニキビの可能性が高いです。 今回は首にできるニキビについて、ニキビができる原因や治し方などを紹介します。

首にニキビができる理由

首や顔のフェイスラインといったいわゆるUラインと呼ばれる場所にできるニキビは大人ニキビの可能性が高いです。 大人ニキビとは、20代後半になってから出るもので、皮脂が多く分泌されることでできていた思春期ニキビとは違う原因で、できてしまう場合が多いです。 しかも思春期ニキビと比べ治りにくいのが特徴なので、できてしまうと厄介なニキビでもあります。 では、なぜその大人ニキビが首にできてしまうのか、チェックしていきましょう。

肌の代謝・ターンオーバーが悪くなった

肌の代謝が悪くなると、お肌を再生させるターンオーバーが滞り、古い角質が新しい角質に生まれ変わるスピードが遅くなります。 その残ってしまった古い角質が、お肌に残り続けてしまうと、角質は固くなり、毛穴をふさいでしまいます。結果、毛穴のつまりを起こし、ニキビになってしまうのです。 ターンオーバーが遅くなる原因は睡眠不足や、運動不足、バランスの悪い食事が原因です。 社会人になると、睡眠時間が減ったり、野菜不足になりやすいため、ニキビが発生しやすくなってしまうのです。

自律神経やホルモンバランスの乱れ

思春期ニキビができる原因と似ていますが、ストレスを過度に感じてしまうと、人間はホルモンのバランスが崩れます。 ホルモンのバランスが崩れることにより、皮脂の分泌を体が上手くコントロールできなくなり、結果皮脂が過剰に分泌されて毛穴のつまりを起こしてしまうと、ニキビができてしまうのです。

乾燥

皮脂の分泌だけではなく、乾燥もニキビのできる原因となります。 通常お肌に付着した雑菌は、お肌の上の水分がバリアの機能を果たしてくれていますが、乾燥している状態のときは、雑菌をバリアしてくれるものが無くなってしまうため、肌のバリア機能が低下してしまうのです。 そのため、保湿をしておくことはニキビ予防に繋がるのです。

首のニキビの治し方

首にニキビができてしまう原因を紹介しましたが、それでは首にニキビができてしまったときは、どのように治せばいいのでしょうか? 首のニキビの治し方を紹介します。

しこりがあるニキビの治し方

触ると痛くしこりのようになってしまっているニキビは、毛穴の奥深くから炎症しているサインです。 主な原因はホルモンバランスの乱れからきているといわれています。 まずは、偏った食生活や睡眠不足など生活習慣を見直しましょう。また喫煙している人は控え、健康的な生活を心がけてください。 そして、潰したりはせず、市販のニキビ薬を塗って様子をみましょう。あまりにも大きいニキビや、痛みを伴うニキビの場合は、自分で処置せず、すぐに皮膚科に行くことをおすすめします。

かゆみがあるニキビの治し方

かゆみがある場合はつらいですが、かゆいからといって皮膚を傷つけないようにしましょう。 ニキビが跡になってしまう可能性があります。 かゆみがある場合は、顔と同じスキンケアの手順でたっぷりと保湿し、ドラッグストアなどに売っているニキビの薬を塗りましょう。もしそれでも治らない場合は皮膚科を受診してください。

首ニキビにいいと言われている市販薬

首ニキビにおすすめの市販薬は「メルライン」です。 あごニキビ専用の薬なのですが、あごと首にできるニキビはできる原因が似ているので効くと言われています。 ニキビが治るだけではなくニキビが出来にくくなたという方もいるそうです。 「メルライン」 公式URL:メルライン お試しセットも購入することができるので、ぜひ試してみてください。

関連した記事

こめかみニキビができる原因:対処法や予防法を詳しく紹介

こめかみや眉尻にニキビが出来たという経験はありませ...

2019年07月22日, ニキビ

大人ニキビの原因とは?正しい方法でケアをして美肌を目指そう

昔はニキビに悩むことはなかったのに、社会人になって...

2019年07月22日, ニキビ

いま話題の記事