肌から家具まで?!効果的なワセリンの使い方7選

CARE室編集部
公開, 更新 ,

スキンケアのマストアイテムとして需要が高まりつつあるワセリンですが、コストパフォーマンスと保湿効果だけではない便利な使い方をピックアップしました。 海外でも評判のワセリンの使い方です。 肌につけて保湿するも良し、かかとのひび割れを治すために使っても良し。何にでも利用できます。ワセリンを最大限に活用してみましょう。

ワセリンとは

そもそもワセリンとは、外部の刺激から皮膚を守るためにあるものです。水分の蒸発を防ぎつつ、バリアの役割をサポートしてくれます。 ワセリンには大きく2種類あり、白色ワセリンと黄色ワセリンです。 白色ワセリンには刺激物が含まれていないため、皮膚に塗っても副作用が起こりません。しかし、黄色ワセリンは安い代わりに刺激物が含まれているため、副作用が起こる危険性があります。 ワセリンはドラッグストアで購入ができます。
ワセリンをチェックする

効果的なワセリンの使い方

ワセリンは保湿以外にも、汚れをとったり、髪のダメージケアにも使えます。 ワセリン1つ持っておけば、いろんなことができます。 手軽に買えるものなので、気になった方は買ってみてはいかがでしょうか。

1.保湿剤

手軽に買える保湿剤として大人気のワセリンですが、乾燥が気になる手や顔に塗布するだけで皮膚水分の蒸発を防ぐ効果があります。 刺激も少ないので、敏感肌にはお勧めです。特に白ワセリンは刺激がないので、保湿剤として買うなら白ワセリンをおすすめします。

2.アイメイク落としに

仕事終わりにアイメイクをゴシゴシと落とす必要はありません。 少量を指に取り、まぶたに塗るだけでアイメイクもつけまつ毛も簡単に取れちゃいます。 ワセリンは油なので、メイクがよく溶けます。しかし、べたつきが大きいので流すのが大変です。 そのため、粘度の低く、のびの良いワセリンを選ぶことをおすすめします。

3.ツヤ肌メイク

高い保湿成分から、顔にぬるとテカついてしまうのがワセリンですが、少量を頬骨の上の方に塗ることでツヤのある綺麗な肌メイクに仕上がります。 少しだけでとても効果がでるので、ワセリンはとてもお得です。 唇にリップ代わりに使うこともとてもおすすめです。唇に使うときには白ワセリンを推奨します。

4.髪のダメージケアに

肌だけではなく、髪にまで高い効果を発揮します。お風呂上がり、髪を乾かす前にワセリンを少量髪に塗ってみてください。 パサついた髪がしっとり系の美しい髪になります。 また、枝毛が気になり始めたら、応急処置としてワセリンを使うことで、美容室に行くまでのつなぎとしても活用できます。

5.かかとのひび割れ

寒くなってくると、肌も乾燥し始めてかかとにひび割れを起こす人も多いのではないでしょうか? そんな時にワセリンをかかとに塗布してあげると、刺激も少なくひび割れにしみることもありません。寝る前に一度塗布して、靴下を履いて寝ましょう。

6.服についた口紅、ファンデを綺麗に落とす

お気に入りの服に化粧がついてしまっても落ち込む必要はありません。 洗濯機で洗える衣類限定ではありますが、口紅やファンデーションがついてしまった部分に直接ワセリンを塗りこんで洗濯機で洗うと、化粧が落ちます。

7.家具の汚れ落とし

食事中についテーブルにソースなどの取れにくい汚れがついてしまった時どのようにして落としていますか? ワセリンを使えば、汚れた部分に塗り、1日放置するだけで無理に擦ることなく汚れがとりのぞけます。 簡単によごれがとれるのでとても万能です。
ワセリンをチェックする

関連した記事

いま話題の記事