ナチュラルメイクの仕方やポイント6つ:本物の私をアピールしたい!

CARE室編集部
公開, 更新 , メイク

男性からだけでなく、女性からも自然な仕上がりのメイクは印象としてとてもいいものです。しかし、ナチュラルと言ってもメイクをしないということではありません。

簡単な手抜きメイクとは違い、ある程度の基本の過程を知っておく必要があります。

初めは難しいと感じるかもしれませんが、慣れてくると上手にアレンジするなど毎日のメイクを楽しむことができます。女性の本来の肌の美しさを活かした自分に合ったメイク方法を上手に取り入れて相手の印象に強く残るナチュラルメイクを目指しましょう。

では、ナチュラルメイクのポイントを紹介していきます。

1.まずは素肌から

肌の状態を良くすると自然とナチュラルメイクになるものです。そこで、メイクのベースとなるのはスキンケア。

スキンケアにおいては、保湿が欠かせません。

メイクは少なからず肌に負担をかけます。肌のトラブルを最低限に押さえる為にも肌を乾燥させないことが大切です。しっかり化粧水で水分補給し水分の蒸発をおさえましょう。そして、メイクの上からも出来るミストタイプの化粧水を持ち歩くなどして、メイク前だけでなく常に肌の潤いを気にするようにしてください。

2.ベースメイクの方法

ファンデーションののりや持ち時間を良くするために、化粧下地を顔全体になじませます。


その後はコントロールカラ―を使って肌の印象を整えてあげましょう。イエローカラーは肌を健康的に見せてくれるため、迷ったときにはこれがオススメ。

ファンデーションは時間をかけずにサッと塗ります。むらが出来ないようにすばやくするのがポイントです。

そして、最後に目の周りのしみなど、部分的に気になる箇所をパウダーファンデーションで隠し、全体を落ち着かせることで化粧崩れしにくく、また透明感のある仕上がりになります。

ベースメイクでおすすめがディセンシアの「アヤナス AS BBクリーム」です。

UVカットしながら素肌メイクがさらっとできるので、ぜひ試してみてください。

アヤナス AS BBクリームをチェックしてみる

3.アイラインの引き方

メイクの最重要ポイントといってもいいほど印象をガラッと変えてしまうのがこのアイメイクです。

アイライナーはペンシルタイプやリキッドタイプ、ジェルタイプなど種類がありますがどれを使うにしてもラインを引く幅と範囲を決めて自然に目立ちすぎないようにしましょう。

一般的な色は黒ですが、黒ははっきりとした色であるので引き締め効果は抜群です。しかし、少し強調しすぎる場合がありますので、その時はブラウンやネイビーを利用しやわらかい表情を演出してみるのもいいでしょう。

アイラインを引き、その後チップか綿棒などで線をぼかすとより自然な感じに仕上がります。

4.アイブロウの方法

自然な眉毛は顔をより引き立てます。ナチュラルにするポイントとしては、きれいなラインときれいなアーチを作ることです。

アーチは目頭から眉山まではある程度まっすぐでそこから目尻にかけて徐々に下がっていきます。

ある程度自分の眉毛に合わせてナチュラルに仕上げてください。意識してアーチをかけることも出来ますが、より自然を求めるのであれば、自然なアーチの方が違和感はありません。

そして、最後はアイブロウを少しぼかしてみましょう。あからさまに境目が分かるようであるとナチュラルには感じませんよね。アイブロウブラシなどを使いいかにも描いたというのがわからないようにしてみてください。

5.アイシャドウの塗り方

アイシャドウは凹凸を与え、立体的に見せてくれます。ナチュラルメイクでは、バランスと色の選び方が大切になってきます。

アイシャドウを塗る前にベースを塗ることをオススメします。ベースを塗ることでメイクの仕上がりや発色が良くなります。

アイシャドウはチップやブラシを使い、肌に馴染む色をアイホール全体に、そして目の際には少し濃い色を塗りグラデーションをつけましょう。

アイシャドウは肌の透明感を出してくれたり個性的に見えるなど色によって様々な自分を演出することができます。自分に合うパーソナルカラーを知っておくとよりナチュラルに仕上げることができます。

韓国コスメで、発色のいいアイシャドウを探す

6.チークの付け方


クリームタイプやムースタイプのチークもありますが、ナチュラルメイクにはパウダーチークが調整をしやすくてオススメ。

ブルーベースで色白な人はピンク系、イエローベースの人はコーラルピンクやオレンジ系の色のものを選びましょう。

肌になじむ色選びにすることで、自然に血色よく顔の雰囲気を変えてくれます。

付け方は、ブラシをとって、手の甲で調整しながら頬につけていきましょう。チークをつけすぎて失敗する心配がいりません。

まとめ

その他にもちろんリップやチークもナチュラルにするためにはとても大切です。リップやチークも濃すぎず、自然になるように自分の肌に合ったものをチョイスしいかにもつけている感を出さないようにしましょう。ナチュラルメイクとは、化粧をしているがあまりひとつひとつ強調せずスッピンのように自然に見せることです。そのため、部分部分でアクセントを入れる必要はなく、少し薄いかな、というくらいがちょうどいいかもしれません。

普段バッチリメイクをしている方は、印象を変えたい時にナチュラルメイクを取り入れましょう。

関連した記事

おフェロメイクのポイントまとめ:女性らしいおフェロ感でメンズを虜にしよう?

最近、おフェロ女子が流行っていますよね。おフェロと...

2019年07月22日, メイク

大人メイクの仕方:男子の心をつかむ、垢抜け美人になりたいの?

10代ときとほぼ同じメイクの仕方でお化粧をしていま...

2019年07月22日, メイク

21世紀の新常識?化粧男子の特徴6選

最近、お化粧をする男性が増えてきているのをご存知で...

2019年07月22日, メイク

いま話題の記事