本当に安全?スキンケアで使う無添加化粧品について

CARE室編集部
公開, 更新 , 毛穴・角栓(黒ずみ)

「無添加は肌にいい」という話をよく耳にします。

女性なら誰でも、何歳になっても綺麗でいたいという気持ちを持っているもの。肌トラブルを起こさないスキンケア化粧品を探している時は、無添加・自然・天然・植物等の言葉が目に入ると、思わずチェックしてしまいます。

無添加というだけで肌に優しいイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか?

無添加ってなに?

無添加という言葉を度々見かけますが、そもそも無添加とは何なのでしょうか?

合成化学成分が使われていない、天然成分だけで作られたもの

添加物の多くは石油から合成された成分で、香料や防腐剤なども含まれていますが、それら余計なものが何も混ざっていないということです。

以前はアレルギーの危険性があるもの、102種類の「化粧品表示指定成分」だけが表示を義務づけられていましたが、現在では薬事法の改定により、配合している全ての成分を表示することが義務付けられています。

防腐剤

化粧品を使用する際は、可能な限り美容成分以外の添加物は避けたいもの。添加物の中でも、化粧品においては特に防腐剤を避けるべきという傾向がありますが、防腐剤を使用しないと化粧品にカビや細菌が繁殖しやすくなり、結果として肌トラブルを引き起こしてしまうことがあります。

「防腐剤不使用」と書いてある商品でも、製品の劣化を防ぐために防腐剤は必要不可欠なため、実は防腐効果のある別の成分が添加されているのです。

ごくまれにメチルパラベン等の防腐剤でアレルギー反応を起こしてしまう方がいますが、そういった場合は防腐剤配合の化粧品を避けるようにしましょう。基本的にはほぼ無害ですので、肌への刺激があったり、アレルギーを起こさない限りは、特に気にする必要はありません。

香料

肌に良くないからといって香料が含まれる化粧品を避ける方が多いですが、防腐剤と同様にアレルギーを起こさない限りは問題ありません。

化粧品に使われる香料は、香水と比べるとほんのわずかです。香料に敏感な肌質の人は気をつけるべきですが、普通肌の人は神経質になる必要はないでしょう。

自然成分は肌に優しい?

自然・天然・植物=肌に優しいと思いがちですが、多くの成分が入り混じっているものほど、アレルギーを起こすリスクが高いのです。

赤みや痒みなどのアレルギー反応が見られた際は、自己判断せず医師に相談しましょう。そのまま使用を続けると肌荒れが悪化してしまい、せっかく肌に優しい物を使っているのに意味がなくなってしまいます。

まとめ

化粧品を使用した際、肌への刺激やアレルギーが起きなければ、自分にとっては「肌に優しい化粧品」なのです。無添加に越したことはないですが、あまりとらわれず自分の肌に合っているものを使用しましょう。

それでも無添加の製品を使いたいという方には「KYOKIORA(キョウキオラ)」がおすすめ。

KYOKIORA(の化粧水は、独自製法の技術を用いた化粧水で薬剤不使用にもかかわらず、肌に浸透しやすく、肌に優しい弱酸性成分になっています!

そのため乾燥肌や敏感肌の方へとてもオススメの商品です。

関連した記事

黒ずみができる原因と解消法

最近、「肌がザラザラ」したり「黒ずみができて気にな...

2019年07月22日, 毛穴・角栓(黒ずみ)

ラミナーゼクレンジングバームの口コミ・評価:ダブル洗顔は不要!

あなたはクレンジングを正しく行っていますか?強い洗...

2019年07月22日, 毛穴・角栓(黒ずみ)

ミエル・ド・アンジュ ホワイトパックの口コミ・効能:1つのパックで130%の保湿力!

最近化粧ノリがよくない、ニキビや肌荒れがひどく、肌...

2019年07月22日, 毛穴・角栓(黒ずみ)

いま話題の記事