あごニキビを治す方法5選:あごニキビに膿が溜まっている時の対処法は?

CARE室編集部
公開, 更新 , ニキビ

ニキビが出来やすい部位の1つとして、あごニキビが挙げられます。あごは汗腺はほとんどありませんが、皮脂腺はとても多く存在している場所です。

過剰な皮脂分泌で詰まりを起こしやすく、悪化しやすいのもあごニキビの特徴。あごは隠すことが出来ない部分なので、できればニキビは作りたくありませんよね。

もしあごに大量のニキビができてしまったら、外出することも人とも会うのも嫌でひきこもりたくなるかもしれません。今回は、そんなあごニキビを治す方法を紹介します。

パルクレールでニキビ対策

あごニキビができる原因とは

そもそもニキビができる原因になるのは皮脂。皮脂過剰に分泌されると、皮脂が毛穴が詰まってしまい化膿をしてしまった状態になるとニキビになるのです。

そして顎はあまり汗をかかない部分です。そのため、もともと毛穴自体があまり発達していないのです。男性は髭が生えているので毛穴も広がりやすいですが、、女性の場合は太い髭が生えることもないため、毛穴が細く小さいのです。

毛穴が細く、小さいためにいつもより少し多く皮脂が分泌されるだけで、毛穴詰まりが引き起こってしまうので、ニキビになりやすい場所なのです。

さらにあご周辺はターンオーバーが遅い場所でもあるため、なかなか皮膚の再生が追いつかず、一度ニキビができてしまうと治りにくく、ニキビ跡が残りやすい場所でもあるのです。

あごニキビができてしまったとき早く治す方法

ここでは一般的にニキビが治ると言われている方法を紹介します。しかし、ニキビができてしまう理由は人それぞれですし、それによって治す方法も様々です。

基本的には専門機関を受診することをおすすめします。

1. 保湿

あごは手で触れる機会がとても多く雑菌がつきやすい場所なので、手で触れるのをやめればニキビの治りはかなり早くなります。

そして、保湿ケアもとても大切です。角質層に充分に水分が行き渡っていれば、毛穴詰まりが起こる可能性は低くなるでしょう。

優しく洗顔することも大切で、刺激を与えないことと清潔を保つことを心がけていれば、炎症が起こる可能性も低くなります。

2. 食生活の改善

食生活は、ニキビの改善にとって重要なポイントです。ニキビは腸内環境とも関係していて、便秘のせいでニキビが出来る場合も多いでしょう。

腸内環境を改善することは、ニキビだけでなく肌荒れの改善にも効果があります。代表的なニキビに有効な栄養分は2つあり、それは亜鉛とビタミンです。

亜鉛には新陳代謝を活発にする効果があり、新しい細胞が作られるのを助けるため、ニキビの回復をスムーズにしてくれます。

数多くある中でも、ニキビに有効なビタミンはビタミンA・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンC・ビタミンEです。できにくくするだけでなく、できてしまったニキビも早く治るように働きかけてくれます。

3. カルシウムの摂取

カルシウムと聞くと牛乳を連想すると思いますが、実は牛乳よりもヨーグルトやチーズの方がカルシウム吸収率は高いので、よりニキビの改善に効果的です。

カルシウムとビタミン類を同時に摂ると、より吸収率がアップします。カルシウムは安眠にも関係していますので、その面からもニキビに効果的と言えるでしょう。

カルシウムが減少した状態では安眠できませんし、なかなか寝つけないことも。カルシウムを摂ることは、顎ニキビだけでなく肌全体を綺麗にできると言えますね。

4. ストレスをなくす

仕事や日常生活のストレスから、あごニキビができることもあります。

ストレスを感じるとホルモンバランスが乱れ、緊張状態になり、そして血流の流れが悪くなることで様々な症状が現れるでしょう。

緊張状態を和らげるために、抗ストレスホルモンを分泌し、それが皮脂腺を刺激して過剰な皮脂分泌をうながし、さらに男性ホルモンの分泌量も多くしてしまいます。

ストレスを感じると男性ホルモンが攻撃して女性ホルモンの働きを低下させてしまいますので、ストレスを溜めない生活を送ることはとても大切なポイントですね。

5. 冷え性の改善

冷えは女性ホルモンに大きく関係していて、身体が冷えると血液の流れが悪くなり、そうすると老廃物がうまく排出されなくなりニキビができやすくなります。

運動をして身体の血行を促進することは、冷え対策としてオススメです。冷え性の改善にもなりますし、ストレス発散にもなりますね。

運動する時間が取れない場合は、眠る前にストレッチをするだけでも効果的。

入浴の際、シャワーだけでは身体の芯からは温まりませんので、湯船にゆっくり入ることもニキビを治すことに繋がります。

あごニキビに膿が溜まっている!痛みを感じる時の対処法は?

あごニキビに膿がたまる理由とは?

あごニキビに膿が溜まってしまっている状態のことを、黄ニキビと言います。毛穴の中で炎症が起き、膿が溜まってしまっている状態です。

もしあごニキビが赤く腫れてしまっていたら、それは炎症を起こしている状態で赤ニキビと呼ばれます。一般的に赤ニキビが炎症によって化膿してしまい、膿がたまると黄ニキビになると言われています。

しかし、黄ニキビが完全に治るまでには時間がかかります。怪我をして転んでしまった傷口が化膿してしまっていた場合、完治するまでには時間がかかりますよね?黄ニキビとそれと全く同じ状態なので、完治までには時間がかかってしまうのです。

あごの黄ニキビの治し方?:触らないこと

気になってしまうのはわかりますが、触らないことがことが1番です。ニキビに髪が触れないように、髪も束ねて置くことをおすすめします。

手や髪の雑菌が傷口から入ってしまうことで、よりニキビが悪化してしまい、完治までに時間がかかってしまうこともあります。

治るまでじっと待ちましょう。

あごの黄ニキビの治し方?:決して潰さないこと

ニキビの対策法などで、よくありがちなやってはいけない行為の1つですが、本当に危険な行為のため、潰して膿を出したりするのはやめましょう。

触るのがNGなのと同じように、専門的な医療器具や知識がないまま潰すのはとても危ないことです。

よりニキビが悪化してしまうこともあるため、安易に潰すのはやめましょう。

あごの黄ニキビの治し方?:メイクはなるべく薄化粧に

ニキビができてしまったとき、やはりメイクで隠したいと思うのが女心。

今の化粧品は成分もかなりよくなってきてはいるので、メイクを絶対にしてはいけないわけではありません。

しかし厚塗りはNGです。長い間洗っていないパフでメイクや、汚れている手でニキビをなんども触る方がニキビの治りを遅くする可能性があるので気をつけましょう。

パルクレールでニキビ対策

関連した記事

股 ニキビができる原因は?:治し方と予防法

股やデリケートゾーンにニキビが出来た経験はあります...

2019年07月22日, ニキビ

いま話題の記事