フレキュレルでシミ・そばかす対策!:寝る前に塗るだけのシミ・そばかすクリームを紹介

CARE室編集部
公開, 更新 , シミ・そばかす

大きなシミが気になる、年々そばかすが増えている気がする、生まれつきのそばかすは諦めるしかないのか・・・そんな悩みを抱えていませんか? 顔はどうしても隠しきれない部分ですし、シミやそばかすはなかなか消すことができないものです。しかし遺伝だったとしても、大きなシミやそばかすだったとしても諦める必要はありません! 今回は、塗って寝るだけでそばかす対策になるフレキュレルを紹介します。 フレキュレルは、シミ・そばかすを集中ケアしてくれる薬用クリームです。正しいケアを行なって、美しい理想の肌を手に入れませんか?

「フレキュレル」って何?

フレキュレルを知っていますか?フレキュレルは、そばかす対策に特化した薬用クリームです。

シミ・そばかすの原因「メラニン」を抑制し排出する

メラニンの生成を抑制する「トラネキサム酸」や「バイオべネフィティ」「アルビニアアカマツダイ種子エキス」などを含めた5種類の成分が配合されています。

肌に優しい

香料・着色料・タール系着色料・紫外線吸収剤・パラベン・鉱物油フリーの無添加で、植物由来の成分にこだわって作られているので安心して使えます。

美白効果

「フレキュレル」に含まれる「油溶性甘草エキス」は、ビタミンCの270倍の美白効果があると言われています。270倍とは驚きですね。 さらに、ナノ化されているので、肌の奥までしっかり浸透していきます。

寝る前に塗るだけ

低刺激で、長時間保湿できるので、寝ている間も使用可能。また、クリームタイプは、成分の含有力を多くすることが出来るので、浸透力が高く、効果が長続きします。 伸びが良い、優しい使用感も魅力の1つです。以上、シミ・そばかすにおすすめの「フレキュレル」を紹介しました。 そばかすが気になる方、敏感肌の方は試してみてはいかがでしょうか?

フレキュレルの口コミは?

31歳/女性 頬やこめかみのあたりのそばかすが気になっていました。使用して1ヶ月ほどで、肌質がしっとりとしてきたのを感じました。2ヶ月目で、肌が明るくなってきて、そばかすが薄くなった様に感じます。 35歳/女性 30歳を過ぎてから、そばかすが目立つようになりました。そんな時にフレキュレルを見つけて、最初は半信半疑でしたが申し込んでみました。今では手放せない状態です!鏡を見るのが楽しくなったし、自信がもてるようになって本当によかったです。 25歳/女性 使いはじめて約1ヶ月。フレキュレルの凄さを実感!夜寝る前だけ塗っていましたが、しっとり柔らかつるつるですよ!!実は、顔以外の部分にも塗っています。そばかすの予防に効果がありそうな気がするので続けてケアして行こうと思います。 21歳/女性 フレキュレルを使用して2週間くらいです。以前の私の肌は乾燥肌ということもあり、ザラザラした本当に汚い肌でした。毎日、鏡で自分の顔を見るのが嫌でした。しかし!フレキュレルに出会って私の肌は変わりました。肌がだんだんやわらかくなって、シミもできにくくなったんです!2週間でこんなに変わるのかと、とても驚いています。気になるところはまだありますが、フレキュレルで美肌を手に入れたいです!

シミとそばかすの違い

今まで、フレキュレルについて紹介を行なってきましたが、そもそも「そばかす」とは何でしょうか?シミ・そばかすについての理解も深めておきましょう。 特に、シミ・そばかすは一緒のものと考えがちですが、医学的には違うものと考えられています。

シミ

ニキビや炎症、紫外線ダメージの蓄積による色素沈着などで発生するものです。ホルモンバランスの乱れによって発生する肝斑(かんぱん)などもシミの1種。

そばかす

そばかすの多くは遺伝性で、斑点がシミと比べて小さく、鼻の周囲や頬に出やすいのが特徴です。 紫外線の影響で濃くなる性質がありますが、加齢と共に薄くなることもあります。

子供と大人にあるそばかすの違い

遺伝性と言われるそばかすですが、子供と大人にあるそばかすでは違いがあります。子供のそばかすは、思春期を過ぎると自然と薄くなるか、消えていくと言われています。 しかし、大人のそばかすは放っておくと年々濃くなる傾向に。大人になってもそばかすが残っている人は、生まれつき肌が白く敏感な人が多いためと考えられます。

シミもそばかすも原因と対策は同じ

そばかすは、体質以外にも老化、ビタミン不足や睡眠不足、紫外線のダメージ、ピーリングのような刺激の強いスキンケアなど、様々な原因が挙げられます。 遺伝性のそばかすと、後天性のシミも原因は同じですね。では、どのような対策をとれば良いのでしょうか?

紫外線を浴びない

シミを作り出す「メラニン」言われる物質は、紫外線により発生します。そばかすを濃くしないためにも、紫外線対策をしましょう。

低刺激の美白化粧品を使う

最近は、様々な美白化粧品が販売されています。肌に合わないものはもちろん、添加物が多いものは使わないようにしましょう。 肌への刺激により、メラニンが増加することもあります。

ビタミンを摂取する

ビタミンCには抗酸化作用」という働きがあります。雑誌やネット、テレビなどでも聞いたことのある言葉ですよね。 この抗酸化作用が、肌の老化の原因となる「活性酸素」の発生を抑えてくれます。また、シミ・そばかす対策にはジェル(ゲル)タイプのよりも低刺激と言われるクリームタイプの物が良いとされています。 そこで、おすすめなのが「フレキュレル」です。 お肌に優しい薬用クリームなので、安心して使うことができます。フレキュレルでシミ・そばかす対策をはじめませんか?

関連した記事

和歌山でシミ取りを受けられる皮膚科・エステ5選

秋ごろになると、夏の紫外線の影響で、少しずつ出てく...

2019年07月22日, シミ・そばかす

岡山でシミ取りを受けられる皮膚科・エステ5選

年齢を重ねるごとにシミが気になってくる女性は多いで...

2019年07月22日, シミ・そばかす

いま話題の記事