背中の黒ずみの原因と解決法:綺麗な後ろ姿を手に入れよう!

CARE室編集部
公開, 更新 , 毛穴・角栓(黒ずみ)

近年は一年中レジャー施設などで温泉や岩盤浴、温水プールを楽しむことが出来ますが、そこで気になってくるのが背中の黒ずみ。折角、水着や裸になるのに黒ずみがあっては恥ずかしいため、肌を見せるのが嫌になってしまいます。

今回はそんな背中の黒ずみの解決方法や予防策をご紹介します。誰に見られても恥ずかしくない綺麗な背中を手に入れましょう。

背中の黒ずみの原因

背中の黒ずみの原因は症状によって判断するしかありません。まず、触ってみた感じでざらざらしている場合、毛穴に汚れや皮脂が溜まっていて、それが角栓となり酸化して黒くなっていることが考えられます。

次に、締め付けの強い下着をつけるなど皮膚に刺激を与えてしまうと、皮膚はメラニンを普段に増して生成。そしてそこに紫外線が当たることで背中の皮膚の黒ずみを引き起こします。

ここでは背中黒ずみの大きな原因を3つ紹介していきます。

背中の黒ずみ原因1:毛穴の汚れ

背中は自分で洗うのも大変で、見えない部分でもあるので洗い残しがどうしても発生してしまいます。そのため背中には知らない間に溜まった皮脂汚れによる黒ずみがたくさんなんてこともあるでしょう。

毛穴汚れを発生させないコツとしては、背中までしっかりと温めて毛穴を開いて清潔にすることです。できれば毎日湯舟につかって、背中までしっかりと洗い流すことをおすすめします。

背中の黒ずみ原因2:メラニン色素の沈着

肌荒れや紫外線による刺激が肌に与えられるとメラニンと呼ばれる、肌のバリアをしてくれる色素が発生し、それが黒ずみの原因となります。

肌荒れの元になるものは、洗い残しや生活習慣の乱れによる背中ニキビです。

また、自分のサイズに合っていない下着を着ていることでもメラニン色素が発生します。とにかく肌に刺激を与えないようにすることが大事なので、日頃から身に着けるものの質に気にかけるようにしましょう。

背中の黒ずみ原因3:肌質によるもの:気になる場合は病院へ

元々アレルギー体質である人は肌が弱くて、刺激の強いボディソープを使っていたりするといつのまにか肌荒れが発生していることもあるようです。

肌に赤みがでてきてしまったり、黒ずみがひどい際は肌の病気である可能性があるので皮膚科に行くことをおすすめします。

黒ずみを除去できる治療を行っている皮膚科もあるので、黒ずみがなかなか改善されないという方も相談してみると良いかもしれません。

背中の黒ずみの解決法

黒ずみが背中にできてしまう原因について見てきましたが、ここからは背中黒ずみをどうしたら改善できるかについて説明していきます。もし黒ずみでお悩みの方がいれば参考にしてみてください。

またお家で黒ずみを改善したいという方は、ルフィーナがおすすめです。背中専用に作られているクリームなので、特に背中が気になっているという方にぴったり。

薬用クリーム、ルフィーナをチェックする

お風呂に浸かる

背中の毛穴に詰まった汚れや皮脂を洗い流し、角栓を作らないようにしましょう。ゆっくりとお湯に浸かることで毛穴が開き、汚れを流すことができます。

大体理想と言われているお湯の温度は38度ですのでそれをキープするように心がけてください。

また、残った汚れを落とす為にも、皮膚に負担の少ない綿のタオルに泡をたっぷりつけて、優しく背中を洗いましょう。その際、洗い残りがあると皮膚には大ダメージなので、必ず背中の泡は全て落とし切ってください。

髪を洗うときについてしまいがちな、リンスやトリートメントの洗い残りにも要注意です。

下着のサイズは少しだけ余裕を持つ

女性の下着の価格は様々ですが、あまりに安価なものだと背中の黒ずみを余計に悪化させてしまう原因になります。

背中の黒ずみが気になる方は「大体サイズはこれくらいだから」と自己判断で下着を買わないようにしてください。

下着屋でサイズを測ってもらい、自分のサイズにあった下着を買って、過剰メラニンの増加を防ぎましょう。

サイズの合わない下着は、メラニンの増加以外にも、血行を悪くして冷え性を引き起こす原因ともなってしまいます。

他にも、血流を悪くすることで自律神経に影響を与え、イライラしたり更に肌のモイスチャーバランスを崩してしまうので慎重に下着を選びましょう。

皮膚科に行く

上記の方法でこつこつ頑張っていれば、早ければ2ヶ月または3ヶ月で効果を実感でき、綺麗な背中を取り戻すことが出来ます。しかし、すぐに黒ずみをどうかしたい女性もいるでしょう。そこで活躍するのが皮膚科です。

レーザー治療では黒ずみの原因となっているメラニンを破壊し、すぐに白い肌を取り戻すことが出来ます。職業柄や人前で肌を見せる機会の多い人は、手軽ですぐに白い肌を取り戻せるこの方法を取り入れてみてはいかがでしょうか。

ピーリング効果のある専用クリームを塗る

背中が黒ずんだりニキビができてしまう原因のひとつに乾燥があげられます。肌が乾燥することによって肌を守っている角質層に隙間ができてバリア機能が低下し、内部の水分が蒸発してさらに乾燥してしまうことに。

その結果、硬くなってしまった古い角質が毛穴をふさぎ、ニキビができてしまいます。そこから黒ずみや色素沈着に繋がっていくのです。

そうなることを予防・解消するために、一般のボディクリームではなく、保湿・美容成分がたっぷり配合された背中専用のピーリング効果などが見られるクリームを選んで使用してください。

たとえば、薬用クリームのルフィーナは肌全体にうるおい成分をしっかりと浸透させ、潤いのヴェールで肌全体をしっかり保湿できるように成分にこだわって作られています。

また、ヒアルロン酸をはるかに凌ぐ保湿力のシロキクラゲと、肌のハリと潤いを保つ低分子コラーゲンを配合しているので効果が出ることに期待大。

こちらの商品は初回72%オフなので気になる方は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

薬用クリーム、ルフィーナをチェックする

まとめ

背中は見えない部分なので、ケアや配慮を怠ってしまいがちな場所でもあります。しかし、気を抜くと後々悩みにつながるケースも多い場所。背中の黒ずみには毎日の丁寧なケアがとても大事。

それに加えて、色素が沈着してしまってなかなか治らない場合はレーザー治療を行うなど、その症状にあった治療法を選びしましょう。

関連した記事

毛穴が赤いときの適切な対処法:毛穴が赤くなる理由とは?

毛穴に赤みがあると、とてもよく目立ちます。また、黒...

2019年07月22日, 毛穴・角栓(黒ずみ)

お尻の黒ずみにサヨナラしよう!簡単にできる改善方法

夏に限らず、ジムやプールなどの更衣室や温泉、岩盤浴...

2019年07月22日, 毛穴・角栓(黒ずみ)

いま話題の記事