石鹸洗顔がニキビ対策になる理由とは?:ニキビ予防には石鹸がおすすめ

CARE室編集部
公開, 更新 , ニキビ

ニキビ肌の洗顔に用いる洗顔料として、洗顔フォームと洗顔石鹸が広く用いられています。

また最近では、ニキビに悩む人や専門家などの間で、洗顔石鹸を用いた方がニキビ改善に効果的であるとも言われています。

洗顔石鹸を使うことでお肌のバリア機能を復活させることができ、ニキビ肌を改善することができると言うのです。

そこで今回はニキビ改善に石鹸を使うメリットやニキビ改善にオススメの石鹸を紹介します。

ニキビサプリNon A.(ノンエー)チェック

ニキビ改善に石鹸がいい理由とは?

現在は洗顔フォームの方が主流ですが、石鹸はニキビにいいという話を最近よく聞きます。

 実際にはニキビに対して、どんなメリットがあるのでしょうか?

肌に刺激を与えやすい成分が配合されていない

洗顔フォームには、汚れを落としやすくするための合成界面活性剤や、防腐剤や着色料・香料・酸化防止剤といった、肌に刺激を与える可能性のある添加物が配合されている可能性が高いです。

もちろん、適切な量の添加物であれば、商品が長持ちしたり、使用するときの使い心地やよくなります。

しかし、アレルギー反応を起こしやすい敏感肌の人や、ニキビ肌の人にはこの添加物が肌にダメージを与えてしまっている可能性があるのです。

お肌のバリア機能を復活

健康なお肌は弱酸性です。そして石鹸はアルカリ性です。

アルカリ性の石鹸でお肌を洗顔することで、私たち人間は元々の弱酸性のお肌に戻ろうとします。

そしてその過程でお肌に必要な皮脂が分泌されるため、お肌の潤いを逃しすぎることないので、本来私たちが持っているお肌のバリア機能を取り戻すことができるのです。

ニキビ対策にオススメの石鹸は?

合成界面活性剤が入っていない洗顔石鹸

洗顔料には「合成界面活性剤」という成分が含まれていることがほとんどです。

合成界面活性剤には、本来は混ざらない水と油を混ざるようにする性質があり、この性質により汚れを落としやすくすることができるので、多くの洗浄剤に用いられています。

しかしお肌の洗浄に合成界面活性剤が作用すると、お肌のバリア機能が壊れてしまうのです。

ほとんどの洗顔フォームには合成界面活性剤が含まれており、汚れと一緒にお肌のバリア機能を洗い流している可能性があります。しかし、洗顔石鹸には合成界面活性剤は含まれていません。

洗顔石鹸が、ニキビの改善に効果的である理由の一つがここにあります。

お肌に優しい洗顔石鹸

洗顔石鹸は、苛性ソーダで天然油脂を加水分解して作られます。そして洗顔石鹸は、水に混ざると界面活性の性質が弱くなるのです。

洗顔石鹸を水に混ぜて濃度が高い間は界面活性の性質が残りますが、濃度が低くなり、水が多くなればなるほど界面活性の性質は弱くなので、結果、肌に優しくなります。

また、人間の皮膚の表面は弱酸性の性質です。洗顔石鹸は皮膚に触れることで中和され、さらに界面活性の性質が弱くなっていくため、お肌を洗いすぎて荒らしてしまうことは無くなります。

無添加という表示

無添加という表示が付いていることで、お肌によい石鹸であると一般的には考えがちです。しかし、無添加であるとうたわれている製品が全てお肌に良いとは限りません。

例えば、防腐剤が含まれていない製品と合成香料を含まない製品あったとした場合、いずれも無添加石鹸と表示できるのです。

必ずしもお肌にダメージを与えない成分が無添加であるとは限らないので、表示だけではなく含有成分を確認してよい洗顔石鹸を選んでください。

石鹸が乾燥させるという誤解

石鹸で洗顔した後の顔の状態を、俗につっぱっるという表現で言うことがあります。これはお肌が乾燥することによって起こる状態です。

お顔がつっぱる原因が全て石鹸が起こすわけではないことも、知識として持っていおいてください。

石鹸の中でも「枠練り」という手作業で作られたものは、天然成分が多く配合されているためつっぱる状態は弱めです。

「枠練り」の石鹸には次のような特徴があります。

○ 「枠練り」「コールドプロセス」「炊き込み法」などのパッケージ表示がある

○ 天然成分が多く配合されているので、泡の粘度が高い

○ 手作りである場合が多いので、形がいびつなものがある

○ 純石鹸(石鹸素地98%以上)に比較して石鹸素地以外の成分が多いので柔らかめ

コットンを使い、化粧水を顔全体に染み込ませるようにするのが良いかも知れません。

ニキビ肌の石鹸洗顔と保湿ケア方法

洗顔石鹸で洗顔をはじめるにあたり、まず手を洗う習慣をつけましょう。汚れたままの手では泡が立ち難しく、洗顔によりお肌を擦ってしまうことになり良くありません。

しっかり泡立てた泡で、顔を包み込むようし、擦らないようにすることに気を配って洗います。

洗顔石鹸で洗顔した後は、やはり少しつっぱる感じがします。ただし徹底して保湿をすることにより、乾燥からお肌を守ることはできます。

化粧水は少し多めで、お肌が潤った実感がするまで使うことが大切です。

ニキビ改善には石鹸洗顔

石鹸洗顔により、ニキビの改善効果がすぐに現れるというものではありません。しかし石鹸にはニキビの治療と予防について、理にかなった成分で作られています。

したがって、石鹸洗顔でお肌のバリア機能を着実に取り戻し、ニキビが増えることを防ぐことができるのです。

石鹸洗顔の基本は、「石鹸を選ぶ」「しっかり泡立てる」「こすらない」「保湿をしっかりする」、これらに尽きます。

また必ずしも全員に石鹸での洗顔が、ニキビや肌荒れに効果をもたらすわけではありません。

お肌との相性によっては、荒れてしまう可能性も0パーセントではないので、石鹸での洗顔でもし異常が現れてしまったら、使用をすぐにやめ、痛みや赤みが気になる場合は皮膚科などの専門医を訪ねるようにしてください。

ニキビサプリNon A.(ノンエー)チェック

関連した記事

ニキビに赤みがあって痛い!対処法と気をつけるべき点を紹介

赤いニキビが顔にできてしまうと、その部分が目立って...

2019年07月22日, ニキビ

おでこにニキビができる理由と対処法:前髪の触りすぎが原因かも

男性女性大人子供問わずたまに見つけたら嫌な気分にな...

2019年07月22日, ニキビ

いま話題の記事