透明感のあるメイクのコツ6選:少しの工夫でモテ肌に

CARE室編集部
公開, 更新 , メイク

いま一番のモテ肌は、透明感のある肌です。透明感のある肌の決めては、潤いが十分にあって、くすみがないこと。「潤い」は保湿で補うことは知られていますが、「くすみ」というのは、ちょっとあいまいですね。

この「くすみ」は光の反射と関係があって、肌が光を受けて、たくさん反射できれば、くすみのない透明感のある肌になります。そんな肌をメイクでめざしてみましょう。

1.洗顔後は、保湿と血行

肌表面に凸凹があったりすると、光は十分に反射されず、また乱反射を起こしてしまいます。肌の表面をきれいにすることが、まず大切です。メイクの第一段階です。皮膚表面に蓄積した古い角質を取り除くためには週に一回程度、スクラブ洗顔をしましょう。

洗顔後、十分すすぎをした後は、水で濡らしたコットンに化粧水をつけてローションパックをします。長く顔に置きっぱなしにしておくと乾いてきますので、3分程度がいいです。

くすみのためにはメイクの前に血行をよくすることも大切です。マッサージをします。くすみには、メラニンくすみ、乾燥くすみ、血行不良による青くすみなどがあって、保湿と血行をよくすることで、くすみを薄くさせます。

2.下地

透明感を肌にもたせるためには、ベースメークが大切です。パール入り下地は有効です。下地は厚塗りにならないように指で伸ばす方がいいです。

コントロールカラーはグリーンかパープルで、自分でくすみが気になるところに薄くぬります。よりナチュラルにみえるのはグリーン系です。

3.ファンデーション

アラを隠そうとすると、どうしても厚塗りになってしまい、ツヤ感が全くなくなってしまいます。ツヤ感をだすためには、色は肌の色よりワントーン明るめのものを選び薄ぬりにします。リキッドファンデーションの方が厚ぬりにみえません。

顔の中心部分から全体に手でのばしていきます。ぬりムラができたところは、スポンジで軽くたたくようにぬります。

オールインワンのBBクリームは、下地とファンデーションを兼ねられるので便利です。色は明るめのものを選びます。

BBクリームは、人によっては思っている以上に透明感がでるようです。

4.ミスト

ファンデーションの次はパウダーになりますが、その前にもう一度保湿をします。

パウダーの後にミストを使うと、せっかくのパウダーが流れてしまいますし、ミストで保湿の後にさらにパウダーで補うと厚ぬりにもなります。

洗顔から仕上げのパウダーにいく前にミストでもう一度保湿をします。ミストが乾いた後に、もう一度ファンデーションを薄くぬります。

こうすると、保湿だけではなくメイクのもちもよくなって、化粧直しの心配が減ります。

5.パウダー

次にパウダーに移ります。フェイスパウダーは粒子がこまかくパール感のあるものにすると、透明感を感じられます。

色は少し白っぽいものにします。大きめのブラシでさっと薄くつけます。

6.ハイライト

最後はハイライトを使います。おでこと鼻のTゾーンや、目の下の三角地帯、アゴの下などツヤ感がでたらいいところに入れます。

まとめ

透明感をだしたい時は、保湿とくすみをキーワードに自分なりにいろいろ試してみましょう。

自分のくすみは、メラニンくすみなのか、乾燥くすみなのか、血行不良の青くすみなのか、そこまで肌診断して、それに応じて対策を練ることも必要です。

まずはメイク前の素肌を整える、メイクの途中にミストなどで保湿をするほか、肌の透明感にふさわしいアイメイク、チーク、リップも研究してください。パステルカラーのピンク系が肌の透明感には合うのでオススメです。

また、肌の透明感のためには、生活レベルの見直しも必要です。食生活、睡眠、運動は足りているか、見直してみましょう。

関連した記事

ピアスを病院で開けるメリットとは:上手な病院の選び方や費用は?

今では、ドラッグストアなどでピアッサーが販売されて...

2019年07月22日, メイク

アートメイクとは?タトゥーとの違い、費用や持続期間をご紹介

アートメイクをご存知でしょうか。近年話題になり化粧...

2019年07月22日, メイク

おフェロメイクのポイントまとめ:女性らしいおフェロ感でメンズを虜にしよう?

最近、おフェロ女子が流行っていますよね。おフェロと...

2019年07月22日, メイク

いま話題の記事