老け顔に見られる原因7選:顔の筋肉が鍛えられていない!

CARE室編集部
公開, 更新 ,

実年齢よりも上に見られてしまった経験は、ありませんか?

大人っぽく見られるのは嬉しいですが、老け顔に見られるのは悲しいですよね。

何が原因で、老け顔に見られてしまうのでしょうか。そこで、今回は老け顔に見られる原因を紹介していきます。

老け顔に見られる原因7選

顔がたるんでいる

顔が老けて見える原因のもっとも大きなものが、顔の肌のたるみです。年齢とともに、お肌のはりは失われてしまいます。

それを放っておくと顔の輪郭が下がってしまうので、実年齢よりも老けて見えてしまうのです。

特に深いほうれい線や口元のマリオネットラインは、実年齢をぐっと押し上げてしまうので要注意です。

化粧が厚い

年齢や乾燥により、肌のツヤが失われると、どうしても老け込んで見えます。また、毛穴が目立ったり、しみやそばかすが気になることも。

それをカバーするためにファンデーションを厚塗りすると、一気に顔年齢が上がってしまうことになります。

また肌の色を明るく見せるために、実際の肌とまったく違う色のファンデーションを使うのもNG。

そこだけ浮いて見えるので、余計にアラが目立ってしまいます。

頬がこけている

赤ちゃんや子供の頬はぷっくりして、可愛らしいですよね。

一方、ダイエットや加齢のためにげっそりした頬は、若々しさとは縁遠くなってしまいます。

顔に影があると、彫りが深く・暗く見えて、余計に老けて見えてしまうのです。

顔の筋肉が鍛えられていない

年とともに顔の筋肉も弱っていきます。口角が下がっていたり、目元にはりがないと、どうしても老けて見えがち。

特に口角が下がっていると、実年齢よりも急激に老け込んで見えるので、要注意です。

血色が悪い

貧血や疲れのために血行がとどこおり、頬や唇の色が悪くなってしまうと、これも老けて見られる原因になります。

顔色の悪さをカバーしようとチークを厚塗りしたり、明るすぎる口紅を選んだりすると、余計に老けて見られることも。

唇が乾燥して白っぽくなっているのも、女性らしくなく、年齢を感じさせてしまうかもしれません。

姿勢が悪い

猫背になると、不恰好に見えるだけでなく、血行が悪くなるので、顔色が悪く見えてしまいます。

姿勢を維持する筋肉が弱り、脂肪がつきやすくなるので、体のラインのメリハリまでなくなってしまうかも。

そうなると、どうしても若々しさが失われてしまいます。

髪が乾燥している

いくらお肌に気をつけていても、髪の毛が痛んでいると老けて見えてしまいます。

お年寄りと子供の髪の毛を見比べてみれば、潤いの大切さがわかるはず。

カラーでごまかそうとしても、結局痛んでしまうので、なるべく避けたほうが無難です。

関連した記事

いま話題の記事