大人メイクの仕方:男子の心をつかむ、垢抜け美人になりたいの?

CARE室編集部
公開, 更新 , メイク

10代ときとほぼ同じメイクの仕方でお化粧をしていませんか?メイクもファッションと同じで、年相応のメイク方法があります。

いつも同じメイクではなく、自分の年や顔に合った大人メイクをして、学校や、会社に行ってみませんか?

大人メイクで、できる女の雰囲気を醸し出せば、周りからのあなたの評価が変わるかもしれません。

簡単そうに見えて、実は難しい大人メイクを今回は紹介します。

大人メイクのポイント

大人メイクといっても、ただ高級な化粧品を使って、派手目にメイクをすればいい訳ではありません。

かといって、大人しすぎるナチュラルメイクをすればいいと言う訳ではないのです。

そこで、大人メイクをする際のポイントを紹介します。

1.ポイントは素肌感

メイクをする上で気をつけたいのが素肌感。どんなメイクでも厚塗りは怪訝な印象を与えます。

そのため何度もファンデーションを重ね塗りするよりもBBクリームの上からパウダーをふわりとはたくくらいがちょうど良いです。

BBクリームよりもCCクリームの方が素肌感は増すので、「シミやニキビも完璧にカバーしたい!」という女性以外はCCクリームをオススメします。

そしてBBクリームやCCクリームを塗る前に大切なのが、お肌の凹凸を目立たなくすること。

そこでおすすめな優秀アイテムは、アテニアの「スキンレタッチャー」!VOCEの2017年  化粧下地・コントロールカラー部門で第1位に輝いた、とても優秀なアイテムです!

毛穴や小じわを目立たなくしてくれる粒子が配合されているため、ファンデーションのつけすぎを防止してくれます。

アテニアの「スキンレタッチャー」をチェックする

2.唇には潤いを

口紅だけでもメイクの印象はかなり変わります。

季節やトレンド、その日のファッションに合わせて口紅だけでも変えてみましょう。

大人メイクを目指したいのであれば、ナチュラルなパステルカラーではなく、色がわかりやすいマット系のカラーを選ぶことをおすすめします。

3.アイメイクと口紅を同じトーンで揃える

メイクも統一感がとても大事です。大人メイクをする上でも、メイクの統一感はとても重要なポイント。

アイシャドウをピンク系にしたら、チークもピンク系に。アイシャドウをゴールド系にしたら、チークもオレンジ系にしましょう。

トーンがバラバラだと、どうしてもメイクに一体感が見えず、安っぽいメイクになってしまします。

また、自分には何色が似合うのか知っておくことも重要でしょう。

4.決め手は引き算

あれもこれもと頑張りすぎているメイクはかえって逆効果です。

目元に発色の良いものを取りいれたなら唇はヌードや淡い色で控えめに、唇に赤リップなどの派手な色を取り入れたなら目元はブラウンやゴールドなどでナチュラルに抑えるなど引き算を意識することを心がけて下さい。

目元をナチュラルなしたい場合は、ブラウンのペンシルタイプのものを薄く引くくらいにするとぱっちり感は残しつつも柔らかい印象を持たせることが出来ます。

5.彫りをつくる

彫りをつくることで「凜とした大人の女性」という雰囲気がでます。できれば目頭の上あたりにシャドーを入れるだけでなく、鼻筋の両サイドに軽くシャドーを入れてみてください。

鼻筋にはハイライトを入れると立体的になります。しかし、シャドーを濃くしすぎると怖い印象を与えてしまうため肌に馴染ませるようにしてみましょう。

関連した記事

これで男性ウケばっちり!モテ顔メイクのポイント

よく男性はナチュラルメイクが好きと言いますが、「ナ...

2019年07月22日, メイク

顔が薄い女性に似合うメイク・ヘアスタイル紹介!

顔のパーツが小さかったり、全体的に地味名印象、メイ...

2019年07月22日, メイク

ナチュラルメイクの仕方やポイント6つ:本物の私をアピールしたい!

男性からだけでなく、女性からも自然な仕上がりのメイ...

2019年07月22日, メイク

いま話題の記事