デリケートゾーンの黒ずみをケアして女子力UP!おすすめの美容クリームは?

CARE室編集部
公開, 更新 , 毛穴・角栓(黒ずみ)

ムダ毛処理後の黒ずみが気になる、彼氏にデリケートゾーンの黒ずみを見られたくない、温泉や海に入りづらい…など、日常の中で意外とデリケートゾーンの黒ずみに悩まされることは多いです。ふとした時に黒ずみに気づいて、ショックを受ける女性も多いのではないでしょうか。

毎日化粧水や乳液で肌をお手入れするように、デリケートゾーンも美容クリームなどを使ってきちんとケアすることが大切です。

今回は、デリケートゾーンの黒ずみができる原因とその対策法を紹介していきます。普段見えないところだからこそ、きちんとケアして女子力をUPさせましょう。

デリケートゾーンの黒ずみケアでおすすめなのは、ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム。美白成分と潤い成分がたっぷりと含まれ、黒ずみの原因になるメラニン色素の過剰発生を抑えます。

ハーバルラビットナチュラルゲルクリームをチェック

デリケートゾーンの黒ずみの原因

デリケートゾーンの黒ずみを引き起こす、主な原因を4つ紹介します。

原因1.摩擦などによる刺激

デリケートゾーンの場合は特に、下着やデニムなどによって生じる摩擦が黒ずみの大きな原因。刺激を受けた肌は、メラニン色素を生成して肌を守ろうとします。

デリケートゾーンは、特に肌を保護しようという働きが強い場所。もともとメラニンの活動が活発で、黒くなりやすいのです。

また、Vラインはアンダーヘアの処理による脱毛トラブルや、洗いすぎによって皮膚への刺激が多くなっています。特にカミソリで剃っている場合は、皮膚にたくさんの刺激を与えてしまうので黒ずみができやすくなります。

身だしなみとして行っている処理が逆に黒ずみの原因となってしまうなんてことも。

原因2.ムレや汚れ

デリケートゾーンの中でも特に、Iラインはおりものや皮脂、生理による経血によって汚れやすい部分です。

デリケートゾーンの皮膚は薄くひだ状になっているので、汚れがたまりやすく臭いの原因にも。肌が弱い方は特に汚れによって炎症を起こしやすく、色素沈着も起こりやすいと言えるでしょう。

また、普段長時間座っていることが多い人は、お尻がむれやすく、それがお尻ニキビにつながってしまうこともあります。お尻ニキビは、色素沈着してしまう可能性もあり、黒ずみの原因になります。

原因3.ターンオーバーの低下

ターンオーバーとは肌の新陳代謝のこと。刺激によってメラニンが生成されて肌が黒ずんでも、時間の経過とともに元の肌色に戻っていくのが正常な肌サイクルです。

しかし、代謝が乱れたり加齢によって代謝が低下すると、メラニン色素が沈着したまま再生され辛くなっていくこともあります。

原因4.ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れの最たるものは生理不順ですが、体が疲れやすくなったり寝つきが悪くなったりというのもホルモンが原因。ホルモンバランスが乱れると、肌のターンオーバーも正常にできなくなってしまいます。

肌の調子を整えるためには、まずストレスを解消し、ホルモンバランスを整えましょう。

デリケートゾーンの黒ずみを改善する方法

デリケートゾーンは、肌が薄く黒ずみの原因であるメラニンが活性化しやすいので、そもそも色素沈着が起こりやすい部位。自分でもできる黒ずみ対策法をいくつか紹介します。

きつめの下着や衣類を避ける

体に合わないサイズの下着をつけることはデリケートゾーンに刺激を与え続けることになります。きちんと自分のサイズを把握して正しくつけましょう。下着は消耗品なので、あまり買い換えないという人も、衛生面を考えてそこはしっかりと新しいものを定期的に買うようにしてください。

また、化学繊維は特に刺激を与えてしまいやすいので、黒ずみがひどくて気になる人は、綿のような優しい天然素材のものを選ぶといいです。タイトなデニムも歩く度に摩擦が生じるので、長時間歩くようなときにはデリケートゾーンをひどく刺激してしまう恐れがあります。

