アンダーヘアの処理ってどうしてる?最新ケアでデートも安心!

CARE室編集部
公開, 更新 ,

水着を着る季節や、彼とのセックスのとき、どうしても気になってしまうあそこの毛。 専門店だとお金がかかりそうだし、自分で処理するしかないのかな…など、悩んでしまうもの。 今回は気になるあそこの毛の処理方法について、解説していきます!

1番気になるシーンはセックスのとき?

水着は気をつければある程度隠せますし、温泉に行っても女性同士なので気になりません。 あそこの毛が1番気になるシーンは、彼に下着姿を見られるところなのでは? 最低限、下着からはみでるムダ毛は処理したいものですよね。

あそこの毛の処理方法

ムダ毛の処理方法もさまざまですが、代表的なやり方を紹介していきます。

1. カミソリ、電気シェーバーを使った方法

カミソリや電気シェーバーを使い、自分で処理する方法です。 お金がほとんどかからず、手軽にいつでもできる方法ですねが、またすぐに生えてきてしまうことと、チクチク感がデメリット。 また、誤って怪我をしてしまうことや、見えない小さな傷をつけてしまうこともあります。 その傷から細菌が入り、赤くニキビのようなできものができてしまう、毛嚢炎(もうのうえん)になる危険も。 デートの前に大きなできものができてしまったのでは、せっかくのセックスも集中できないかもしれません。 また、シェーバーは全身用でなく、アンダーヘア専用のものを使うようにしましょう。

2. 毛抜きを使って1本1本抜いていく方法

次の毛が生えてくるまで時間がかかるため、一定期間は気にせず過ごせます。 また、生えてきてもチクチク感がなく、気になりませんが、抜くときの痛みが大きいことがデメリット。 うまく抜けず何度も引っ張り、途中で切れてしまうことも。 また、カミソリの使用と同じで、肌にトラブルを招くこともデメリットです。

3. 脱毛クリームを使用する方法

広範囲にできるし、時短にもなるし、生えてきたときのチクチク感もありませんのでメリットはたくさんありますね。 ですが、この脱毛クリームに含まれている成分に問題があることをご存知ですか? 脱毛クリームには、チオグリコール酸やアルカリ剤といった強烈な成分が含まれています。 特に、敏感肌の方は使いづらいということがデメリット。

4. 専門店へ行き、永久脱毛してもらう方法

メリットとしては、施術が終われば二度と生えてこないことに尽きます。 それまでには何度も通わなくてはなりませんが、終わったあとのことを考えると魅力的。 専門家に施術してもらうため、肌のトラブルも回避できます。ですが、費用や時間がかかってしまうのがデメリット。

5. エステでの脱毛

エステの脱毛法はパワーが弱いため、痛みが少なく肌への負担も少ないことが特徴。 その分完了までに長く見て5年はかかります。この期間に耐えられなくなって、医療レーザーに移行してしまう人も多いよう。 しかし、最近では短期間で脱毛を完了できるエステサロンもあります。 その中でも特におすすめなのがKIREIMO -キレイモ-。KIREIMOは板野友美さんがイメージキャラクターを務める新しい脱毛サロンです。最近では、ぺこ&りゅうちぇるのTVCMも話題。 また、KIREIMOは光をあてる前にジェルの使用がありません!そのため、ジェルの冷っとした不快感なしで施術もスムーズです。 そのほかにも、毎回の施術時に通常のサロンよりも、施術範囲を広げて脱毛を行なってくれるので、丁寧でありながら、スピーディーな施術も魅力の1つです。 気になる方はぜひ無料カウンセリングに行ってみてはいかがでしょうか?今なら、ハンド脱毛体験を無料で行なってくれますよ。

6. クリニックでの脱毛

クリニックでは医師が常在しているので、パワーのある医療レーザーを使うことができます。 医療レーザーを使えばその分期間を縮められますが、痛みが伴われることと、費用が若干上がることがデメリット。 そこでおすすめなのが湘南美容外科クリニック。顔から足先までの全身を、なんと月額1万3300円で脱毛することができます。 回数も通常のエステサロンの約半分でコストパフォーマンスもバッチリです。 そして、湘南美容外科は最新の高級マシンをしようしているため、かなり短い期間で脱毛をおこなうことができます。 また国家資格を持つ看護師が照射を行なってくれるため、万が一何か皮膚トラブルが引き起こったとしても、すぐに適切な対応を行なってくれます。 カウンセリングや初診料、再診料は無料とお財布にも優しい、クリニックです。気になる方はぜひ無料カウンセリングに行ってみてはいかがでしょうか?

自分に合うあそこの毛の処理方法をみつける

敏感肌の人は専門店へ行くことをおすすめしますが、肌が強い人はカミソリや脱毛クリームで済ませても影響がない場合もあります。 また、無理に脱毛しなくても、自然が一番という声も。 自分にあったあそこの毛の処理方法をみつけて、素敵な女性になって下さいね。

関連した記事

いま話題の記事