正しいタオルドライのやり方紹介!NG行動5つとは?

CARE室編集部
公開, 更新 , 毛穴・角栓(黒ずみ)

女性の髪は命と言われるほど、女性にとって髪の毛は大切なものです。では、その髪の毛のことについてどれくらい知っていますか?

今回は、タオルドライをする際に、気をつけたいNGポイントのご紹介です。これであなたも芯から輝く髪の毛を、手にいれることができるかも。

タオルドライとは

そもそもタオルドライとは、お風呂上がりの濡れた髪の水分をタオルで拭き取ることです。普段当たり前のようにしている行動の1つだと思います。

タオルドライにはとても大事な効果があり、頭皮や髪をダメージから守ってくれます。抜け毛や枝毛などの予防にも繋がるそうです。

しかし、やり方を間違えてしまうと、せっかくの効果をゼロにしてしまう危険性も。普段やっている習慣が間違ったものだったら今すぐ正していきましょう。

タオルドライのNG行動

濡れた髪をすぐにタオルでゴシゴシ拭いたり、雑に髪をまとめて拭いたりしていませんか?

これらは間違ったタオルドライのやり方です。無意識のうちにやってしまっている人が多いのではないでしょうか。

今すぐ自分のタオルドライを見直して、綺麗な髪の毛をゲットしましょう。

1.濡れた髪の毛に、すぐタオルドライ

お風呂上りに、すぐタオルドライしてしまうのは、大きな間違いです。

濡れた状態での髪はキューティクルが開いているため、剥がれやすくなっています。キューティクルが剥がれ落ちると、髪の栄養素を保つことができず、パサついた髪や切れ毛、枝毛などの原因にもなるので、濡れた状態ですぐにタオルドライをするのはやめましょう。

まずは、髪に摩擦を与えないように気をつけながら、しっかりと髪の毛の水分を絞ることが大切です。

2.頭皮をゴシゴシと拭く

濡れると傷つきやすくなっているのは、髪の毛だけではありません。実は頭皮も、傷つきやすくなっていますので、タオルドライをする際は、頭皮を傷つけないように気をつけましょう。

頭皮へのタオルドライのコツは、爪を立てたりせずに、指で頭皮を包み込むように優しくマッサージしながら水分を取るように拭いていくことです。

頭皮を大切にすることで、薄毛になりにくく、ハリ、コシ、ツヤがある髪を保つことができるのです。

3.バサバサと髪をまとめて拭く

頭皮や髪の毛ごと、バサバサと一気にタオルドライするのはやめましょう。荒くタオルドライしてしまうと、キューティクルが剥がれ落ち、髪にダメージがかかってしまいます。

タオルで髪の毛を挟み、水分をタオルに吸収させるように拭くことで、髪へのダメージを軽減させることができます。

4.吸収力の悪いタオルを使う

タオル選びも重要です。吸収力の高い、柔らかめのタオルをタオルドライ用として使いましょう。

髪、頭皮への摩擦を最小限に抑えるためです。プロの方はキッチンペーパーを利用する程、水分を吸い取る素材にも気をつけています。

髪への負担を最小限にし、水分をできるだけ多くタオルに吸収させることでドライヤーにかかる時間も減らすことができるのです。

5.髪に直接ドライヤーをあてる

直接ドライヤーを髪にあてると、熱による髪へのダメージが大きいので、オススメしません。

ドライヤーする時もタオルを頭にかけた状態でタオルにドライヤーをあてることで、タオルが水分を吸収してくれます。これは、保湿効果も高く、髪の乾きも早くなるのでオススメです。

正しいタオルドライのやり方

ここでは正しいタオルドライの方法を紹介します。タオルドライだけでは不十分です。ドライヤーをしっかり使いましょう。

手順はとても簡単なので、今日から実行できるものです。ぜひ試してみて下さい。

習慣化すると、ダメージを受けてる髪も生き返ります。

その1:髪の毛の束をつくる

まず、タオルで髪の毛の束を作って巻き、タオルの上からドライヤーを当てます。

このとき、ドライヤーが髪の近くになりすぎないように注意してください。

その2:手ぐしを使って

次に、先ほどあてたタオルをはずし、手ぐしで熱を逃しながらドライヤーを当てていきます。

ドライヤーの熱はダメージを与えやすいので、染めたばかりの色がすぐに落ちてしまう、という悩みを持っている人も、これはドライヤーの影響です。

しっかり手で冷やしながら熱を逃していきます。

この繰り返しをして乾かしていきます。とても簡単で手順も単純なので覚えやすいです。

この方法はダメージを減らすだけではなく、時間短縮にもなるのでぜひ試してみて下さい!

より髪を美しくしたいと考えている方におすすめなのが、濃密美容液ヘアケアラスティーク!

ラスティークは、「24時間、美容液で髪を浸す。」をコンセプトにした、美容液ヘアケア。

ドライヤー前に使用する「ヘアセラム」は、髪を内外から補修するゴールデンシルクやブラックパールなどの高級成分を配合。髪が乾いた後に使用する、ヘアクリームはWヒアルロン酸やプラセンタなど、スキンケア由来の髪にも保湿力が高い10種の成分を配合。

髪の修復と髪の保湿を同時に行うため、今まで以上のサラサラな髪を手にいてることができるかもしれません!

関連した記事

顔の黒ずみは改善できる!黒ずみの原因と部位別の改善方法とは?

顔が黒ずんでいると、血色が悪く見えてしまい印象が悪...

2019年07月22日, 毛穴・角栓(黒ずみ)

背中の黒ずみの原因と解決法:綺麗な後ろ姿を手に入れよう!

近年は一年中レジャー施設などで温泉や岩盤浴、温水プ...

2019年07月22日, 毛穴・角栓(黒ずみ)

POLAの日焼け止め「ホワイティシモ」の効果・口コミ:美白になりたい人必見!

最近肌がくすんできた、更年期になって肌が敏感になっ...

2019年07月22日, 毛穴・角栓(黒ずみ)

いま話題の記事