洗い方に気を付ける

臭いが気になる、綺麗にしたいとの理由からゴシゴシ洗っていませんか?洗浄力の強いせっけんやナイロンブラシなどは肌への刺激が強く、黒ずみの原因になってしまいます。

そのため、デリケートゾーンは泡立てた石鹸や、弱酸性の肌に優しいもので洗う事をおすすめします。海外ではデリケートゾーン専用の石鹸でデリケートゾーンを洗浄するのが当たり前です。

質の悪いナプキンなどを使用しない

生理中は特に肌が敏感になっているので、質の悪いナプキンやトイレットペーパーを使っているとどんどん黒ずみが増えていくことも。

陰毛とナプキンが擦れることでの刺激によっても肌はダメージを受けますので、自分の肌に合ったものを使いましょう。

思い切ってナプキンではなくタンポンを使ってみるのも良いかもしれません。ナプキンよりも蒸れにくく、黒ずみになりにくくなります。

生活リズムを整える

ターンオーバーの促進や、ホルモンバランスを整えるには、生活習慣を改善することが大切です。食事は栄養バランス良く取りましょう。特に、ビタミンCはメラニンの過剰発生を抑えてくれる働きがあるので、積極的に取り入れるのが良いです。

また、肌は寝ているあいだに修復されるため、十分な睡眠時間を確保することも大切です。睡眠不足はお肌の敵、と言われるように、ホルモンバランスやターンオーバーの乱れる原因になってしまいます。

しっかり保湿する

黒ずみケアの解消法として大事なのが、保湿をすることです。お風呂上がりにクリームなどを使ってしっかりケアしましょう。

しかし、クリームを塗る時は粘膜部分には塗らないように気をつけてください。

肌のターンオーバー、新陳代謝を促進する作用のあるデリケートゾーンの専用クリームを塗る対策方法は、手軽に始められるのでおすすめです。

デリケートゾーンの黒ずみにおすすめのクリーム3選

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム

美白成分だけでなく、肌に芯から潤いを与える成分をぎゅっと配合!黒ずんだガサガサお肌をプルプルに変えていきます。敏感肌にも嬉しい添加物不使用。朝と夜の二回、気になるところに塗るだけ。可愛いうさぎのデザイン&ほのかなバラの香りは塗るたびに癒やされます。

ハーバルラビットナチュラルゲルクリームをチェック

ホワイトラグジュアリープレミアム

女性に嬉しい美容成分がたっぷり配合されており、美しく潤った肌へと導きます。敏感肌にも優しい成分だけを使用。プッシュ式で使いやすく、クリームもべたつかないので毎日続けられます。

定期購入を申し込むと、なんと通常の価格の4,000円OFFで購入できる嬉しいサービスも実施中!

ホワイトラグジュアリープレミアムをチェック

デリケートゾーンの黒ずみまとめ

デリケートゾーンの黒ずみは、実は悩んでいる人が多い場所。人に見られる機会が少ないから、なかなかきちんとケアをしている人は少ないようです。

しかし、きちんと毎日ケアしておくと、いざというときにも安心!デリケートゾーンも怠らずに黒ずみチェックしてみましょう。

関連した記事

なぜ赤ら顔になるの?そのメカニズムとは?体質やニキビなど6つの原因

自分だけ頬が他の人よりも赤い、という悩みを持つ方も...

2019年07月22日, 毛穴・角栓(黒ずみ)

今すぐ対策!肌の赤みを治す8つの方法

顔全体がほてったように赤い人、ほっぺがいつも赤い人...

2019年07月22日, 毛穴・角栓(黒ずみ)

唇にある黒ずみの予防・対策方法をご紹介:ハチミツが効果的!?

女性らしさの象徴とも言われる、唇。男女共に唇の形が...

2019年07月22日, 毛穴・角栓(黒ずみ)

いま話題の記事