シャンプー選びのポイント!頭皮乾燥の原因・対策まとめ

CARE室編集部
公開, 更新 ,

頭皮(地肌)が痒い。最近フケが気になるという方は、頭皮が乾燥しているのかもしれません。 頭皮の乾燥を防ぎたいという方はシャンプー選びが大切。 シャンプーを選ぶ上で、頭皮の乾燥の原因・予防・対策について見ていきましょう。 おすすめのシャンプーも紹介するのでぜひ参考にしてください。

頭皮が乾燥する原因

痒みやパサつきのもととなる頭皮の乾燥はなぜ起こるのでしょうか?1つ1つ原因を紹介します。

季節と紫外線

頭皮は肌と同じですので、乾燥する季節といえば冬。屋外の湿度は低く、屋内では暖房機器を使用するため空気が乾燥し、皮脂の分泌が抑制されてしまい頭皮の乾燥状態が続きます。 また冬の乾燥に変わって、夏の紫外線も油断大敵です。湿度や暑さが増し、うっかり紫外線を大量に浴びてしまうとことで、頭皮の乾燥が進んでしまいます。

間違ったシャンプーのやり方

頭皮の乾燥によるフケや痒みが発生すると、清潔に保ちたいと一日に何度もシャンプーをしてしまいがちですが、1日2回以上のシャンプーは逆に頭皮に負担をかけ、必要な皮脂を取り除いてしまうので、シャンプーは1日1回で十分です。 40℃以上の高温のシャワーも同様に、頭皮に必要な皮脂を取り除いてしまうので気を付けましょう。 また、シャンプーをする際、爪を立ててガシガシと頭を洗うのも頭皮にとってはダメージを与えることになり、爪が頭皮の角質層を傷つけてしまうため地肌に負担がかかってしまいます。

栄養不足

頭皮を健康な状態に保つためには栄養も必要です。 ここ数年、インスタントフードやジャンクフードが普及し、偏った食生活や不規則な生活をする人も多いですが、頭皮への栄養が行き届かないと頭皮の水分保持力が低下し、血行不良となってしまいます。 その結果として、頭皮は本来の働きができなくなり乾燥を招いてしまいます。

頭皮が乾燥した時の対策

様々な原因によって頭皮が乾燥してしまった場合の対策をご紹介します。

加湿器で保湿する

頭皮も肌の一部ですので、特に冬は部屋に加湿器を設置して、湿度を40~60%に保つように心がけましょう。

規則正しい食事

頭皮のためにも、1日3食の規則正しい食生活を送ることが大切です。 また栄養バランスがとれているかということも重要。特にビタミンB2、B6、A、C、E、たんぱく質、亜鉛等を含んだ食品を摂取すると頭皮の代謝を促す作用があります。

セルフヘッドスパ

正しい方法で頭皮をマッサージすると、毛穴の汚れも落ち、血行促進、フケや痒みの改善などの効果が期待できます。また同時に、リフトアップ効果の期待もできます。

シャンプーの仕方を変える

シャンプーをする時は、洗顔と同様、なるべく優しく洗うというイメージで行いましょう。 具体的には、泡で毛穴につまった汚れを取り除くために、まずはシャンプーをよく泡立ててください。 そして指の腹を使って親指を除く4本指でマッサージをするように、優しく洗いましょう。

シャンプーを変える

普段、使用するシャンプーの種類も頭皮を健康に保つためには重要です。 シャンプーの洗浄力はボディーソープよりも強く、洗浄力が強すぎると、必要な皮脂まで取り除いてしまい、頭皮はさらに乾燥してしまします。 そこでおすすめしたいのが、ハイビスカスシャンプーです。このシャンプーには、頭皮のバリア成分を残したまま、余分な皮脂や汚れを洗い流すという「選択洗浄性」に優れたアミノ酸洗浄成分が厳選して配合されています。 保湿成分のハイビスカス葉エキスと、植物性ヒアルロン酸も配合されているので、泡立ち・指通りがよく、髪と頭皮に潤いを与え、ツヤのあるしっとりした仕上がりが得られます。 シャンプーを見直すことによって、頭皮の乾燥トラブルの改善を目指しましょう。

関連した記事

いま話題の記事