唇にある黒ずみの予防・対策方法をご紹介:ハチミツが効果的!?

CARE室編集部
公開, 更新 , 毛穴・角栓(黒ずみ)

女性らしさの象徴とも言われる、唇。男女共に唇の形が綺麗な女性にはついつい視線を奪われてしまいます。自分も魅惑の唇になりたいのに、残念ながら唇に黒ずみがある。そんな悩みを持つ女性はいないでしょうか。

今回は唇美人を目指す女性の為に、黒ずみの原因から解決方法、カバー法を紹介します。

唇にある黒ずみの原因

唇の黒ずみの原因は意外な所にあります。唇には皮脂腺と汗腺がなく、常に乾きやすい状態になっています。乾燥した場所に行くとすぐに唇がカサカサになってしまいピンク色ではなくなってしまうのはこのせいです。

そして、もう一つの原因として挙げられるのが、唇は水分を保持する角質層が非常に薄いため。水分を得たとしても自らの力で保湿することが難しいので、乾燥している状態で物を食べたり喋ったりと摩擦を与え続けた結果、色素沈着を引き起こし、唇に黒ずみが出来てしまいます。

唇の黒ずみ原因1:タバコ

たばこを吸っている方は唇が黒ずんでしまう傾向があります。なぜなら煙草に含まれるニコチン・タールが黒ずみの原因だからです。煙草を吸う習慣がある方で、唇の黒ずみに悩んでいる方は煙草をやめることをおすすめします。

またタバコは黒ずみの原因であるメラニン色素を打ち消すビタミンCを破壊していき、メラニン色素が必要以上に増えてしまいます。ビタミンCは他にもお肌を綺麗に保つ要素でもあるので、たばこはできれば吸わない方がいいでしょう。

唇の黒ずみ原因2:摩擦

唇に限らず黒ずみの大きな原因は擦ることによって発生する摩擦です。摩擦が発生すると肌を守ろうとするメラニン色素が発生し、このメラニン色素が黒ずんで見える原因となります。

唇も食事をするときなど、知らぬ間に摩擦が発生していることが多い部分です。唇を拭くときやメイクを落とすときはやさしくそっとふき取るようにしましょう。

唇の黒ずみ原因3:紫外線

最後に多くの黒ずみの原因である紫外線で、一番注意するべき黒ずみの要因でしょう。唇は特になめてしまって、せっかく塗った日焼け止め効果の入ったリップクリームなどが落ちてしまいがちです。

食事の後などはこまめにリップクリームを塗りなおしたり、口紅を塗る前にSPFが高い下地を塗るなどの対策ができます。夏場以外も気を抜かず、いつも塗ることがポイントです。

唇の黒ずみの改善方法は?

気になる唇の黒ずみの改善方法ですが、まずは紫外線から唇を守ることが第一です。

紫外線に浴び続けることは、唇への大きな負担となっています。必ずUVカット効果のあるリップを選んで唇に塗っておきましょう。

また、唇を乾燥させたり湿らせたりする口呼吸も、唇に負担をかけて結果的に唇を荒れさせてしまいます。なるべく鼻呼吸をするにしましょう。

先ほど言ったようにタバコも天敵です。タバコは色素沈着を手助けする恐ろしい役割を持っています。綺麗な唇の為にも禁煙を頑張りましょう!

そして、保湿も唇を守るのに大切な要素です。保湿クリームを寝る前や、乾燥することが予め分かっている場所に入る前に塗っておくと、唇を乾燥から守り、負担も減ります。

唇の黒ずみのオシャレなケア方法

では、唇のケアはどのように行ったら良いのでしょうか?

家で誰でも出来る方法として、ハチミツを使う方法があります。やり方は簡単で、クレンジングでしっかりと口紅を落とした後に、ハチミツを塗ってラップでしっかりと密封し、5~10分パックします。

その後残ったハチミツを拭き取ります。こんな簡単な方法で、プルプルの可愛い唇を手に入れることができます。

また、現在は唇専用のトリートメントも発売されています。使い方は非常に簡単で、唇に塗って擦らないように気を付けてコットンで流したら終わり。全く手間をかけずに綺麗な唇に整えることができます。

唇の黒ずみはどうカバーする?

黒ずみのケアを頑張っている途中で、どうしても外に出なければいけない場合、どんなカバー方法があるのでしょうか?

コンシーラーなどは塗り過ぎると唇が乾燥してしまうので注意が必要です。黒ずみが出来てしまった場合は保湿と日焼け止め効果のあるリップ下地を塗ってから色付きの口紅をぬるのが簡単でしょう。

ここからは他のカバー方法も詳しく見ていきます。

リップメイク

やはり唇ですから、口紅を塗ることが何よりのカバー方法です。しかし、口紅を塗った後、適当に洗い流してしまうと、色素沈着を進行させる原因となり、唇の黒ずみの悩みは続いてしまいます。

そのため、口紅をつけた日はスクラブ入り洗顔で唇を綺麗に洗い流しましょう。その時にゴシゴシと擦り過ぎないことも大切です。

レーザー治療

また、どうしても黒ずみの改善を気長には待てない!という人は、美容外科クリニックに行くと時間をかけずに問題解決が期待できます。

美容外科では、レーザー治療はもちろん、フォトフェイシャル治療などその人に合った治療法を行ってくれます。

費用は大体2?1ショットで2,000円とお手頃。改善策を試してもなかなか治らないという人も、美容外科に相談してみるのが良いかもしれません。

お手軽な値段の黒ずみケア化粧品

ハーバルナチュラルラビットゲルクリーム

このクリームは主にデリケートゾーンに使用するものですが、唇の黒ずみケアにも使うことが可能です。

このクリームに配合されている「水溶性プラセンタエキス」は黒ずみの原因であるメラニンをできにくくする効果があります。

黒ずみケアには肌を乾燥させないことも大事なので、潤い成分と保湿成分をたっぷり配合しています。

パッケージも可愛いうさぎのデザインで、持ち歩きやすく大人気です!

まとめ

唇は体の中でも常に動かし、酷使する部分ですから、刺激にも強いイメージがある人もいるかもしれません。しかし実はとてもデリケートな部分です。常に乾燥し、そしてその乾燥に摩擦が加わって黒ずみに変化していきます。

毎日はちみつパックをしたり、少しでも外部からの影響を受けないようにする為、UVカットのリップクリームを使うなど、時間の許す限りなるべく自分なりのケアを怠らないように心がけましょう。

関連した記事

毛抜き脱毛は毛穴が広がる?:毛穴トラブルを減らす方法

毛抜きを使った脱毛はコストが低くて手軽なので、多く...

2019年07月22日, 毛穴・角栓(黒ずみ)

肌荒れで赤みが出る原因は?:今すぐできる対策でストレスをなくそう

肌荒れは、ただでさえストレスがかかるものです。そん...

2019年07月22日, 毛穴・角栓(黒ずみ)

お尻の黒ずみにサヨナラしよう!簡単にできる改善方法

夏に限らず、ジムやプールなどの更衣室や温泉、岩盤浴...

2019年07月22日, 毛穴・角栓(黒ずみ)

いま話題の記事