初心者でも可愛く!アイメイクでデカ目を作る方法を紹介

CARE室編集部
公開, 更新 , メイク

魅力や個性を印象づける、顔のパーツはやっぱり目元。アイメイクは人の表情をガラっと変えてしまうほどメイクをする上で重要なポイントですよね。

「なんとなくやってるけれど・・・私のアイメイクの仕方、どうなのかな?」と感じたことはありませんか?

今さら、人には聞けないメイクの基本テクニックを押さえて、今一度セルフメイクを見直してみましょう。

メイク初心者の人、メイクをするのが面倒だと思っている人に向けて、簡単にデカ目を作れるメイク方法をお伝えしたいと思います。

アイメイクのキーポイントは光と影のコントロール

ビューラー目元を美しく決定づける、アイメイクのキーポイントはずばり、光と影のコントロールです。

アイメイクの仕方ひとつで、目を大きく立体的に見せるのはもちろん、くすみやすい目元の肌を美しく見せることで、顔全体の印象をワンランク上げることができます。

顔全体が写る鏡があるとベター

パウダーファンデーションのコンパクトや目元だけ写る小さな鏡でアイメイクを行う人も多いですが、メイク中に顔とのトータルバランスを確認するためには、顔全体が写る大きめの鏡を使う方が断然おすすめ。

失敗が少ないですし、時間も早くすみます。

ハイライトで表情を明るく

パレットの1番明るい色をアイホール全体、眉毛の下あたりまで入れます。

目の中心から左右それぞれ中央から外に向けて筆を動かすことで、中央が一番色が濃くのります。

中央の色を濃くすることで目をより大きく立体的に見せることができるのです。

アイメイクの土台作り

ハイライトカラーより少し濃いめの色をアイホールに入れていきます。眉の下までは塗らないように気をつけましょう。

塗り方は、ハイライトと同じように目の中心から左右それぞれ中央から外に向けて筆を動かして塗り、中央を濃くするようにします。

まず最初はベース、土台を作ります。ベースを作ることでくすみを解消して、アイシャドウのつきがよくなります。

上まぶたは面積が狭く、まばたきもするので、量を多くつけるとよれてしまいます。指先やスポンジにアイメイクベースかコンシーラーをほんの少しだけつけたら、眉に近い部分からまつげの方に向かって横にポンポンと塗ります。

また、下まぶたにもハイライトを同じ色を入れ、表情を明るくみせていきます。

アイシャドウを塗る

アイシャドウはベージュ&ブラウンが使いやすいです。

まず、大きめのアイシャドウブラシで明るい色をまぶた全体に塗ります。これで、暗い色もとてもきれいに発色します。

次に、小さなアイシャドウブラシかチップで、目尻の際から暗い色を入れていきましょう。

アイホールの中央に濃い目の色を入れましょう。目を大きくみせるには、黒目の延長上に色を足していくことです。濃いめのアイシャドーを中央に塗り、気持ち外側に流すようにします。

韓国コスメで、発色のいいアイシャドウを探す

アイラインをひきます

使用するのは、ペンシルでもリキッドでも構いません。メイク初心者にとってハードルの高いアイライナー。

リキッドアイライナーとペンシルアイライナーとありますが、慣れていない場合は、ペンシルアイライナーで目の際を埋めていくように描くと簡単です。

新たに購入する場合は、皮脂や涙で落ちやすいので、ウォータープルーフがおすすめです。購入する前に、まずつきを調べるために、手の甲などで試し書きをしてみましょう。

目にそって引く

目の形にそって、細く自然に描いていきます。目を大きく見せようと太くすると、ナチュラルに見えず、逆に小さくみせてしまうので注意しましょう。

インラインを引く

指でまぶたを軽く持ち上げて粘膜が見えるように固定し、まつ毛とまつ毛の間を埋めるように塗っていきます。まつ毛の隙間をなくすことで目をハッキリ大きくみせることができます。

編集部おすすめのアイラインはこちら

まつ毛のメイク

ビューラーでまつ毛をしっかりとカールし、マスカラを塗ります。

上まつ毛に塗る時は、根元の部分にマスカラを横にして押し当て、カールをキープするようにします。その後、左右に動かしながら上へ動かしていきます。

左右に動かすことでダマになることを防ぎます。中央を多めにし、目の左右の部分を薄めにすると立体感が生まれ、デカ目を作ることができます。

ビューラーでまつげを上げる

ビューラーの力加減も最初はよくわからないかもしれませんが、ギュッと押さえこむというよりは、軽い力で細かく上げていく方がきれいに仕上がります。

きついカールになってしまうとリカバリーしづらいですし、まぶたを挟んでしまうと痛いので、力加減に注意しましょう。

マスカラを塗る

マスカラひとつで目元の印象は大きく変わります。まずダマにならないように、液の量を調節してから塗るようにしましょう。

ティッシュや容器でしごいたり、塗るときにブラシを回転させながら塗ると、つき過ぎを防ぐことができます。

少なめに塗って重ね塗りをしていく方が、失敗が少ないです。

こちらも、ウォータープルーフがおすすめです。沢山のメーカーから出ているので、色々試してみましょう。

編集部おすすめのマスカラはこちら
ただまつ毛はどんなにメイクを頑張ったとしても、まつ毛の長さを誤魔化すことは難しいです。また毎日ビューラーやマスカラを使うとまつ毛への負担も大きいのです。

そこでおすすめなのが、まつ毛美容液!

「湘南美容ロングラッシュリッチ」は湘南美容外科スタッフも愛用しているまつ毛美容液です。

育毛剤にも使用されているピロリジニルジアミノピリミジンオキシド、ローヤルゼリー、つばめの巣などの美容成分はもちろん、ヒアルロン酸やカミツレ花エキスのトリートメント効果で、塗った瞬間から生き生きとしたまつげの輝きを感じることができます。

オイルフリーのため、まつエクを利用している人でも使うことが可能です!

今すぐまつ毛美容液で、まつ毛ケアをはじめませんか?

湘南美容ロングラッシュリッチをチェックする

おわりに

いかがでしたでしょうか?

この方法ならメイクに慣れていない人でも簡単にできるのではないでしょうか。

アイメイクは工程がたくさんあり、最初は難しいと感じるかもしれません。しかし、上手に仕上がると女性としてとても気分が上がりますよね。

最初は家で時間のある時に練習するのもおすすめです。基本のアイメイクの仕方をしっかり覚えて、目元に自信を持ちましょう!

関連した記事

軟骨ピアスも病院で開けてくれる?病院で開けるメリット・デメリット

軟骨ピアスは、耳たぶのピアスよりも開けることが難し...

2019年07月22日, メイク

眉毛のセルフケア方法紹介!顔の形別に合う眉がそれぞれ違う?

眉毛はケアしてもまたすぐに生えてきてしまうため、普...

2019年07月22日, メイク

透明感のあるメイクのコツ6選:少しの工夫でモテ肌に

いま一番のモテ肌は、透明感のある肌です。透明感のあ...

2019年07月22日, メイク

いま話題の記事