肌・脱毛の悩みに向き合うメディアCARE[ケア]

小顔メイク術を紹介!整形なしで小顔になれるたった8つの方法

CARE 編集部
公開, 更新 , メイク

小顔になりたい、そんな人は多いと思います。顔が大きい、丸顔がコンプレックスという人でもメイク一つで解決できます。

メイクの力で少しでも小顔になれるのなら実践してみたいと思いませんか?

シェーディングはもちろん、アイメイクやアイブロウの仕方など、ここでは誰にでもできる簡単な小顔メイクをご紹介します。

メイクだけでは物足りないという人には、小顔矯正をおすすめします。小顔矯正についての詳しい記事はこちらです。

関連記事:東京のおすすめ小顔矯正エステ14選:料金相場と特色まとめ

1.ファンデの2色使い

いつもの明るさのファンデーションにプラスして、1トーン暗めのファンデーションを影ができるところのみ部分塗りしましょう。

顔に立体感をつけ、メリハリをつけることがポイントです。メイクが上手な人はファンデーションも何色か使い分けていることがほとんどですよ!

いつもの明るさのファンデを鼻・おでこ・頬・顎といった、顔の中で山になっている部分に塗り、トーン暗めのファンデを頬骨下・鼻の付け根・鼻のわきなどの陰になる部分に塗ったら、境目はぼかして完成です。

1色をのっぺり塗るだけのメイクにおさらばしましょう。

またぼかす際は手でやる方が多いですが、下の写真のようなスポンジを使う方が綺麗な仕上がりになるのでおすすめです。

形は水滴のようなものが細い部分で鼻筋などをのばすことができるため人気となっています。

2.ハイライトをいれる

ハイライトとは、光によって立体感を出すために入れます。

ハイライトを入れる場所はTゾーンや目の下、頬骨など顔の高い箇所です。そこに白いカラーを入れて、より立体的に見せましょう。

凹凸を出すには光の効果がとても重要になってくるのです。

ハイライトの種類もラメ入りのものや液体タイプのものなど豊富にあるので、自分の使いやすいものを選びましょう。

ハイライトを入れることで普段よりも写真写りが良くなるのでぜひ試してみてください。

3.シェーディングをいれる

シェーディングは、陰によって立体感を出すために入れます。肌の色よりも少し暗めのチークを選びましょう。暗めのファンデでも代用できます。パールのはいっていないものを使って下さい。

シェーディングを入れる場所はおでこ、頬骨、あごのラインです。

「うー」の口を作ると、へこんだ部分を利用して塗るだけでいいのでとても簡単にできます。

顔の輪郭が引き締まって見え、よりメリハリが出てきます。ハイライト&シェーディングで、顔に陰影をつけて、小顔効果をアップさせましょう。

4.長めのアイライン

アイラインを長めに引くことで、顔の横幅が小さく見えます。

リキッドのアイラインが苦手という方は、シャドウラインでもいいかと思います。上まぶたの黒目外側から目尻にかけて3~5ミリくらい出るように描きます。

顔の中で目の面積が多くなると、肌面積が少なくなり、小顔に見えるというわけです。

そして今アイラインで人気なのが、スカルプDのアイライナー!まつげ美容液と同じ成分がアイライナーに配合されているため、まつ毛の根元から丈夫なまつ毛に導いてくれます!

もちろん0.08mmの極細毛先で目尻のはねラインも美しく表現できますし、スムースリキッド処方のため、しっかり発色して、メイク後8時間経っても崩れません!!

5.涙袋メイク

涙袋とは、「目の下の笑ったときに膨らみが出る部分」を指します。

涙袋メイクは、そこにハイライトをのせることで目が大きく見え、目下から輪郭までを短く見せる効果があるのです。ちょっとした目の錯覚ですね。

自然と目から下の間隔が狭まり、小顔にうつるのです。

難しい涙袋を表現するには、涙袋専用のコスメを使うのがおすすめです!

涙袋ウルミライナーなら、 涙袋にこの涙袋ウルミライナーをさっとひと塗りするだけで、落ちにくい微粒子パウダーが目元に自然な発色とうるおいを与えてくれます!ウォータープルーフタイプなので、ぷっくりした涙袋を長時間キープすることも可能です。

6.やや太めの眉

眉を太く描くことで、顔の余白を減らすという視覚のマジックです。そして、顔の縦の長さを短く見せる効果もあります。

眉の長さや短すぎには気を付けましょう。長さが短いと、顔の側面の余白部分が広くなり、さらに顔の大きさが強調されてしまうのですまた、細眉の場合は面長を強調して見せてしまうので注意しましょう。

理想の眉毛は小鼻から直線を引いた位置に眉頭、小鼻と目尻の先に眉尻があるのが理想の形です。眉のアーチ部分が1番高くなるのは、眉の2/3の位置だと言われています。

そんな理想の眉を目指すには、描くよりリアルに見える眉エクステがおすすめ!

エクステといっても、専門的な技術で増毛するわけではありません。クリアジェルにリアルな極細ブラックファイバーがたっぷり入っているため、いつも通りのアイブロウ方法とほとんど変わらない手順で、より自然な眉を手に入れることができます!

7.広いおでこを隠す

おでこが広くて顔が大きく見えるという人はとても多いと思います。

シェーディングだけではいまいち効果がみられないという方には、ティントを使うのがおすすめです。小顔専用のティントが出ています。韓国風メイクをしている女性に大人気のアイテムです。

生え際にティントで数本線を引き、付属のブラシでぼかすだけ。

とても簡単に小顔になれるアイテムです。ティントはもちろん、スティック1本でハイライトとブロンザーがついているものもあるので1つ持っておくといいかもしれません。

8.チークの塗り方ひとつで小顔に変身!

顔の形によってチークの塗り方は変える必要があります。

例えば丸顔の人であれば頬のところからこめかみに向かって細長く入れることで丸顔を抑えることが可能です。

チークをただ頬に丸く入れているという方は、まず自分の顔型を確かめてから自分にあったチークの入れ方をしましょう

チークの色もあまり濃すぎない方が小顔に見せることができるので、色にも気を付けることが大切です。

関連した記事

目指せ大和撫子!着物に合うメイクの仕方4つ

現代の女性は着物を着ることが卒業式や結婚式くらいな...

2019年07月22日, メイク

大人メイクの仕方:男子の心をつかむ、垢抜け美人になりたいの?

10代ときとほぼ同じメイクの仕方でお化粧をしていま...

2019年07月22日, メイク

21世紀の新常識?化粧男子の特徴6選

最近、お化粧をする男性が増えてきているのをご存知で...

2019年07月22日, メイク