レーザー脱毛の知識と口コミ情報:家庭用レーザー脱毛器との違いを徹底解説

CARE室編集部
公開, 更新 , 脱毛

夏場に限らず無駄毛の処理は煩わしいもの。せっかくのおしゃれも、忘れがちなムダ毛の処理で台無しになってしまいます。ムダ毛処理方法のひとつとしてあげられるのがレーザー脱毛。そのレーザー脱毛の原理や使用法、気になる口コミ情報までご紹介します。

レーザー脱毛は通常の脱毛サロンで行われている光脱毛とは異なり、国で認められた医療機関でレーザーをあてて行う脱毛のことです。

レーザー脱毛って?

レーザー脱毛とは国に認められた医療機関で行われるレーザー照射による脱毛のことで、通常の脱毛サロンで行われている光脱毛とは異なります。

医療機関でないところで行われている脱毛は毛根を破壊する行為が認められていないのに対して、指定された医療機関では毛根自体を破壊することが可能です。

家庭用レーザー脱毛器も毛根を破壊する威力を持つことは法律で禁止されているため、医療機関で使っているレーザー脱毛器よりも威力が劣ります。

もし徹底的に永久脱毛がしたいというのであればレーザー脱毛がおすすめです。

湘南美容外科で脱毛

レーザー脱毛法の原理

黒色のメラニン色素がある無駄毛の成長期にレーザーを照射することで、毛や毛根、周辺組織にダメージを与え、脱毛します。

毛が生え変わるサイクルに合わせ数回の照射で、永久的な効果が期待できると言われています。3回目ぐらいから目に見えて毛が少なくなってきたことを実感できるようになります。

毛の量や質により個人差がありますが、1ヵ月~2ヵ月おきに5~8回の照射が効果的です。照射してすぐにすべての毛がなくなるわけではないので注意しましょう。

効果的なお手入れの回数と周期

体毛が生え変わるサイクルで脱毛する必要があり、また、肌の回復を待つ必要もあるため、身体の場合には2~3ヵ月ごと、アゴヒゲなど、お顔の場合は1ヵ月ごとのケアが良いといわれています。

一般的に、3回で50%、5回で70%、10回の照射で90%程度の脱毛が実現すると言われています。身体の場合には、2~3ヵ月に1度のペースで5~10回、男性のアゴヒゲなどの場合には、1ヵ月に1度、10~15回程度の照射が目安です。

光脱毛よりも行く頻度が低いため、光脱毛をあきらめてしまった人にもおすすめの脱毛方法となっています。

日焼けと保湿には要注意

レーザー照射後は軽いやけどを負ったような状態です。患部の日焼けは症状を悪化させる原因になります。

施術前後には保湿にも心がけてください。日傘や服装などで直射日光を避ける工夫や、化粧品などで保湿を保ち、お肌をうるおいのある状態に維持しておきましょう。

またレーザー脱毛後も身体に熱がこもりやすい状態になっているので、お酒を飲んだり、激しい運動をしたりしないようにしてください。お湯に長時間つかるのもやめましょう。

医療レーザーは痛い?

医療レーザーは、出力の高いレーザー照射で毛幹細胞を破壊し、永続的な減毛を行うというもの。施術回数も少なく、高い効果が期待できます。

ただ、エステサロンの光脱毛に比較すると痛みも伴います。これに対し、エステサロンでの光脱毛は、出力も低いので痛みも医療機関のレーザーに比べて少なくて済みます。

特に毛が濃い部分であるデリケートゾーンや脇はレーザーを当てた際の痛みが大きい部分で、人によってはそれに耐えられないかもしれません。

もし痛みが苦手であるならば、痛みの少ない脱毛サロンでの脱毛処理をおすすめします。痛みを感じた際は照射の強さも変えてもらうことができるので安心です。

脱毛・エステサロン・家庭用脱毛器の違い

脱毛をしたいと思ったとき、医療機関で行う脱毛とエステサロンで行う脱毛、そして家庭用脱毛器。選択肢はいろいろです。

そこで、ここからはそれぞれの脱毛方法の違いを紹介します。自分でレーザー脱毛をする際にはやけどなどのリスクがつきものなので、家庭用脱毛器で行う自宅での脱毛方法はあまりおすすめできません。

なるべく脱毛サロンか医療機関に通って脱毛処理をするようにしましょう。

クリニックとサロンでの脱毛法の違い

エステサロンでは光脱毛を行っています。医療機関の医療レーザー脱毛とエステサロンで行われている光脱毛との違いは、一言で言えば「照射パワーの差」です。

エステサロンは法律上、毛根を破壊する行為、つまり長期的効果のある脱毛(医療行為)は行えません。そのため、低出力の光脱毛のみを採用しています。

回数を重ねればある程度の脱毛効果は得られますが、毛が再生するように施術することが法律で決められているため医療脱毛よりは脱毛の威力が低いです。

しかし医療脱毛よりも痛みが少ないので、医療脱毛が痛くて耐えられないという方は脱毛サロンでの光脱毛がいいでしょう。

銀座カラーで脱毛する

家庭用レーザー機器

自宅でお好みの時間に手軽にケアする。家庭用脱毛器もいろいろに市販されています。その種類ですが大きく、フラッシュ脱毛器とレーザー脱毛器の2種類に大別されます。

フラッシュ脱毛器は、エステサロンで使用されている光脱毛を用いたもの。

レーザー脱毛器は、美容皮膚科や美容外科などで扱っている医療用レーザーを家庭用に出力を落として販売されたものです。

その効果も実証済み。高い評価を得られています。人目や時間を気にせずケアをお望みの方におすすめです。

使用時には保湿や日焼けに注意することに加え、痛みや炎症を抑えるために、しっかりと感部を冷やすように心がけてください。

医療レーザー脱毛まとめ

医療機関で行われるレーザー脱毛について、他の脱毛方法と比較しながら紹介してきました。医療脱毛を選ぶ方は時間があまりなくて何度も通えない方や、短期間で結果を出したい方が多いようです。

医療脱毛をするのであれば「湘南美容外科クリニック」をおすすめします。全国に店舗を展開しているため自宅から近い店舗を下のボタンからぜひ検索してみてください。

湘南美容外科で脱毛

関連した記事

脱毛によるトラブル一覧:それぞれの対処法もご紹介

今や全身脱毛をしている方は珍しくありません。脱毛の...

2019年07月22日, 脱毛

脱毛の事前準備:当日までに行っておくべきこと

脱毛サロンでは専用のルームウェアの無料貸し出しも行...

2019年07月22日, 脱毛

ブラジリアンワックスでわき毛を脱毛する方法:痛みを軽減させる方法とは?

脇は、セルフ脱毛でも多くの人が処理をしている部位で...

2019年07月22日, 脱毛

いま話題の記事